保険・ライフ

アクサ生命、アクサメディカルアシスタンスサービスに「Doctors Me」と「介護・リハビリサポートサービス」を追加導入

2017.07.24 12:13 更新

 アクサ生命は、「アクサメディカルアシスタンスサービス」に、「Doctors Me(ドクターズミー)」と「介護・リハビリサポートサービス」を9月に追加導入して、サービスの拡充を実施する。

 今回のサービスの拡充によって、健康時(発病前)・発病時・発病後(疾病の治療後)など、契約者の健康状態に応じて付加価値の高いサービスを届けることが可能となり、これまで継続してきた包括的な医療保障の強化をさらに進める。そして、契約者に保険金や給付金の単なる「支払者(ペイヤ―)」から、契約者により健康で過ごしてもらい、万が一の際に最適な治療を受けてもらうことを支援する真の「パートナー」となることを目指すとしている。

 今回のサービス拡充について、アクサ生命の松田貴夫取締役専務執行役兼チーフマーケティングオフィサーは、「今回導入する『Doctors Me(ドクターズミー)』と『介護・リハビリサポートサービス』の追加によって、アクサ生命は業界最高水準の医療付帯サービスをお客さまに提供できると確信している」とコメントいている。

 「Doctors Me(ドクターズミー)」では、サイバーエージェントの連結子会社であるサイバー・バズと提携し、同社が提供するオンライン健康相談サービスを導入する。PCやスマートフォンから医師、獣医師、栄養士などの専門家に直接相談でき、実名や対面では相談しづらいセンシティブな内容でも、匿名で気軽に聞くことができる。また、文章では伝えきれないときには、気になる部位等を撮影し、画像付きで相談することも可能となっている。

 「介護・リハビリサポートサービス」では、既存の「3大疾病サポートサービス」を「介護・リハビリサポートサービス」へ改定する。介護電話相談、リハビリ病院・介護施設の情報提供、サポートハンドブックの提供によって介護・リハビリテーションに関する不安・疑問に応える。さらに、認知機能の変化に早めに気づくための簡易チェックサービス、「あたまの健康チェック」も利用可能となっている。

[導入日]9月

アクサ生命=https://www.axa.co.jp


このページの先頭へ