保険・ライフ

アクサダイレクト生命、カスタマーサービスセンターがスマホ画面を共有した保険申込み情報入力サポートサービスを開始

2018.12.20 19:30 更新

 AXAグループのアクサダイレクト生命は、12月20日から、生活者のスマートフォンの保険申込み画面をカスタマーサービスセンターと共有しながら、保険申込みに必要な情報の入力をサポートするサービス(カスタマーアドバイザーが入力した情報の確認・承認は生活者による操作(「確認」「次へ」等のボタン押下)が必要。また、保険料の払込口座情報やクレジットカード情報の入力サポートは受け付けていない)を開始する。スマートフォンでのWebブラウザによる画面共有および入力サポートのサービス提供は、保険業界初となる。

 スマートフォンでの画面共有サービスは、以前から対応していたパソコンによる画面共有に加え、昨今のスマートフォンによる保険申込みの増加に伴い今回対応した。これによって、Webサイトで保険申込みをする際に入力エラーが起こった場合は迅速な解消が可能となる。さらに入力に不安のある箇所は、カスタマーアドバイザーが生活者の申し出に基づき入力をサポートし、生活者はその内容をすぐに確認してもらうことができるという。

 また同サービスは別途アプリ等をダウンロードすることなく、Webブラウザベースでストレスなく利用できる(利用環境によっては、正常に表示・動作しない場合もある)。

 アクサダイレクト生命では、インターネットが苦手な生活者でもストレスフリーに保険の検討・申込みをしてもらえるよう様々なタッチポイントで生活者をサポートしているという。今回のスマートフォンでの画面共有・入力サポートのサービスによって、カスタマーサービスセンターにおいて相談から申込み手続きまでの一括サポートが可能となる。

[開始日]12月20日(木)

アクサダイレクト生命=http://www.axa-direct-life.co.jp/


このページの先頭へ