医療最前線

FWD富士生命、「がんと共に生きるためのアピアランスセミナー」を開催、タレントの矢方美紀さんが乳がん治療中の見た目や容姿に関する悩みについて語る

2019.10.23 13:15 更新

 アジアで展開する保険グループFWDの一員であるFWD富士生命保険(以下、FWD富士生命)は、乳がん月間である10月にあわせて、乳がんセミナー「がんと共に生きるためのアピアランスセミナー」を10月16日に開催した。セミナーでは、乳がんと闘うタレントの矢方美紀さんとNPO法人全国福祉理美容師養成協会(以下、ふくりび)の岩岡ひとみ事務局長を迎え、がん治療中のアピアランス(見た目)の悩みとその克服方法についてトークセッション形式で語ってもらった。

 「当社は、1996年8月に事業を開始して以来、常に消費者の目線で考え、消費者のニーズに合ったシンプルでわかりやすい、独自性豊かな商品や新たな顧客体験を提供することで、人々が抱く『保険』に対する感じ方・考え方を刷新することをビジョンに掲げ、取り組んできた」と、FWD富士生命の立川麻理執行役員兼チーフ・マーケティング・オフィサーが挨拶。「日本では、生涯のうち2人に1人はがんに罹患し、そのうち3人に1人は就労が可能であるといわれている。このため、がんを抱えながら働く人が増えつつあるが、薬の副作用による外見の変化に対して、強いストレスを感じている人が多いのも実状だ。当社では、今後もアピアランスサポートを通じて、治療しながらでも働き続けられる環境づくりに貢献していく」と、アピアランスサポートの支援に引き続き力を注いでいく考えを示した。


グラクソ・スミスクライン、COPD領域におけるデータ・ICT利活用に関するメディアセミナーを開催、地域医療連携とオンライン診療を活用した疾患管理の取り組みについて紹介

2019.10.03 15:54 更新

 グラクソ・スミスクラインは、COPD(慢性閉塞性肺疾患)領域におけるデータ・ICT利活用に関するメディアセミナーを9月30日に開催した。セミナーでは、沖縄県医師会・那覇市医師会理事で那覇西クリニック診療部長の玉城研太朗先生を招き、沖縄でのCOPD早期診断サポートに関する地域医療連携の取り組みと進捗について講演を行った。また、オンライン診療システムを展開しているインテグリティ・ヘルスケアの武藤真祐会長が、「COPD ePRO(患者アウトカム報告)プラットフォーム」の活用と今後の展望について語った。

 セミナーの開催にあたり、グラクソ・スミスクライン ガバメント・アフェアーズ&マーケット・アクセス部門の張家銘氏が挨拶。「COPDは、長年の喫煙習慣が主な原因で、肺に炎症が起こり、息が吐き出しにくくなる生活習慣病である。せき・たん・息切れなどが主な症状で、肺がんや肺炎、動脈硬化、心・血管疾患、糖尿病など合併症・併存症の頻度が高いため、早期診断と適正治療がとくに重要とされている」と、COPDとはどのような病気なのかを説明した。「当社は、日本での喘息やCOPDの治療に40年以上にわたり貢献しており、呼吸器領域における革新的な医薬品を提供してきた。近年では、適切な医薬品を、適切な患者に、適切なタイミングで届けるべく、ICTの活用と産官学の連携を通じたイノベーションの推進に取り組んでいる。具体的には、地域医療連携ネットワークによる早期診断の支援や、遠隔診療による疾患管理の支援などを行い、製品を超えた新たな価値の提供を目指している」と、COPD治療でのイノベーション創出に力を注いでいると訴えた。


乳がん検診の大切さを伝え患者を支えていく「ピンクリボンフェスティバル2019」、元女子サッカー日本代表の丸山桂里奈さんをゲストに迎え「ピンクリボンオープンセミナー」を開催

2019.09.17 17:39 更新

 ピンクリボンフェスティバル運営委員会事務局(公益財団法人日本対がん協会ほか主催)が開催する、乳がん検診の大切さを伝え、患者を支えていく「ピンクリボンフェスティバル2019」のイベントとして、9月14日に、「ピンクリボンオープンセミナー」を、クイーンズスクエア横浜で開催した。当日は、20~35歳の女性に向けて、乳がんとブレストケアについて、正しい知識を伝えた他、元女子サッカー日本代表の丸山桂里奈さんをゲストに迎え、健康を維持するための秘訣などについて伝授してもらった。

