保険・ライフ

第一生命、「ジャスト」の販売件数が10万件を突破

2018.05.14 11:56 更新

 第一生命は、2018年3月22日に発売した、ぴったりが見つかる保険「ジャスト」の販売件数(申込件数ベースでの数値)が10万件を突破したことを発表した。特に、生保業界初の保険料割引制度である健康診断割引特約(以下、「健診割」)は約8割(健診割が付加できる商品を対象とした契約の占率)付加されており、多くの生活者から支持を得ているという。

 「健診割」は、健康診断結果を提出するだけで保険料を割り引くという、多くの人の健康増進を支援する制度。同社では、健康診断を受診することが健康になるための第一歩であり、一人ひとりのQOL(“QOL(Quality of Life)”とは、物理的な豊かさや個々の身辺自立のみでなく、精神面を含めた生活全体の豊かさと自己実現を含めた概念のこと)向上につながると考えているという。そのため、全国に4万名いる生涯設計デザイナーチャネルを活かし、健康診断受診の重要性を伝える活動等も展開している。

 少子高齢化・健康寿命の延伸等を背景に、日本の社会保障給付費は年々増加しており、社会課題の1つとして認識されている。健康診断の受診率が向上し、結果として健康な人が増えることで、社会保障給付費の増大を抑制することにもつながると考えている。

 同社では、今後も、新商品「ジャスト」及び「健診割」の提供等、生活者一人ひとりのQOL向上と日本が抱える社会課題解決へも挑戦していく考え。

第一生命=http://www.dai-ichi-life.co.jp


このページの先頭へ