医療最前線

アデランス、医療用ウィッグブランド「ラフラ」から男性用レディメイド・ウィッグ(既製品)の新スタイルを発売

2019.06.18 19:03 更新

 毛髪・美容・健康のウェルネス産業のアデランスは、消費者からの問い合わせ増加に応えて、医療用ウィッグブランド「ラフラ」から男性用レディメイド・ウィッグ(既製品)の新スタイルを6月20日に発売する。販売店舗は全国のアデランスサロン、アデランス直営の病院内ヘアサロンとなる。

 今回発売する「ラフラ」の男性用レディメイド・ウィッグの新スタイル(RMH02)は、消費者からの問い合わせの増加に応えて、発売に至った。消費者に寄り添った商品を提供するため、着け心地や扱いやすさにこだわり、約1年かけ数回の試行錯誤を繰り返すことで誕生した。また、伸縮性に優れた「PBT繊維(ポリブチレンテレフタレート)」をアデランスとしてはじめてベース素材に採用したという。フィット感を高めるため、ネット自体に伸縮性のある素材を採用することで、より頭の形にフィットする商品となった。

 「ラフラ」は、2005年に誕生した、病気や治療によるデリケートな髪の悩みを抱える人のための医療用ウィッグとなっている。すべての商品が、医療用ウィッグと附属品の仕様について規定されているJIS規格「JIS S 9623」の規格要求事項に適合しており、日本毛髪工業協同組合が認証するJIS製品規格適合マーク「Med・ウィッグマーク」の使用が許諾されている。

[小売価格]22万円(税別)
[発売日]6月20日(木)

アデランス=https://www.aderans.co.jp/


このページの先頭へ