医療最前線

日本バイオテク協議会、「COVID-19に係る会員企業開発品の早期開発実現に向けた要望書」を厚生労働大臣に提出、新たな助成金制度の導入など9つの要望を記載

2020.06.24 19:25 更新

 一般社団法人日本バイオテク協議会は、世界中で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する治療薬やワクチン等の迅速な開発が求められている中、同協議会会員企業各社にCOVID-19に係る開発状況について緊急アンケート調査を実施し、会員企業各社が抱える課題を整理したうえで、要望書として取りまとめ、6月16日に厚生労働大臣へ提出した。6月24日に行われたオンライン説明会では、今回提出した「COVID-19に係る会員企業開発品の早期開発実現に向けた要望書」の具体的な内容について説明した。

 「新型コロナウイルスは、中国を発端として、アジア、欧州、米国など多くの国に感染が拡大しており、世界全体でCOVID-19に対する治療薬やワクチン等の迅速な開発が求められている。そうした中、当協議会では、会員企業各社にCOVID-19に係る開発状況について緊急アンケート調査を実施した。その結果、回答が得られた正会員23社のうち半数にあたる11社が開発に着手しようとしていたが、開発を進めるにあたり、11社とも資金面等何らかの課題を抱えている状況であった。そこで今回、会員企業各社が抱える課題を整理し、要望書として取りまとめた」と、日本バイオテク協議会の山田英会長が、要望書を提出するに至る経緯を述べた。


タカラバイオ、唾液を検体として迅速・簡便に新型コロナウイルスのPCR検査が行えることを確認

2020.06.02 15:51 更新

 タカラバイオは、5月1日に発売した「SARS-CoV-2 Direct Detection RT-qPCR Kit」(以下、同キット)を用いて、唾液を検体として迅速・簡便に新型コロナウイルスのPCR検査が行えることを確認した。

 新型コロナウイルスのPCR検査には、被験者の鼻や喉の奥から検体を採取する方法が行われているが、被験者に身体的な負荷がかかるうえ、採取時のくしゃみや咳によって、採取する医療従事者への感染のリスクが高まるといわれており、被験者負担と感染リスクのより低い方法として、唾液を検体とする方法が求められていた。


テラとセネジェニックスジャパン、新型コロナウイルス感染症において幹細胞治療の開発を共同で実施、臍帯由来幹細胞治療の効果をメキシコで75名の患者で実施中

2020.05.28 21:29 更新

 先端医療支援事業を手掛けるCENEGENICS JAPAN(セネジェニックスジャパン)は、幹細胞治療の研究開発を行うテラと共同し、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に有効な“幹細胞”を用いた国内初の新たな治療法の開発に向けて、5月13日から、メキシコでの臨床研究を実施してきた。5月28日に行われた発表会では、同研究に携わったテラとセネジェニックスジャパンの2社から、研究成果の報告と幹細胞治療の新型コロナウイルスへの有効性、国内治験開始に向けた今後の展望を発表した。幹細胞治療の臨床研究では、セネジェニックス・メキシコが保有する、メキシコ国内で承認を得ており、米国FDAの基準を満たした臍帯由来幹細胞(UC-MSC)を用いて、新型コロナウイルス感染症によって中等度以上の呼吸器症状が出現している患者を対象に実施。治療プロトコルおよび臨床研究の成果を、セネジェニックスジャパンを介してテラに提供し、幹細胞を使った治療法の確立を目指す考え。

 「当社は、がん治療および免疫研究の分野で、多くの治験を発表してきた。今回、セネジェニックスジャパンと新型コロナウイルス感染症の幹細胞治療に関する共同研究の提携によって、現在メキシコで行われている幹細胞治療の臨床研究の成果を提供してもらい、幹細胞を使った治療法の確立を目指していく」と、テラの平智之社長が挨拶。「新型コロナウイルス感染症で重症化した患者に対し、幹細胞治療が有効であるとセネジェニックスジャパンが見出したのだが、免疫技術を有する当社との共同開発が、新型コロナウイルス感染症の流行前の社会にいち早く戻すのに適していると判断されたことを光栄に思う」と、セネジェニックスジャパンと共に新型コロナウイルス感染症に苦しむ人々を救う力になれることに、並々ならぬ使命を感じている様子。「幹細胞治療の臨床研究の結果を受けて、9月には薬事承認ができるように、当社としては様々なアプローチを模索していくことが必要であると感じている」と、新型コロナウイルス感染症の流行を食い止めるためにも、短期間で薬としての承認が得られる準備をしていきたいと意気込んだ。


