医療最前線

[新型コロナウイルス(COVID-19)関連]楽天とジェネシスヘルスケア、「新型コロナウィルスPCR検査キット」を法人向けに提供開始

2020.04.20 19:29 更新

 楽天は、遺伝子検査キットのパイオニアであるジェネシスヘルスケアと連携し、同社が医療法人社団創世会の協力を受けて開発した国立感染症研究所のPCR検査法を厳守した解析手法による「新型コロナウィルスPCR検査キット」を、4月20日から東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県の法人向けに提供開始する。

 今回、提供する「新型コロナウィルスPCR検査キット」は、厚生労働省が新型コロナウイルス感染症について相談・受診すべき目安として挙げている特定の症状は出ていないものの、不安を感じられる人を対象としたもの。新型コロナウイルスによる影響を懸念している従業員の状況を把握し、コミュニケーションの一助にしたい企業・団体等の法人に対して提供を行っていくという。

 利用者は、検査試料の中に、新型コロナウイルスに特徴的なRNA配列が含まれているかどうかの判定報告を受けることができるとのこと。導入法人においては、検出判定結果を踏まえて、社会的状況も考慮しながら方針を決め、適切に対応することが望まれるとしている。なお、厚生労働省が新型コロナウイルス感染症に関する相談・受診の目安として挙げている症状の出ている人は同検査キットを使用できない。

 同検査キットは、楽天グループ全体で試験的に導入を進め、法令上または社会インフラとして事業の継続が求められる携帯電話事業や物流事業、金融事業等に関わる同社および関連パートナー企業の従業員・関係者等を中心として、希望者に提供することがすでに決定しているとのこと。今回、企業・団体等の法人を対象に提供開始し、法人ニーズや医療提供態勢等への影響を注視しながら5月以降に順次提供地域の拡大を予定している。楽天が法人窓口となり提供し、定価は1万4900円(税込)としているが、購入数に応じた特別価格を用意しているという。

 導入する法人は、検査キットを従業員等に配布し、利用者は同封されている説明書に従って、各自で自宅にて検査試料を自己採取後、防漏性容器に収める。容器を三重密封できる封筒に入れて、封をして目安として2時間以上経過してから、法人が指定する場所に設置する専用回収ボックスに入れてもらうとのこと。ジェネシスヘルスケアによる回収後、結果通知までにかかる日数は最短即日から約3日以内(土日祝除く)となる。なお、防漏性容器・梱包および専用回収ボックスによる検査試料の集荷・回収については、関係団体のアドバイスを受けながら実施する。

 ジェネシスヘルスケアは、長年の自社による遺伝子解析と共同研究による実績に加え、遺伝子解析サービスの提供を通じて国内最大規模の遺伝情報データベース(3月時点 アジア地域含む約84万人分)を保有している。2017年8月から楽天の出資を受けている。民間向けの遺伝子検査キット「GeneLife」(ジーンライフ)に加え、医科向け遺伝子診断検査「GenesisPro」、遺伝情報のマーケットプレイス「GenesisGaia」の事業を展開している。2014年9月には「楽天市場」に「ジーンライフストア楽天市場店」を開設しているという。

 楽天とジェネシスヘルスケアは今後も、大きく変化する可能性のある感染状況に対応した環境を整備していく考え。

楽天=http://corp.rakuten.co.jp/
ジェネシスヘルスケア=https://genesis-healthcare.jp/


このページの先頭へ