医療最前線

ウイルスやアレルゲンを水に分解する新技術「ハイドロ銀チタン」の可能性とは? DR.C医薬 代表の岡崎成実先生に聞く

2016.12.26 19:58 更新

 現代人の身の回りには、目に見えない様々な健康リスクが潜んでいる。例えば、最近全国的に猛威を振るっているノロウイルスによる食中毒や、これから本格的な流行を迎えるインフルエンザ。また、花粉症やハウスダストなどによるアレルギー性鼻炎も年々患者数が増加傾向にあるのが実状だ。こうした中、これらの症状を引き起こす原因となるウイルスや細菌、アレルゲン(抗原)を分解して水に変え、見えない健康リスクを大幅に低減する新技術「ハイドロ銀チタン」に注目が集まっている。そこで今回、この「ハイドロ銀チタン」の開発を手がけたDR.C医薬 代表の岡崎成実先生に、新技術の開発経緯や仕組み、今後の可能性などについて聞いた。

 「私は約20年前、旧ソ連のアフガニスタン侵攻の際に、パキスタンのペシャワールで医療視察を行ったのだが、非常に不衛生な環境で、火傷やケガをした多くの人々が感染症で苦しめられていた。また、抗生剤を使いたくても、高価で使うことができない現状も目の当たりにした。帰国後、もっと安価に感染症を防ぐことができないかと考え、新技術の研究開発に着手した」と、「ハイドロ銀チタン」の開発に踏み出すきっかけになったエピソードを語る岡崎先生。「新技術の開発にあたって、まず着目したのが光触媒だった」という。光触媒とは、光のエネルギーによって、物質を化学反応させて別のものに変える技術で、酸化チタンがその代表的なものだ。「研究を進めた結果、光触媒を活用することで、ウイルスや細菌を分解し水に変えられることがわかり、感染症予防にも効果が期待できると確信した」と、感染症対策から新技術の開発がスタートしたのだと話していた。


塩野義製薬、疼痛治療における乱用防止製剤の意義と重要性についてセミナーを開催、「オキシコドン塩酸塩水和物 乱用防止徐放剤」の製造販売承認申請も

2016.12.16 20:59 更新

 塩野義製薬は、11月30日に「オキシコドン塩酸塩水和物 乱用防止徐放剤」の製造販売承認申請を行い、あわせて「中等度から高度の慢性疼痛における鎮痛」についても適用拡大に向けた申請を行った。その一方、米国では医療用麻薬の実消費量が、適性使用の2倍を超えるなど、乱用が社会的に問題視されている。こうした状況を日本でも発生させないために、医療用麻薬の適正使用推進と同時に薬物乱用リスクの啓発活動の必要性から、12月14日に世界保健機関薬物依存性専門委員会メンバーで星薬科大学 特任教授・名誉教授の鈴木勉先生を招き、疼痛治療における乱用防止製剤の意義と重要性についてセミナーを開催した。

 「当社は、1980年代にモルヒネ製剤の開発からがん疼痛治療薬の開発をスタート。2015年には啓発WEBサイト『がんのつらさ』を開設した」と、塩野義製薬 疼痛緩和推進室の藤井彰室長が挨拶。「今年は『つらさ軽減プロジェクト』を発足し、がん患者の意識や行動に関する実態調査を行ってきた」と、全国のがん患者会と協力しながら、がん疼痛に関する啓発活動を行っているという。「当社は、2003年に『オキシコンチン錠』を発売。今回、持続性疼痛治療剤『オキシコドン塩酸塩水和物 乱用防止徐放剤』の製造販売承認申請も行った」と、より多くの患者に服薬してもらうべく、ラインアップを拡充するのだという。「今後も患者のために、社会と共に成長していくことをビジョンに掲げていく」と、2020年に向けて個人が生き生きとした社会づくりに貢献していきたいと話していた。


教えて!「かくれ脱水」委員会、ママを対象としたインフルエンザ・ノロウイルス対処法セミナーを開催、感染症の原因となるウイルスがどのように拡散していくかを実演

2016.12.05 18:10 更新

 脱水状態および「かくれ脱水」に対する正しい知識と予防方法・対処方法を発信している「教えて!『かくれ脱水』委員会」は11月28日、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症にかかった場合の正しい対処法や二次感染を防ぐための予防法についてのセミナーを、小さな子どもをもつママ10名を対象に行った。同セミナーでは、「教えて!『かくれ脱水』」委員会」委員の済生会横浜市東部病院 小児肝臓消化器科 副部長・医学博士 十河剛先生が、家庭を模したハウススタジオで感染症の原因となるウイルスがどのように拡散していくかを実演・解説し、また感染してしまった場合の家庭での正しい対処方法について紹介した。

