保険・ライフ

住友生命、健康増進型保険"住友生命「Vitality」"を発売

2018.07.18 18:17 更新

 住友生命は、7月24日に、健康増進型保険“住友生命「Vitality」”を発売する。

 2016年7月21日、住友生命・南アフリカの金融サービス会社 Discovery Ltd.(以下「ディスカバリー」)・ソフトバンクの3社は、“日本をもっと健康に”というキャッチフレーズを掲げた「Japan Vitality Project」を発表し、ディスカバリーが開発した「Vitality」の日本市場導入に向けた取組みを進めてきた。

 「Vitality」は、世界17の国と地域で提供されグローバルに評価を得ている健康増進プログラムであり、同社の“住友生命「Vitality」”発売によって日本初上陸となる(ディスカバリーは1国1社の生保会社と提携し各国で「Vitality」を導入しており、日本では同社が独占契約を締結している)。

 “住友生命「Vitality」”は、「加入時またはある一時点の健康状態を基に保険料を決定し、病気等のリスクに備える」という従来の生命保険とは一線を画し、「加入後毎年の健康診断や日々の運動等、継続的な健康増進活動を評価し、保険料が変動する」ことによって、「リスクそのものを減少させる」ことを目的とした商品となっている。

 また、「Vitality」の理念・目的に共感してもらった11社のパートナー企業と提携し、各パートナー企業と共に、消費者の健康増進活動への取組みと継続をサポートする“住友生命「Vitality」”加入者向けの特典(リワード)として、様々な商品・サービスを割引価格で提供する。

 同社は、今まで日本になかった新しい保険の形(7月時点住友生命調べ。健康状態のみではなく運動等、さまざまな健康増進活動を継続的に評価し、保険料が毎年変動する商品であり、パートナー企業による特典(リワード)も含めて、生活者の健康増進活動への取組みと継続をサポートする枠組み)“住友生命「Vitality」”の販売を通じ、「人生100年時代」といわれる現在の長寿社会において、生活者一人ひとりの健康状態の向上に貢献することで、健康長寿社会の実現を目指していく考え。

[発売日]7月24日(火)

住友生命=http://www.sumitomolife.co.jp


このページの先頭へ