 乳がんは、今や日本人女性の11人に1人が一生涯のうちにかかるといわれ、大変身近な病気とされている。関心は高まっている一方で、20~30代の若い女性からは「不安に思う」「私はどうしたらよいの?」など心配の声が多く挙がっていることがわかったという。そこで、ピンクリボンオープンセミナーでは、20~35歳の女性に向けて、乳がんとブレストケアについて正しい知識を伝えるべく、昭和大学医学部 乳腺外科・講師の増田紘子先生を講師に迎え、乳がんの基礎知識や個人にあった検診方法、セルフチェックの方法、予防のための生活習慣の見直し方法など、乳がんの正しい知識を伝えた。さらに、セミナーの受講者として、20~35歳の女性たちと共に、元女子サッカー日本代表の丸山桂里奈さんも増田先生の講演に耳を傾けた。


アンジェスと田辺三菱製薬、世界初のHGF遺伝子治療用製品「コラテジェン」を発売、外科的治療が難しい重症虚血肢の新たな治療選択肢に
2019.09.11 10:21 更新
大阪大学発のバイオベンチャー「アンジェス」のHGF遺伝子治療薬、薬価収載を受けさらなる適応拡大に期待
2019.08.28 18:09 更新
チャーム・ケア・コーポレーション、認知症改善プログラムの一環として第一回「チャーム・カレッジ」を開催、健康で自立して生活するための秘訣について講義
2019.08.22 18:41 更新
日本イーライリリー、肝細胞がん治療における「サイラムザ」の位置づけについてセミナーを開催、点滴製剤の「サイラムザ」は用量強度を保ちながら治療することが期待可能
2019.08.06 19:23 更新
アデランス、医療用ウィッグブランド「ラフラ」からオーダーメイド・ウィッグ「ラフラ・アイフィット クレア」を発売
2019.06.19 17:19 更新
アデランス、医療用ウィッグブランド「ラフラ」から男性用レディメイド・ウィッグ(既製品)の新スタイルを発売
2019.06.18 19:03 更新
日本赤十字社、献血つながりプロジェクト「みんなの献血」を発足、乃木坂46が年間を通じてイベントや絵本・学校での献血プロモーションを実施
2019.06.11 18:31 更新
サノフィ、「血友病治療」をテーマにしたメディアラウンドテーブルを開催、血液凝固因子製剤の定期補充療法で患者のQOLは大きく向上、世界的には医療格差が深刻な課題に
2019.06.04 16:38 更新
ブレス・ハザードプロジェクト、「口臭白書2019」において中高年男性よりも若年女性の方が口臭が強いことが明らかに、歯科医・歯科衛生士のプロケアの定期受診で病的口臭を予防
2019.05.31 19:21 更新
日本看護協会、第9回「忘れられない看護エピソード」朗読会を日本大学病院で開催、「看護の日」PR大使の須藤理彩さんが最優秀作品を心を込めて朗読
2019.05.16 19:40 更新
医療法人桜丘会、「脳神経外科ブレインピアひたちなか」の開院に先がけオープニングセレモニーを開催、茨城県における脳卒中予防の拠点病院に
2019.05.01 13:50 更新
ジェネシスヘルスケア、個人遺伝情報を共有するための新サービス「GenesisGaia」を開始、「アンチエイジング全ゲノム解析」臨床研究プロジェクトについて日本抗加齢医学会と提携
2019.04.25 19:59 更新
佐藤製薬とエーザイ、爪水虫に関するメディアセミナーを開催、白癬菌の感染拡大・再発を防ぐために経口薬による完全治癒を
2019.04.22 20:27 更新
文京学院大学、"肩こり"と"首こり"のメカニズムを筋肉の動きから解明、首こりは伸展系と回旋系に分けたセルフケアが有効
2019.03.20 18:16 更新
「知って、肝炎プロジェクト」特別参与の杉良太郎さんが日本医師会の横倉義武会長を表敬訪問、医師から来院者へ肝炎ウイルス検査の受検の働きかけを
2019.03.05 18:05 更新
米国KCI社とAcelity社、腹部開放創用ドレッシングキット「ABTHERAドレッシングキット」を日本で販売開始、デメトリオス・デメトリアデス先生に製品の特長や治療メリットを聞く
2019.02.25 19:18 更新
日本臨床矯正歯科医会、矯正歯科治療中の笑顔のフォトコンテスト「第14回 ブレース スマイル コンテスト」の表彰式を開催、最優秀賞は中島和葉さんの「元気スマイル」に
2019.02.21 20:03 更新
ファイザー、高血圧症治療剤のアムバロ配合錠「ファイザー」の自主回収(クラスI)について着手開始
2019.02.12 10:13 更新
"KAIGO×creative"がつくる福祉の未来とは? グッドデザイン賞を受賞した熊本発の認知症カフェ「as a cafe」をプロデュースしたマンジョット・ベディ氏が想いを語る
2019.01.31 14:54 更新
マイクロブラッドサイエンス、トータルヘルスチェック&ソリューション「Lifeeサービス」の事業説明会を開催、メイプル超合金が微量血液検査を体験
2019.01.29 21:25 更新
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

このページの先頭へ