医療最前線

旭化成ファーマ、骨粗しょう症診療に関するメディアフォーラムを開催、骨密度と骨質に応じたテーラーメイドの薬物治療で骨折リスクを低減

2017.02.17 18:32 更新

 旭化成ファーマは、骨粗しょう症診療に関するメディアフォーラムを2月15日に開催した。今回のフォーラムでは、骨粗しょう症治療の第一人者である東京慈恵会医科大学 整形外科学講座 准教授の斎藤充先生を講師に迎え、「いつから始める?いつまで続ける?骨粗しょう症治療 ~骨粗しょう症治療は生命予後を改善する~」と題し、骨粗しょう症の病態と治療について、骨質の重要性と共に健康寿命・生命予後との関連も交えて講演してもらった。

 「高齢者にとって、骨粗しょう症による骨折は生命予後に関わる重大な疾患となる。骨粗しょう症性骨折を起こすと生命予後が非常に悪くなり、75歳以上の高齢者では、脊椎骨折の5年生存率は70%、大腿骨近位部骨折では50%まで低下する」と、斎藤先生は、骨粗しょう症は健康寿命を左右する重要な疾患であると指摘する。「骨は新陳代謝が活発で、常に修繕機能が働き、作りかえ工事が行われている。通常、骨を削る破骨細胞と骨を作る骨芽細胞の働きは同レベルだが、骨粗しょう症では破骨細胞の働きが元気すぎるため、過剰に骨を削りとり、骨密度を低下させてしまう」と、骨粗しょう症の病態についてわかりやすく教えてくれた。


塩野義製薬と日本イーライリリー、「サインバルタ」の適応追加承認取得を受け「変形性関節症に伴う痛みの治療」に関するセミナーを開催

2017.01.31 18:56 更新

 塩野義製薬と日本イーライリリーは1月26日、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬「サインバルタ カプセル20mg・30mg」について、「変形性関節症に伴う疼痛」に対する適応追加の承認取得を受けて、「変形性関節症に伴う痛みの治療戦略-今までとこれから-」と題したセミナーを開催した。セミナーでは、島根大学医学部整形外科学教室 教授の内尾祐司先生を招き、変形性関節症治療の現状と最新事例、患者とのコミュニケーションの重要性、患者ごとの治療ゴール設定のポイントなどについて、臨床の経験に加え、患者と医師を対象に塩野義製薬と日本イーライリリーが実施した変形性関節症の痛みに対する意識・実態調査の結果を交えて紹介してもらった。また、日本イーライリリー 臨床開発医師の榎本宏之先生が、「サインバルタ」の「変形性関節症に伴う疼痛」に対する適応追加について、国内第III相臨床試験の結果を中心に説明した。

 「日本は、超高齢社会を迎え、運動器疼痛を抱える人が増えている。とくに慢性疼痛の部位として膝は26%にも及ぶ。この変形性膝関節症は2530万人とされ、うち男性では1/4、女性では1/3が痛みを有している」と、高齢化とともに、変形性膝関節症を訴える人は増えているのだと、島根大学医学部整形外科学教室 教授の内尾祐司先生は指摘する。「要支援、要介護の原因となった疾患として、変形性膝関節症は、要支援の第1位となり、要介護では第5位であった」と、QOLを低下させる疾患なのだと訴える。そこで、変形性関節症の痛みに関する患者・医師の意識調査を行った(変形性関節症患者516名と変形性関節症の治療経験のある整形外科医110名)。変形性関節症による痛みによって、立ち上がる、しゃがむといった日常生活に欠かせない動作に支障がある患者は65.3%だった。また、家事に支障があるは62.3%となり、最もひどかった時期に支障をきたす頻度は約7割が週2~3日以上と回答した」と、日常の生活に大きな支障を及ぼすのが変形性関節症であることが改めて確認できた。「変形性関節症は、痛みによる行動の制限によって、普段通りの生活が送れない、周囲とのコミュニケーションに支障が出るといった、二次的な問題を引き起こす可能性がある」と、普段の自分でいられないと思うことがあることも調査で明らかとなった。


ウイルスやアレルゲンを水に分解する新技術「ハイドロ銀チタン」の可能性とは? DR.C医薬 代表の岡崎成実先生に聞く

2016.12.26 19:58 更新

 現代人の身の回りには、目に見えない様々な健康リスクが潜んでいる。例えば、最近全国的に猛威を振るっているノロウイルスによる食中毒や、これから本格的な流行を迎えるインフルエンザ。また、花粉症やハウスダストなどによるアレルギー性鼻炎も年々患者数が増加傾向にあるのが実状だ。こうした中、これらの症状を引き起こす原因となるウイルスや細菌、アレルゲン(抗原)を分解して水に変え、見えない健康リスクを大幅に低減する新技術「ハイドロ銀チタン」に注目が集まっている。そこで今回、この「ハイドロ銀チタン」の開発を手がけたDR.C医薬 代表の岡崎成実先生に、新技術の開発経緯や仕組み、今後の可能性などについて聞いた。

