医療最前線

最強クラスの寒波到来で冷え込む日本列島、「温度落差」による急激な体の冷えに要注意、フリースなどを活用して常に暖かい服装を

2018.01.11 16:54 更新

 日本列島に過去最強クラスの寒波が到来し、全国的に厳しい寒さが続いている。冬本番を迎え、寒さが本格化する中で、日常生活で気をつけたいのが「気温落差」による急激な体の冷えだ。暖房が効いたオフィスや家からの外出時、運動の後など、環境温や発汗への衣服対応が難しく、体を冷やしてしまう場面が冬の日常には多いという。そこで今回、ユニクロでは、「温度落差」に関する実証実験を行い、急激に体を冷やすとどのようなリスクがあるのか、そのリスクから体を守るためにはどのような服装が最適なのかを、各専門家に聞いた。

 冷えの専門家として活躍している国際医療福祉大学大学院 リハビリテーション学分野 教授で医学博士の前田眞治先生は、「日常的に寒暖差を多く経験する冬場は危険な季節。環境温の変化による『温度落差』で血管が収縮し血圧が急激に上昇することで、さまざまな疾患を引き起こすリスクがある」と指摘する。ユニクロでは、この指摘を踏まえ、前田先生監修の「落差指数」をもとに、冬の日常に潜む血圧が急激に上昇する危ないシチュエーションについて実証実験を行ったという。


冬の浴室でのヒートショック症状に要注意、お風呂の前後に飲むミネラル入り麦茶がヒートショックの予防策に

2017.12.14 17:06 更新

 12月も半ばになり、季節はいよいよ冬本番。ウェザーニュースによると、12月は寒波の襲来で、全国的に平年よりも気温が低く、北日本や日本海側では大雪となる恐れと予測している。寒くなると注意したいのが、温度差によって起こる肉体的ショック症状「ヒートショック」。ヒートショックにより心筋梗塞、不整脈、脳梗塞、脳梗塞が起きて突然死してしまうケースは後を絶たないのが実状だ。とくに、ヒートショックを起こしやすいタイミングとしてあげられるのはお風呂に入るときの、脱衣所で冷えた身体で熱いお風呂に入る瞬間といわれている。そこで今回、お風呂の専門医である東京都市大学人間科学部教授の早坂信哉先生に、ヒートショックを起こさない健康的なお風呂の入り方をアドバイスしてもらった。

 消費者庁の調べによると、近年、家庭の浴槽での溺死者数は増加傾向で、平成27年に4804人となり、平成16年の2870人と比較すると11年間で約1.7倍となっている。また、入浴時の事故死は12月~2月が全体の5割を占めており、その原因の多くがヒートショックといわれている。では、健康に良い一方で、事故につながる危険な側面を持ち合わせるお風呂において、安全な入浴タイムを過ごすにはどのようにしたらよいのだろうか。


佐藤製薬、小児医療における注射針穿刺の疼痛緩和に関するメディアセミナーを開催、外用局所麻酔薬の使用で小児患者の注射の痛みを予防

2017.12.08 15:07 更新

 佐藤製薬は、12月13日に発売を予定している外用局所麻酔薬リドカイン・プロピトカイン配合貼付剤(製品名:エムラパッチ)の紹介を兼ね、小児医療における注射針穿刺の疼痛緩和に関するメディアセミナーを12月5日に開催した。セミナーでは、この領域を長年研究している日本大学麻酔科教授の加藤実先生が基調講演を行った他、国立成育医療研究センター 小児がんセンターの富澤大輔先生と聖路加国際病院小児総合医療センター小児看護専門看護師の平田美佳先生を招き、加藤先生を加えた3名によるトークセッションが行われた。

 「当社は、外用局所麻酔剤として『エムラクリーム』を先行販売しており、透析の患者を中心に順調に利用が広がっている。患者や医療従事者からは、『エムラクリーム』のおかげで透析が楽になったという声が寄せられている」と、佐藤製薬の佐藤誠一社長が挨拶。「今回発売する『エムラパッチ』は、『エムラクリーム』の効果はそのままに、貼るだけで処方できる簡便な局所麻酔剤となっている。とくに、小児医療において注射針穿刺時の痛みや恐怖感の緩和に貢献できると考えている。また、一型糖尿病や血友病の患者が『エムラパッチ』によって毎日の注射の痛みを軽減し、生活の質向上につながることを願っている」と、「エムラパッチ」を発売する意義を述べた。