オムロンヘルスヘア、プラスアールの血圧管理アプリに血圧分析ノウハウを提供、家庭血圧管理の重要性について講演も
2015.05.15 21:18 更新
日本気象協会、今年は6月後半に熱中症に対する注意が必要と予想、熱中症経験者のおのののかさんとルー大柴さんも注意を喚起
2015.05.12 20:04 更新
Malaria No More Japan、福岡・タイで「マラリア」の恐怖を通行人に体感させるプロモーションを実施
2015.05.08 15:16 更新
ファイザーとエーザイ、痛みを持つ男女の全国実態調査を実施、プレスセミナーで男女の痛みに対する考え方の違いを解説
2015.05.01 12:03 更新
臨薬協とAMDD、「感染症の脅威から日本を守るには」をテーマに新興・再興感染症対策の現状と課題についてセミナーを開催
2015.04.22 15:26 更新
GEヘルスケア・ジャパン、生産性・設置性・患者の快適性を重視した日本開発の3.0T MRI「SIGNA Pioneer」を発売
2015.04.10 19:54 更新
ブリストル・マイヤーズ、C型肝炎インターフェロンフリー治療薬「ダクルインザ/スンベプラ」の効果と期待についてセミナーを開催
2015.04.09 19:29 更新
アミノアップ化学、HPV感染女性にAHCCを投与するとウイルスが死滅するなど女性の美と健康を守る総合医療セミナーを開催
2015.04.01 11:21 更新
塩野義製薬、がん患者のつらさを軽減するために医療従事者や患者・家族が行うべき対策についてセミナーを開催
2015.03.20 23:34 更新
小野薬品工業、認知症患者が創作した作品をパネル展示する「ふれあいつながる作品展」を開催、片岡鶴太郎さんがその芸術性を講評
2015.03.13 20:40 更新
J&Jビジョンケア、タンザニアの研究結果から小児の視力は良好も紫外線による瞼裂斑が97%も発症、小児からの紫外線対策の重要性が改めて明確に
2015.03.13 20:21 更新
日本ストライカー、急性期脳梗塞の最新治療についてセミナー開催、脳血管内治療におけるステント型血栓回収機器の有用性を紹介
2015.02.20 20:32 更新
ノボ ノルディスク ファーマ、糖尿病腎症の重症化予防に関するセミナー開催、医療と行政の連携による透析予防の先進事例を紹介
2015.02.09 19:03 更新
グラクソ・スミスクライン、男性のおしっこトラブル前立腺肥大症に関する理解を深めるためのセミナーを開催
2015.02.06 20:49 更新
日本イーライリリー、骨粗しょう症による骨折経験者の半数以上はすぐに骨折に気づかず、骨折原因の骨粗しょう症の治療が重要に
2015.02.02 19:56 更新
EFPIA Japan、革新的医薬品のイニシアティブの経験を共有し日本における研究促進への貢献を約束
2014.12.26 22:27 更新
アンファー、白髪改善の新たな可能性と題し色素細胞の機能性に関わる検討による白髪の最新研究を発表
2014.12.11 18:25 更新
日本イーライリリー、非小細胞肺がん治療における遺伝子変異の有無による薬剤選択の戦略や分子標的薬使用後の化学療法使用のタイミングなどを解説
2014.12.08 19:21 更新
GEヘルスケア・ジャパンと日野市、少子高齢化社会における地域連携モデル作りのためのパートナーシップ協定を締結
2014.11.18 18:25 更新
アボット ジャパン、若年女性の慢性便秘症が増加、自己流の治療の危険性や医療機関の重要性を解説
2014.11.12 19:15 更新

このページの先頭へ