 気温がぐんと下がり空気も乾燥しやすくなってきたこの時期、とくに子どもや高齢者のいる家庭で気をつけたいのが感染症。インフルエンザウイルスは、高齢者をはじめとする免疫力が低下している人が感染すると、肺炎を併発するなどの危険性があり、ノロウイルスなどの感染性胃腸炎も一般的に健常者は軽症で快復するものの、子どもや高齢者は重症化するケースもあるといわれている。国立感染症研究所の調査によると、10月24~30日の期間中におけるインフルエンザ、感染性胃腸炎の感染者数はともに例年より増えているとの報告があり、今年は早めの流行が予想されている。また、同調査からは子どもに多く、せきが長引きやすいマイコプラズマ肺炎の流行傾向も見られている。10月24~30日の患者報告数は691人で、1医療機関あたりの患者数は1.46人と、過去最多だった前週の1.61人に続き高い水準となっている。マイコプラズマ肺炎は乾いたせきと発熱が特徴で、重症化すると中耳炎や無菌性髄膜炎、脳炎などを併発することもあるため注意が必要だ。くしゃみやせきのしぶきを介して感染するとされており、マスク着用やこまめな手洗いが必要とされている。


ヤンセンファーマ、HIV感染症治療薬「プレジコビックス配合錠」の製造販売承認を取得
2016.11.24 18:14 更新
ファイザー、「フレイル」の予防に向けた介護予防の現状や課題をテーマにセミナーを開催
2016.11.11 20:14 更新
日本心臓財団とエドワーズライフサイエンス、和歌山県の食材を使った"心臓にやさしい"「ハートレシピ」を発表
2016.11.07 20:24 更新
GEヘルスケア、「第15回ヘルシーマジネーション・カレッジ」を開催、東京慈恵会医大の大木隆生先生が血管外科治療の最前線と外科医療再生の取り組みについて講演
2016.10.28 12:17 更新
ギャバ・ストレス研究センター、GABA配合の機能性表示食品に関するマスコミセミナーを開催、中国と米国の市場トレンドも紹介
2016.10.21 11:17 更新
年1回投与の骨粗しょう症治療薬「ゾレドロン酸水和物」がもたらすメリットとは? 沖本クリニック院長の沖本信和先生に聞く
2016.10.21 11:12 更新
旭化成ファーマ、年1回投与のビスホスホネート製剤「リクラスト点滴静注液 5mg」が製造販売承認を取得、骨粗しょう症治療に新たな選択肢
2016.10.19 17:47 更新
ヤンセン、 「アジアパシフィック・メンタルヘルス統合指標報告書」を発表、各国地域におけるメンタルヘルスの取り組みを比較・評価
2016.10.18 21:35 更新
総合メディカルグループ、健康サポート薬局の取り組みの一環で「認知症」対応を強化
2016.10.12 19:20 更新
武田薬品工業とテバ社、合弁会社の武田テバファーマが本格始動、オフ・パテント・ドラッグ市場でトップベンダー目指す
2016.10.11 16:23 更新
日本歯科矯正専門医学会、早期矯正治療を行わないことを強く推奨する歯科矯正初のガイドラインがMindsで掲載
2016.09.23 20:14 更新
旭化成ファーマ、骨粗しょう症診療に関するメディアフォーラムを開催、治療継続による二次骨折の予防が重要に
2016.08.30 13:59 更新
女性のがん死亡率トップの大腸がん、早期発見・早期治療であれば95%以上治癒するといわれるが、大腸がん検診は37.9%にとどまる
2016.08.29 21:55 更新
女性の3人に1人が悩む目尻のしわ、手頃な価格で治療できるようになったことでボトックス注射へのハードルが低下
2016.08.10 22:53 更新
医薬品医療機器法の規制対象となったカラーコンタクトレンズ、使用者も増加し手軽な製品や度入りレンズも登場
2016.08.10 20:41 更新
第一興商、長野県松本市の「退職後男性の生きがいづくり」事業として「スポーツボイス大学院」を実施、高齢者男性の介護予防・健康増進を支援
2016.08.10 10:46 更新
日本イーライリリー、当事者団体との共催で成人期ADHDの啓発活動「Know Yourself, Know ADHD」をスタート、特性の自己理解とサポートの重要性を訴求
2016.08.09 08:45 更新
日本イーライリリーと鳥居薬品、ヒト化抗体ヒト IL-17Aモノクローナル抗体「トルツ」の製造販売承認を取得、乾癬の最新動向について解説
2016.08.03 22:44 更新
サノフィ、糖尿病患者と医療従事者との間でインスリン治療に対する認識にギャップがあることを発表
2016.08.03 21:16 更新
「知って、肝炎プロジェクトミーティング2016」を開催、各界から大使・スペシャルサポーターが集結、小室哲哉さん制作のテーマソングも初披露
2016.07.29 22:12 更新
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

このページの先頭へ