医療最前線

医療法人桜丘会、「脳神経外科ブレインピアひたちなか」の開院に先がけオープニングセレモニーを開催、茨城県における脳卒中予防の拠点病院に

2019.05.01 13:50 更新

 5月7日から茨城県ひたちなか市にオープンする医療法人桜丘会「脳神経外科ブレインピアひたちなか」(以下、ブレインピアひたちなか)は、開院に先がけ、4月20日にオープニングセレモニーと事前内覧会を開催した。

 オープニングセレモニーは、桜丘会の河野拓司理事長による開会宣言でスタート。「35年前、私が茨城に来たころ、茨城県は脳卒中の発症数が全国でトップ1に近いほど多発していた。この現状を見て、私は一般的な脳外科医の10倍くらいの手術数を重ね、脳卒中の治療に励んだが、現実はなかなか厳しいものだった。このままではいけないと思い、23年ほど前に予防医学を目指し、茨城県で初となるMRIを導入した『脳ドック』を始めた。それ以来、予防医学に徹してきた」と、茨城県の脳卒中患者を減らすべく、予防医学に力を注いできたと話す。

 「予防医学では内科、あるいは生活習慣を変えるといったことだけではなく、外科的な処置や血管内の処置などが必要になってくる。そこで(桜丘会グループの)水戸ブレインハートセンターをはじめ、すべてにおいて充実した状態でこのクリニックを開設できたことを本当にうれしく思う。さらに発展させ、今後は脳卒中が全国でいちばん少ない地域にしたいと考えている。そして、脳卒中予防の中心になれるようにこれからも努力していきたい」と、脳卒中予防の拠点病院としていきたい考えを示した。

 続いて、ブレインピアひたちなかの田中雅樹院長が挨拶。「私はこれまで、大学病院や一般病院などで主に急性期医療に携わってきた。そして、水戸ブレインハートセンターに勤め、多くの人を診療する中で、適切な予防、早期発見の重要性を考えるようになった。今回、河野理事長に声をかけてもらい、以前から地域医療を考えていたこともあり、当院で院長として地域医療に携わることになった。今後も当グループのモットーである『専門性高く、敷居は低く』を目指していきたい」と、院長としての抱負を語った。

 「一番伝えたいことは、『健康診断はしっかり受けてほしい』ということ。会社に勤めている人は定期検診などを受ける機会があると思うが、高齢者などは定期的に検診を受けない人も多い。また東京などと比べて、この地域ではまだまだ健康に対する意識が低いところもあるので、そういうところからサポートしていければと思っている」と、地域密着型で住民の健康意識を高めていきたいと田中院長。

 「『頭が痛いなあ』など軽い症状でもその段階が実は大事。大きな病が潜んでいる可能性もあるので、自身で気になる症状や困ったことがあれば、不安をクリアカットするためにも気軽に受診してほしい。とくに、頭痛やめまい、もの忘れなど、脳や神経に関連した症状や病気で悩んでいる人は、ぜひ相談にきてほしい。当院は、入院ベッドのない無床クリニックとなっているが、検査後に症状に合った適切な治療病院を紹介する流れができている。また、当院は脳神経外科だが、グループ内に循環器系の専門病院もあるため、心臓や血管疾患などとの複合的な診断も行うことができる」と、少しでも不安な症状があったら診察に訪れてほしいと話していた。

 そして、ひたちなか市の大谷明市長が登壇し、祝辞を述べた。「日本は長寿社会となっている。ひたちなか市でも、100歳を超える人が約60名いる。近年、平均寿命が高くなる一方で、健康寿命と比較すると、女性は約13年差、男性では約10年差と大きな開きがあるとされている。いかに健康で長生きする、また自分らしい生活を長く続けていくか、ということがこのひたちなか市の大きな課題と考えている。今、いざというときに治療を受けられる病院、普段のコミュニケーションを含め、健康状態を相談できる地域の先生がいるということが必要ではないかと思う。その意味で、早期発見・予防が大切だという田中院長のビジョンは、まさにこのひたちなか市も共感するところ。心からこの病院ができたことをうれしく思い、また市民の一人として歓迎している」と、ひたちなか市が抱える健康課題の解消に寄与することに期待を寄せた。

 また、ひたちなか市議会の清水立雄議長は、「ひたちなか市は、市内外からも多くの買い物客、観光客が訪れるところ。そういった人々が万が一の時も、すばやく対応してもらえるのではないか。『ひたちなかで倒れたから救われた』ということもあるかもしれない。地域の健康寿命を延ばすサポートをしてほしいと思っている」と、地域住民だけでなく観光客も含めて地域全体の健康維持を担う病院として機能することを願っていた。

 


 オープニングセレモニーの後に行われた事前内覧会では、周辺に在住する多くの人たちが来院し、MRI(磁気共鳴断層撮影装置)やCT(コンピュータ断層撮影装置)、超音波診断装置などを見学。また、クイズラリーや無料健康チェック(血圧・血管年齢・足腰健康度)などを体験した。

[施設概要]
名称:医療法人桜丘会 脳神経外科ブレインピアひたちなか
所在地:茨城県ひたちなか市馬渡541-1
TEL:029-219-7702
オープン日:5月7日(火)

脳神経外科ブレインピアひたちなか=http://brainpier-htn.com/


このページの先頭へ