 「私は約20年前、旧ソ連のアフガニスタン侵攻の際に、パキスタンのペシャワールで医療視察を行ったのだが、非常に不衛生な環境で、火傷やケガをした多くの人々が感染症で苦しめられていた。また、抗生剤を使いたくても、高価で使うことができない現状も目の当たりにした。帰国後、もっと安価に感染症を防ぐことができないかと考え、新技術の研究開発に着手した」と、「ハイドロ銀チタン」の開発に踏み出すきっかけになったエピソードを語る岡崎先生。「新技術の開発にあたって、まず着目したのが光触媒だった」という。光触媒とは、光のエネルギーによって、物質を化学反応させて別のものに変える技術で、酸化チタンがその代表的なものだ。「研究を進めた結果、光触媒を活用することで、ウイルスや細菌を分解し水に変えられることがわかり、感染症予防にも効果が期待できると確信した」と、感染症対策から新技術の開発がスタートしたのだと話していた。


塩野義製薬、疼痛治療における乱用防止製剤の意義と重要性についてセミナーを開催、「オキシコドン塩酸塩水和物 乱用防止徐放剤」の製造販売承認申請も
2016.12.16 20:59 更新
教えて!「かくれ脱水」委員会、ママを対象としたインフルエンザ・ノロウイルス対処法セミナーを開催、感染症の原因となるウイルスがどのように拡散していくかを実演
2016.12.05 18:10 更新
ヤンセンファーマ、HIV感染症治療薬「プレジコビックス配合錠」の製造販売承認を取得
2016.11.24 18:14 更新
ファイザー、「フレイル」の予防に向けた介護予防の現状や課題をテーマにセミナーを開催
2016.11.11 20:14 更新
日本心臓財団とエドワーズライフサイエンス、和歌山県の食材を使った"心臓にやさしい"「ハートレシピ」を発表
2016.11.07 20:24 更新
GEヘルスケア、「第15回ヘルシーマジネーション・カレッジ」を開催、東京慈恵会医大の大木隆生先生が血管外科治療の最前線と外科医療再生の取り組みについて講演
2016.10.28 12:17 更新
ギャバ・ストレス研究センター、GABA配合の機能性表示食品に関するマスコミセミナーを開催、中国と米国の市場トレンドも紹介
2016.10.21 11:17 更新
年1回投与の骨粗しょう症治療薬「ゾレドロン酸水和物」がもたらすメリットとは? 沖本クリニック院長の沖本信和先生に聞く
2016.10.21 11:12 更新
旭化成ファーマ、年1回投与のビスホスホネート製剤「リクラスト点滴静注液 5mg」が製造販売承認を取得、骨粗しょう症治療に新たな選択肢
2016.10.19 17:47 更新
ヤンセン、 「アジアパシフィック・メンタルヘルス統合指標報告書」を発表、各国地域におけるメンタルヘルスの取り組みを比較・評価
2016.10.18 21:35 更新
総合メディカルグループ、健康サポート薬局の取り組みの一環で「認知症」対応を強化
2016.10.12 19:20 更新
武田薬品工業とテバ社、合弁会社の武田テバファーマが本格始動、オフ・パテント・ドラッグ市場でトップベンダー目指す
2016.10.11 16:23 更新
日本歯科矯正専門医学会、早期矯正治療を行わないことを強く推奨する歯科矯正初のガイドラインがMindsで掲載
2016.09.23 20:14 更新
旭化成ファーマ、骨粗しょう症診療に関するメディアフォーラムを開催、治療継続による二次骨折の予防が重要に
2016.08.30 13:59 更新
女性のがん死亡率トップの大腸がん、早期発見・早期治療であれば95%以上治癒するといわれるが、大腸がん検診は37.9%にとどまる
2016.08.29 21:55 更新
女性の3人に1人が悩む目尻のしわ、手頃な価格で治療できるようになったことでボトックス注射へのハードルが低下
2016.08.10 22:53 更新
医薬品医療機器法の規制対象となったカラーコンタクトレンズ、使用者も増加し手軽な製品や度入りレンズも登場
2016.08.10 20:41 更新
第一興商、長野県松本市の「退職後男性の生きがいづくり」事業として「スポーツボイス大学院」を実施、高齢者男性の介護予防・健康増進を支援
2016.08.10 10:46 更新
日本イーライリリー、当事者団体との共催で成人期ADHDの啓発活動「Know Yourself, Know ADHD」をスタート、特性の自己理解とサポートの重要性を訴求
2016.08.09 08:45 更新
日本イーライリリーと鳥居薬品、ヒト化抗体ヒト IL-17Aモノクローナル抗体「トルツ」の製造販売承認を取得、乾癬の最新動向について解説
2016.08.03 22:44 更新
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

このページの先頭へ