医療最前線

Mediplat、「first call」でいつでもどこでも医師に相談できるオンライン健康相談サービスを開始

2017.05.02 17:05 更新

 メドピアの連結子会社であるMediplatは、運営するオンライン健康相談サービス「first call(ファーストコール)」において、チャット形式でスマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)からいつでも医師に相談ができるサービスを開始した。それと同時に、プレミアム会員登録をすると月額540円(税込)でチャットとテレビ電話相談が何度でも利用できるようにした。

 「first call」は、誰もがいつでもどこでも気軽に医師に相談できる場を提供することで、正しい医療情報の提供や適切な受診促進を行い、予防医療や医療システムの最適化に貢献することを目指している。インターネット上の医療情報の信憑性への疑問が高まる中、医療に関する疑問が生じたときにはまず「first call」にアクセスしてもらうことで、直接医師から状況に合わせた正しい情報を提供し、必要に応じて病院受診を促すことで病気の早期発見・早期治療へつなげる。

 これまでベータ(試用)版として、モニター利用等によって約3万件の相談事例を蓄積しながら、ユーザーニーズの検証およびサービス改善を行ってきた。そこから得られたニーズを基に、全国の相談者がより気軽に相談できる環境を用意すべく、身近なコミュニケーションスタイルである「チャット形式」を取り入れ、かつ毎回料金を気にすることなく相談できるように「月額固定制サービス」を導入し、本格的にサービス展開を開始した。

 サービスの特徴としては、チャットとテレビ電話で、自身や家族の悩みをいつでもどこでも気軽に医師に相談できるという。一般内科や小児科、産婦人科、精神科など幅広い相談科目で、約50名の医師が実名で相談に回答する。チャット相談は画像添付も可能。目に見える症状はスマホで撮って相談する。テレビ電話相談は、事前予約で15分間じっくり医師に相談(PCのみ)。チャット相談は初回無料。プレミアム会員登録をすると月額540円(税込)でチャットとテレビ電話相談が何度でも利用可能になる。回答医師へのレビュー機能によって、回答の質と医師のモチベーションを向上している。

 「first call」は今後、ユーザー向けにサービスの利便性や質を一層高めると同時に、健康保険組合や法人へのサービス導入を強化していく考え。

メドピア=https://medpeer.co.jp
Mediplat=https://firstcall.md/Home/About


このページの先頭へ