保険・ライフ

ジェイアイ傷害火災保険、インターネット専用ダイレクト火災保険「ieho いえほ」を販売

2018.03.30 11:49 更新

 JTB グループの保険会社であるジェイアイ傷害火災保険は、必要な補償を、自由に選択することができるインターネット専用、ダイレクト火災保険「ieho いえほ」を3月29日から販売する。

 ダイレクト火災保険「ieho いえほ」は、住居用途のみに使用される建物、およびその建物に収容される家財を対象としたインターネット専用の火災保険とのこと。申込手続きをインターネットでダイレクト化、ならびに補償を限定することによって、手頃な保険料を実現した。

 ダイレクト火災保険「ieho いえほ」は、生活者の火災保険の申込手続きにかかる手間や時間を削減するため、建物や耐震構造等を確認する資料は、インターネット(マイページ)からアップロードで提出するなど、見積りから申込手続まで完全ペーパレス化した。これによって、資料のコピーや郵送などの手間がなくなり、より手軽に、いつでも、火災保険の申込みを行える。

 補償項目がパッケージ化されている火災保険とは異なり、「ieho いえほ」では必要な補償を選んで加入できるとのこと。必要な補償を選べるため、無駄のない合理的な保険料を負担することができる。さらに、従来の火災保険にはない“補償項目のさらなる細分化”を行い、落雷補償や水濡れ補償などを独立化し、生活者のニーズによりきめ細かく応えられる商品にた。

 「ieho いえほ」では、築年数に応じた保険料体系を実現したという。築年数が10年までの物件はより安い保険料で加入が可能なリスク細分型商品になるという。

ジェイアイ傷害火災保険=http://www.jihoken.co.jp


このページの先頭へ