保険・ライフ

ソニー生命、保険金クイックサービスの支払い限度額を1000万円に拡大

2017.04.11 18:49 更新

 ソニー生命は、4月3日から「保険金クイックサービス」の支払い限度額を1000万円に拡大した。

 家族に万一のことがあった場合、遺族は深い悲しみのなかで、葬儀の手配や諸手続などに多くのエネルギーを注がなくてはならない。そして、これらには高額の費用がかかることも少なくない。

 このような場合に役立ててもらうため、同社では一定の条件を満たす契約について、FAX等による簡易な手続によって、最短で請求日当日に死亡保険金を支払う「保険金クイックサービス」を行ってきた。今回、その支払い金額の上限を従来の500万円から1000万円に拡大し、より多くの消費者に簡便かつ迅速に保険金を受け取ってもらえることができるようになった。同社は、「日本中の生活者を一生涯守る」という思いのもと、これからも生活者の期待に応えるサービスの提供に努めていく考え。

[拡大日]4月3日(月)

ソニー生命=http://www.sonylife.co.jp


このページの先頭へ