保険・ライフ

東京海上日動・ぜんち共済、障がいのある人向けのがん保険を販売開始

2019.07.04 11:07 更新

 東京海上日動とぜんち共済は、障がいのある人がより安心して暮らせる社会の実現を目指し、知的障がい・発達障がい等のある人およびその家族向けのがん保険を開発し、販売する。

 知的障がい等のある人に特化した専門保険会社であるぜんち共済および東京海上日動は、昨年1月から東京海上日動の個人賠償責任保険をセットした「ぜんちのあんしん保険」「ぜんちのこども傷害保険」を提供する等、知的障がい等のある方が安心して暮らせる社会の実現に向け、ともに取り組んできた。

 こうした取組みを進めるなかで、「全国手をつなぐ育成会連合会」が会員に対して実施したアンケ―トにおいて、約7割の人から「知的障がい等があってもがん保険に加入したい」との要望が寄せられ、知的障がい等のある人のがん保険に対する加入ニーズは高いことが分かったという。

 また、同アンケートにおいて、知的障がい等のある人の家族ががんの重度状態となった場合に、成年後見制度の利用を望む声も寄せられた。

 このニーズを踏まえ、東京海上日動とぜんち共済は知的障がい等のある人およびその家族向けのがん保険として「手をつなぐがん保険」を開発し、販売する。

 「手をつなぐがん保険」は、知的障がい等のある人向けとのこと。がん保険に加入する際には、がん以外も含む病気の治療状況等を申し出(告知)る必要があるが、同商品については知的障がい等の治療に関する告知を不要とすることで、加入しやすい商品とする。

 既存のがん保険の補償内容に加え、家族ががんの重度状態(StageIV)となった場合に、知的障がい等のある人を被後見人とした成年後見制度を利用するための費用を補償する「がん成年後見費用等補償特約」をセットし、家族のニーズにも対応した商品とする。

 同商品は、2020年1月1日始期契約から、ぜんち共済を引受代理店、全国手をつなぐ育成会連合会を契約者として、同連合会の会員およびその家族向けに販売する。

 東京海上日動とぜんち共済は、こうした商品の提供を通じて、誰もが安心して暮らせる社会の実現に貢献していく考え。

東京海上日動=https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/


このページの先頭へ