医療最前線

最強クラスの寒波到来で冷え込む日本列島、「温度落差」による急激な体の冷えに要注意、フリースなどを活用して常に暖かい服装を

2018.01.11 16:54 更新

 日本列島に過去最強クラスの寒波が到来し、全国的に厳しい寒さが続いている。冬本番を迎え、寒さが本格化する中で、日常生活で気をつけたいのが「気温落差」による急激な体の冷えだ。暖房が効いたオフィスや家からの外出時、運動の後など、環境温や発汗への衣服対応が難しく、体を冷やしてしまう場面が冬の日常には多いという。そこで今回、ユニクロでは、「温度落差」に関する実証実験を行い、急激に体を冷やすとどのようなリスクがあるのか、そのリスクから体を守るためにはどのような服装が最適なのかを、各専門家に聞いた。

 冷えの専門家として活躍している国際医療福祉大学大学院 リハビリテーション学分野 教授で医学博士の前田眞治先生は、「日常的に寒暖差を多く経験する冬場は危険な季節。環境温の変化による『温度落差』で血管が収縮し血圧が急激に上昇することで、さまざまな疾患を引き起こすリスクがある」と指摘する。ユニクロでは、この指摘を踏まえ、前田先生監修の「落差指数」をもとに、冬の日常に潜む血圧が急激に上昇する危ないシチュエーションについて実証実験を行ったという。


冬の浴室でのヒートショック症状に要注意、お風呂の前後に飲むミネラル入り麦茶がヒートショックの予防策に

2017.12.14 17:06 更新

 12月も半ばになり、季節はいよいよ冬本番。ウェザーニュースによると、12月は寒波の襲来で、全国的に平年よりも気温が低く、北日本や日本海側では大雪となる恐れと予測している。寒くなると注意したいのが、温度差によって起こる肉体的ショック症状「ヒートショック」。ヒートショックにより心筋梗塞、不整脈、脳梗塞、脳梗塞が起きて突然死してしまうケースは後を絶たないのが実状だ。とくに、ヒートショックを起こしやすいタイミングとしてあげられるのはお風呂に入るときの、脱衣所で冷えた身体で熱いお風呂に入る瞬間といわれている。そこで今回、お風呂の専門医である東京都市大学人間科学部教授の早坂信哉先生に、ヒートショックを起こさない健康的なお風呂の入り方をアドバイスしてもらった。

 消費者庁の調べによると、近年、家庭の浴槽での溺死者数は増加傾向で、平成27年に4804人となり、平成16年の2870人と比較すると11年間で約1.7倍となっている。また、入浴時の事故死は12月~2月が全体の5割を占めており、その原因の多くがヒートショックといわれている。では、健康に良い一方で、事故につながる危険な側面を持ち合わせるお風呂において、安全な入浴タイムを過ごすにはどのようにしたらよいのだろうか。


佐藤製薬、小児医療における注射針穿刺の疼痛緩和に関するメディアセミナーを開催、外用局所麻酔薬の使用で小児患者の注射の痛みを予防

2017.12.08 15:07 更新

 佐藤製薬は、12月13日に発売を予定している外用局所麻酔薬リドカイン・プロピトカイン配合貼付剤(製品名:エムラパッチ)の紹介を兼ね、小児医療における注射針穿刺の疼痛緩和に関するメディアセミナーを12月5日に開催した。セミナーでは、この領域を長年研究している日本大学麻酔科教授の加藤実先生が基調講演を行った他、国立成育医療研究センター 小児がんセンターの富澤大輔先生と聖路加国際病院小児総合医療センター小児看護専門看護師の平田美佳先生を招き、加藤先生を加えた3名によるトークセッションが行われた。

