保険・ライフ

日本生命、「ニッセイ就業不能保険(無解約払戻金)"もしものときの・・・生活費"」を発売

2017.08.14 15:13 更新

 日本生命は、10月2日から、新商品「ニッセイ就業不能保険(無解約払戻金)“もしものときの・・・生活費”」を発売する。

 同商品は、入院や在宅療養等の所定の就業不能状態となったときに、月々の生活費を保障する商品とのこと。重い病気やケガ等「もしものときの」収入の減少や、支出の増加による経済的負担を和らげ、生活者自身と家族の「生活費」をサポートする。今後も引続き、生活者ニーズにきめ細かく応えられる魅力的な商品・サービスの提供に努めていく考え。

 生命保険文化センターの調査によると、就業不能となった場合の必要生活資金に関する質問に対し、約8割の人が「不安」と回答している。また、同社が実施したアンケートでは、病気やケガで入院または在宅療養したことがある人のうち約4人に1人が「2ヵ月以上仕事を休んだ経験がある」と答えている等、就業不能時における収入確保のニーズは高まっている。さらに、公的保障の受給状況については、障害年金の受給者数は約10年間で30万人程度増加し、2012年度時点でおよそ200万人に達しており、長期にわたり就業不能となるケースが増加している。重い病気やケガなどの「もしものとき」には、たとえ公的保障を受給できたとしても健康時の収入を維持することは難しく、さらに、治療費に加えて家事・育児代行費等の支出が増え、「生活費」が不足する可能性があるという。このような状況を背景に、所定の就業不能状態になられた生活者を長期にわたりサポートする「ニッセイ就業不能保険(無解約払戻金)“もしものときの・・・生活費”」を開発した。

[発売日]10月2日(月)

日本生命=http://www.nissay.co.jp


このページの先頭へ