保険・ライフ

ソニー生命、「米ドル建一時払終身保険(無告知型)」「米ドル建生前給付終身保険(生活保障型)」を発売

2017.08.30 10:13 更新

 ソニー生命は、10月2日から新商品「米ドル建一時払終身保険(無告知型)」および「米ドル建生前給付終身保険(生活保障型)」を発売する。

 これらの新商品によって、長引く低金利環境の中、日本円より金利の高い米ドル建で運用することで、「為替リスクを理解したうえで効率的に保障を確保したい」という生活者のニーズに応えることが可能となる。

 「米ドル建一時払終身保険(無告知型)」については、米ドル建とのこと。持病や健康への不安を持つ人でも、健康状態等の告知や医師の診査が不要となっている。契約後の15年間は、契約時に定める逓増率によって、死亡保険金額が1年ごとに増加する。保険料の払込方法(回数)は一時払となっている(一時払保険料は円・米ドルのどちらでも払い込むことができる)。資産承継対策として活用することができる。

 「米ドル建生前給付終身保険(生活保障型)」については、米ドル建とのこと。同社では、平成26年10月から、円建の生前給付終身保険(生活保障型)を販売し、多くの生活者に好評を得ているという。そこで今回、米ドル建商品を創設した。三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)・死亡・高度障害状態に加え、特定障害状態および所定の要介護状態を保障するので、就業不能となり得るリスクにも幅広く備えることができる。保障は一生涯続く。保険料は円での払込となる(全期前納の場合に限り、米ドルで保険料の払込ができる)。

[発売日]10月2日(月)

ソニー生命=http://www.sonylife.co.jp


このページの先頭へ