 「当社は、外用局所麻酔剤として『エムラクリーム』を先行販売しており、透析の患者を中心に順調に利用が広がっている。患者や医療従事者からは、『エムラクリーム』のおかげで透析が楽になったという声が寄せられている」と、佐藤製薬の佐藤誠一社長が挨拶。「今回発売する『エムラパッチ』は、『エムラクリーム』の効果はそのままに、貼るだけで処方できる簡便な局所麻酔剤となっている。とくに、小児医療において注射針穿刺時の痛みや恐怖感の緩和に貢献できると考えている。また、一型糖尿病や血友病の患者が『エムラパッチ』によって毎日の注射の痛みを軽減し、生活の質向上につながることを願っている」と、「エムラパッチ」を発売する意義を述べた。


ファイザーとエーザイ、「痛み」をめぐる医療と言語研究がもたらす新たな可能性について慢性疼痛に関する言語・意識調査を交えて検討
2013.11.20 22:22 更新
味の素製薬、胃ろうによる誤嚥性肺炎や下痢などの合併症を予防するための適切な治療法と栄養摂取に関するセミナーを開催
2013.11.19 21:31 更新
QLife、抗凝固薬服用者の家族ケアに関する調査、抗凝固療法で患者が感じるストレスや不満はそのまま家族のストレスや不満に
2013.11.18 13:48 更新
日本イーライリリー、インスリン治療を50年以上継続している糖尿病患者を表彰する「第11回リリー インスリン50年賞」を開催
2013.11.06 21:14 更新
日本イーライリリー、1型糖尿病など糖尿病患者をサポートするための小冊子を作成、患者に対する理解と社会環境整備の重要性も紹介
2013.11.06 18:29 更新
タニタ、糖尿病予防に役立つ採血せずに食後高血糖の状態が把握できる電子尿糖計を発売
2013.11.01 20:18 更新
日本アルコン、白内障の症状と治療の現状について説明、顕微鏡を使った最先端の白内障模擬手術を実演
2013.10.28 10:22 更新
カゴメなど、乳酸菌「ラブレ菌」のインフルエンザウイルスに対する防御効果を確認
2013.10.22 20:22 更新
塩野義製薬、ニキビの疾患啓発キャンペーンを実施、ブラックマヨネーズを起用した新TV-CMも放映開始
2013.10.16 20:16 更新
花王、歯周病予防の新たなアプローチとして歯ぐきマッサージの有用性を紹介、歯ぐきの血液循環に着目した研究結果を発表
2013.10.10 22:58 更新
乳房健康研究会、ピンクリボンアドバイザー制度を立ち上げ今秋に第1回の認定試験を開始
2013.10.07 20:15 更新
アステラス製薬とアストラゼネカ、喘息疾患啓発活動「チェンジ喘息!」イベントを開催、喘息患者の立場から乙葉さんとロバート・秋山さんが継続治療の重要性を説明
2013.10.01 15:20 更新
第17回コーヒーサイエンスセミナーを開催、コーヒーの抗糖尿病作用および抗肥満成分の効果を発表
2013.09.24 19:54 更新
GEヘルスケア・ジャパン、音のしないMRI検査を可能にした「SILENT SCAN」を発表、患者の不快感や恐怖感を大きく改善
2013.09.11 21:24 更新
フットケアラボ、乾燥シーズンに向けたフットケアの実態と正しいケア方法について紹介
2013.09.05 10:28 更新
ファイザーとアステラス製薬、生活習慣病患者の「残存リスク」と服薬アドヒアランス改善の重要性を解説
2013.08.28 19:40 更新
パーキンソン病の治療薬に新たな選択肢、長時間効果が持続する貼り薬の登場で患者のQOL向上に期待
2013.08.27 11:50 更新
アンセル・ヘルスケア・ジャパン、日本初のラテックスアレルギーおよび化学物質アレルギーの発症リスクの低い手術用手袋を販売開始
2013.08.14 20:37 更新
日本イーライリリー、世界先進6ヵ国のがん治療に関する意識調査を発表、日本における医薬品開発と臨床試験の現状について報告
2013.07.31 19:20 更新
サノフィ、2型糖尿病における最適な血糖コントロールの実現に向けてセミナーを開催
2013.07.23 20:18 更新

このページの先頭へ