医療最前線

ドール、日本人女性を対象としたパイナップル摂取による臨床試験結果を発表、パイナップル100gの継続摂取で「肌」と「腸内環境」の改善効果があることが明らかに

2018.11.08 16:33 更新

 ドールは、高品質なバナナ、パイナップルをつくり、価値ある情報の継続発信を通じて、消費者の健康と美容の増進に貢献するべく「バナナ・パイン研究所」を立ち上げ、バナナとパイナップルの美容・健康価値の啓発活動を行っている。この活動の一環として、今回、パイナップルが美容・健康増進や腸内環境の改善に及ぼす効果について、日本人女性を対象とした初めての臨床試験を行い、11月7日に結果発表セミナーを開催した。セミナーでは、臨床試験の結果、パイナップルの継続摂取によって「肌」と「腸内環境」の改善に効果があったことを報告した他、パイナップルの機能性や研究結果の詳細、今後の研究の展望などについて説明した。また、毎日の食事にパイナップルを気軽に取り入れるためのオリジナルレシピも紹介した。

 パイナップルは、日本ではバナナに次いで輸入量が多く、日本人に馴染みの深い果物だが、その健康への効果については、科学的に実験されたことがなかった。そこで今回、ドールでは、初めて日本人女性を対象とした臨床試験を実施し、科学的に美容・健康増進や腸内環境の改善に及ぼす効果があることを証明したという。


HOYA、夜盲症患者向けの暗所視支援眼鏡「HOYA MW10 HiKARI」を全国で販売開始、暗所や夜間の環境下にカラーで明るい視界を提供し患者のQOL向上へ

2018.11.02 22:57 更新

 HOYAメディカル事業部は、夜盲症により暗所で物が見えにくい人の支援を目的とした暗所視支援眼鏡「HOYA MW10 HiKARI」を開発し、今年春から地域限定で試験発売を行ってきたが、販売体制が整ったことを受け11月から本格的に全国販売を開始する。11月1日に行われた発表会では、「HOYA MW10 HiKARI」の開発経緯や製品の特長について説明した他、普段から同製品を使用している東京都網膜色素変性症協会(以下、JRPS東京)の土井健太郎会長によるデモンストレーションを通じて、患者の視点から製品の使用メリットを紹介した。

 「網膜色素変性症は、目の網膜に異常が生じる遺伝性の病気で、日本に約3万人、世界に150万人の患者がいるとされ、日本における途中失明原因の第2位となっている。夜盲症は、この網膜色素変性症の症状の一つであり、暗所での視野が低下するため、とくに夕方から夜間の行動範囲が限られ、日常生活にも制限が生じてしまう」と、HOYA メディカル事業部製品戦略本部MWプロジェクトの石塚隆之室長が、夜盲症とはどんな病気なのかを説明。「当社では、こうした夜盲症で悩んでいる人々の就労や学業における自立支援やQOLの向上を図るべく、MWプロジェクトを立ち上げ、九州大学 准教授の池田康博先生と共同で、世界的にも前例がない夜盲症向け暗所視支援眼鏡の開発に取り組んできた。2016年には、九州大学で試作モデルを使用した臨床研究を行い、夜盲症患者からの意見や要望を取り入れながら商品化を進めてきた」と、製品開発に至る経緯について述べた。


「いい歯の日」に向けてメディアセミナーを開催、全身疾患に関与する歯周病菌やむし歯菌を抑えるL8020乳酸菌について紹介、歯周病を防ぐ口腔ケアの新習慣を提案

2018.10.31 12:19 更新

 三井物産、三井物産ケミカル、キャンパスメディコ、四国乳業、ジェクス、ドウシシャ、UHA味覚糖、備前化成、ヤヱガキ醗酵技研、ベテリナリーサイエンスの10社は10月29日、「いい歯の日(11月8日)」に向けて、「歯磨きプラスの新習慣~歯周病予防とL8020乳酸菌~」と題したメディアセミナーを開催した。今回のメディアセミナーでは、口内細菌に詳しい鶴見大学歯学部 探索歯学講座 教授の花田信弘先生と、L8020乳酸菌(ラクトバチルスラムノーザスKO3株)を発見・開発した広島大学大学院医歯薬保健学研究科 口腔健康科学講座 教授の二川浩樹先生が、歯周病の実態および歯磨きプラスの新習慣について講演した。また、80歳で20本以上の歯を保つ8020(はちまるにいまる)運動とL8020乳酸菌の活用について、トークセッションを行った。

