保険・ライフ

[新型コロナウイルス(COVID-19)関連]第一生命、「新型コロナウイルス感染症」に関連した追加対応として災害割増保険金等に規定する「感染症」の範囲を拡大

2020.04.17 16:08 更新

 第一生命は、同社グルーブのミッションである「一生涯のパートナー By your side,for life」を追求し、生活者の期待に応えられるよう、給付金の取扱いや保険料の払込みに関する特別取扱等について実施してきた。

 今回、新型コロナウイルス感染症の拡大状況を踏まえ、当局認可を前提として、追加対応を実施する。同社は、このような対応を通じて、「安心の最高峰を、地域へ、世界へ」と届けることで、社会的使命をしっかりと果たし、人々と共に危機を克服していきたい考え。

 災害割増保険金等に規定する「感染症」の範囲を拡大し、「新型コロナウイルス感染症」を原因として、死亡および高度障害状態になった場合に、災害割増保険金等を支払うとのこと(これまでに支払事由に該当した場合も支払う)。

 対象となる保険種類(一部記載)は、災害割増特約D・災害割増特約(S58)・傷害特約D・傷害特約(S58)・傷害特約D(5年ごと配当付こども学資保険用)・こども学資保険傷害特約(H7)・特別保障割増保険・特別終生安泰保険・特別保障割増保険(S56)・特別終生安泰保険(S56)・5年ごと配当付個人年金保険・予定利率変動型無配当個人年金保険・変額個人年金保険・引出機能付災害6割加算型変額年金保険・引出機能付災害4割加算型変額年金保険・引出機能付災害2割加算型変額年金保険・災害5割加算型変額年金保険・災害3割加算型変額年金保険・災害1割加算型変額年金保険・引出機能付災害2割加算型変額年金保険(H16)・変額年金積立金増額特約(一般勘定運用型)・変額年金用終身積立保険移行特約(一般勘定運用型)・勤労者財産形成貯蓄積立保険・財形年金積立保険・勤労者財産形成給付金保険・財形住宅貯蓄積立保険 等となっている。

 請求手続きについては、提出する災害割増保険金等の必要書類(請求書・死亡診断書等)に記載された病名等で保険金等の支払いを判断する。

第一生命=https://www.dai-ichi-life.co.jp/


このページの先頭へ