保険・ライフ

マニュライフ生命、変額保険I型(有期型)ペットネーム「こだわり変額保険」を発売

2019.07.01 19:03 更新

 マニュライフ生命は、変額保険I型(有期型)ペットネーム「こだわり変額保険」を、7月1日からプランライト・アドバイザー(営業職員)および保険代理店を通じて発売する。

 「こだわり変額保険」は、高齢化が進み定年退職の年齢が変化するなど、生き方や働き方が多様化するなか、万一の保障を確保しながら将来のために長い期間をかけて積極的な資産形成を行いたい生活者のニーズに応えるために開発された。毎月少しずつ払い込みした保険料を積立金(月々の保険料から必要な費用を控除した金額が、積立金として特別勘定で運用される)として特別勘定で運用し、満期保険金(満期保険金に最低保証はありません。特別勘定の運用実績によって、満期保険金額が払込保険料の合計額を下回り、損失が生じるおそれがある)を一時金もしくは年金(年金特約(正式名称:無配当年金特約)を付加することで、保険金を年金で受け取れる)として受け取ることができる商品となっている。

 新商品の発売で、マニュライフ生命が個人の生活者向けに提供する「こだわりシリーズ」は、計7種類のラインアップへと拡充された。マニュライフ生命は、自分らしい、これからの生き方を「Life 2.0」と名付け、人々が自ら積極的に行動し、未来を切りひらいていくことを応援していきたいと考えているという。皆さまの「Life 2.0」をサポートするため、マニュライフ生命は今後も先進的な商品の開発に取り組んでいく考え。

 「こだわり変額保険」の特長は、保険期間中に被保険者がお亡くなりになった場合、または所定の高度障害状態に該当した場合は、その時点の基本保険金額または積立金の合計額のいずれか大きい額が死亡保険金または高度障害保険金として支払われるという。保険料の払込みは毎月少しずつ、無理のない設定が可能とのこと。月々の保険料は5000円から1000円単位で自由に設定できるという(保険期間20年以上かつ契約年齢55歳以下の場合に、1万円未満の保険料を設定できる)。多彩な7つの特別勘定から選択し、自由に組み合わせて運用できるとのこと。運用スタイルやリスク許容度に合わせ、国内外の株式や債券、分散投資、バランス型等、多彩な7つの特別勘定から自由に選択し、組み合わせられるのだとか。特別勘定の種類や繰入割合の変更が可能。また、1年(1保険年度)につき12回まで手数料なしで積立金の移転(スイッチング)ができるという。ターゲット特約(正式名称:目標到達時災害保障付終身保険移行特約)を付加して運用成果を自動的に確保することができるとのこと。目標額に到達した時点で運用成果を自動的に確保し、災害保障付終身保険へ移行する。保険期間満了時までに目標額に到達しなかった場合は満期保険金を受け取れる。

マニュライフ生命=https://www.manulife.co.jp/


このページの先頭へ