森永製菓、ハイカカオチョコレートに関する最新の研究報告会を開催、ビフィズス菌とハイカカオチョコレートの組み合わせに有用性を確認
2017.03.30 21:10 更新
日本イーライリリー、発達障害啓発週間に向けてAD/HDへの理解を深めるメディアセミナーを開催、AD/HDとして自分らしく生きるためのヒントを紹介
2017.03.07 19:45 更新
ドコモ・ヘルスケア、"恋愛すると女性ホルモンが出る"など間違った情報を正すためのセミナーを開催
2017.02.27 19:00 更新
旭化成ファーマ、骨粗しょう症診療に関するメディアフォーラムを開催、骨密度と骨質に応じたテーラーメイドの薬物治療で骨折リスクを低減
2017.02.17 18:32 更新
塩野義製薬と日本イーライリリー、「サインバルタ」の適応追加承認取得を受け「変形性関節症に伴う痛みの治療」に関するセミナーを開催
2017.01.31 18:56 更新
ウイルスやアレルゲンを水に分解する新技術「ハイドロ銀チタン」の可能性とは? DR.C医薬 代表の岡崎成実先生に聞く
2016.12.26 19:58 更新
塩野義製薬、疼痛治療における乱用防止製剤の意義と重要性についてセミナーを開催、「オキシコドン塩酸塩水和物 乱用防止徐放剤」の製造販売承認申請も
2016.12.16 20:59 更新
教えて!「かくれ脱水」委員会、ママを対象としたインフルエンザ・ノロウイルス対処法セミナーを開催、感染症の原因となるウイルスがどのように拡散していくかを実演
2016.12.05 18:10 更新
ヤンセンファーマ、HIV感染症治療薬「プレジコビックス配合錠」の製造販売承認を取得
2016.11.24 18:14 更新
ファイザー、「フレイル」の予防に向けた介護予防の現状や課題をテーマにセミナーを開催
2016.11.11 20:14 更新
日本心臓財団とエドワーズライフサイエンス、和歌山県の食材を使った"心臓にやさしい"「ハートレシピ」を発表
2016.11.07 20:24 更新
GEヘルスケア、「第15回ヘルシーマジネーション・カレッジ」を開催、東京慈恵会医大の大木隆生先生が血管外科治療の最前線と外科医療再生の取り組みについて講演
2016.10.28 12:17 更新
ギャバ・ストレス研究センター、GABA配合の機能性表示食品に関するマスコミセミナーを開催、中国と米国の市場トレンドも紹介
2016.10.21 11:17 更新
年1回投与の骨粗しょう症治療薬「ゾレドロン酸水和物」がもたらすメリットとは? 沖本クリニック院長の沖本信和先生に聞く
2016.10.21 11:12 更新
旭化成ファーマ、年1回投与のビスホスホネート製剤「リクラスト点滴静注液 5mg」が製造販売承認を取得、骨粗しょう症治療に新たな選択肢
2016.10.19 17:47 更新
ヤンセン、 「アジアパシフィック・メンタルヘルス統合指標報告書」を発表、各国地域におけるメンタルヘルスの取り組みを比較・評価
2016.10.18 21:35 更新
総合メディカルグループ、健康サポート薬局の取り組みの一環で「認知症」対応を強化
2016.10.12 19:20 更新
武田薬品工業とテバ社、合弁会社の武田テバファーマが本格始動、オフ・パテント・ドラッグ市場でトップベンダー目指す
2016.10.11 16:23 更新
日本歯科矯正専門医学会、早期矯正治療を行わないことを強く推奨する歯科矯正初のガイドラインがMindsで掲載
2016.09.23 20:14 更新
旭化成ファーマ、骨粗しょう症診療に関するメディアフォーラムを開催、治療継続による二次骨折の予防が重要に
2016.08.30 13:59 更新

このページの先頭へ