 メディアセミナーの開催に先立ち、主催者を代表して三井物産ケミカルの柳澤誠一社長が挨拶した。「『いい歯の日(11月8日)』は、日本歯科医師会が1993年に設定したもので、全国でさまざまな歯科保健に関する啓発活動が行われている。今回、歯周病菌・むし歯菌・カンジダ真菌に対して抗菌効果を示すL8020乳酸菌の普及を通して、歯磨きプラスの新習慣をはじめとした口腔ケアへの理解をさらに深めてもらうべく、メディアセミナーを開催する」と、セミナーの趣旨を説明。「最近では、歯周病は単なる歯の病気にとどまらず、生活習慣病や死に至る重大疾病を引き起こす原因にもなり得ることがわかってきた。それだけに、歯周病予防は、いい歯を保つためだけでなく、健康寿命を延ばすことにつながると考えている」と、歯周病対策の重要性を訴えた。「二川先生が発見したL8020乳酸菌は、腸内ではなく口腔内に効果を示すという特徴的かつ画期的な乳酸菌となっている。今後さらに加速する高齢化社会に向けて、口腔内環境の改善に大きく貢献できるものと確信している。将来的には、L8020乳酸菌をアジア地域から欧米へとグローバルに展開していきたい」と、L8020乳酸菌のさらなる市場拡大に向けて意欲を示した。


グラクソ・スミスクライン、てんかん医療が抱える課題を解決するために患者意識調査結果も踏まえて専門医がレビュー
2014.04.03 20:04 更新
MSD、「減塩は予防医療の第一歩」と題したセミナーを開催、減塩は高血圧だけでなくがんや認知症予防にも効果的
2014.03.26 18:22 更新
生化学工業、ひざの痛み「変形性ひざ関節症」に関するセミナーを開催、日常生活で感じるひざの痛みと受診の実態に関する調査結果も発表
2014.02.26 20:09 更新
塩野義製薬、糖尿病患者の意識と行動について実態調査を実施、継続治療に向けてトータルケアの重要性を提言
2014.02.26 19:33 更新
ノボノルディスクファーマ、インスリン治療を行う糖尿病患者の血糖値コントロール意識調査結果を発表、HbA1c目標値を知りながら7割が未達
2014.02.26 14:58 更新
くすりの適正使用協議会、中学校における医薬品教育の実態と課題についてメディア勉強会を開催、中学生の母親の医薬品に関する意識調査も発表
2014.02.21 20:10 更新
大正富山医薬品、骨粗しょう症治療薬ラッシュの中での各製剤の最新レビュー、それぞれの特徴を踏まえた使い分けの重要さを確認
2014.02.19 20:53 更新
日本イーライリリー、成人期AD/HD当事者を対象とした国際調査結果を発表、医療機関・治療選択肢などの充実を望む声が多数に
2014.02.14 19:16 更新
日本イーライリリー、骨粗しょう症の治療薬として期待度が高まる骨形成促進剤の臨床データや市販後調査の中間報告を発表
2014.02.07 20:40 更新
アイ・エム・エス・ジャパン、医療ビッグデータの現状と課題についてセミナーを開催、医療サービスの向上やコストの可視化の可能性に期待
2014.02.07 10:24 更新
ヤンセンファーマ、成人期の注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の症状・診断と新たな治療選択肢についてセミナーを開催、成人期に露見する症状などを詳しく解説
2014.02.03 10:22 更新
Smartheart Japan、スマートフォンを介し心電図を伝送できる家庭用ポータブル心電計「smartheart」を発売
2014.01.29 20:53 更新
「女性の健康週間」プレスセミナーを開催、風疹の流行や卵子老化の問題・母体血を用いた出生前検査について報告
2014.01.28 19:45 更新
ボシュロム・ジャパン、革新的な素材を採用した1日使い捨てコンタクトレンズ「バイオトゥルー ワンデー」(1箱30枚入り)を発売、臨床試験で初期装用感が良好な点や夜まで乾燥感が改善することを確認
2014.01.24 22:47 更新
アデランス、医療向けウィッグ「ラフラ」から衛生面に配慮した「ラフラ・アイフィット プラス」を発売
2014.01.20 10:12 更新
日本赤十字社、はたちの献血キャンペーンが始動、新成人の武井咲さんが引き続きキャンペーンキャラクターに
2014.01.07 19:46 更新
ボシュロム・ジャパン、サプリメント「プリザービジョン2」を発売、急増する加齢による目の病気と予防について啓発
2013.12.13 19:08 更新
バイエル薬品、入間市立金子中学校で「生きるの教室」を開講、がんに対する知識を深めると同時に生きることの大切さを学ぶ
2013.12.12 18:14 更新
日本アルコン、緑内障・高眼圧症の治療剤「アゾルガ配合懸濁性点眼液」を販売開始、患者の負担を軽減する新たな配合点眼薬に期待
2013.11.28 20:22 更新
花王など、毎日の炭酸入浴と30秒ストレッチング併用で歩行機能が向上することを確認
2013.11.22 18:47 更新

このページの先頭へ