食事・レストラン

江崎グリコ、おいしさと適正糖質を両立する「SUNAO」ブランドからリゾット2味を発売

2020.09.14 12:59 更新

 江崎グリコは、おいしさと適正糖質(「食・楽・健康協会」が提唱する「ロカボ」の考え方にのっとり、商品の糖質量を食事においては20~40g、間食は10g以下に抑えている)を両立するブランド「SUNAO(スナオ)」からリゾット<2種のチーズ&きのこリゾット><完熟トマトリゾット>2味の新商品をグリコ公式通販サイト「グリコダイレクトショップおよび総合オンラインストアAmazon.co.jp限定で、10月27日から発売する。

 からだに気を配りながら、100%食べることを楽しめる、からだにやさしいおいしさを作りたい。「SUNAO」ブランドは、そんな思いから生まれた。2017年2月にアイスシリーズから発売を開始し、現在はビスケット・プリンにも分野を広げて展開し、消費者から好評を得ているという。今回、日々食べる食事の積み重ねが健康に大きな影響を与えるという考えから、適正糖質の範囲に設定したリゾットを開発した。昨今、食事に対する消費者の健康意識が高まる一方、時間がない中で準備が手間だと感じるといった消費者の声を反映し、手軽に1食分を食べることが出来るように仕上げているという。リゾットのお米の一部を国産大麦に置き換えることで、食べごたえはキープし、1食当たりの糖質量を28g以下に抑えているのが特長とのこと。また食物繊維をたっぷり使用し、食べることが大好きだけど糖質が気になる消費者にも満足して楽しんでもらえる商品となっている。

 同社は、これからも総合食品メーカーとして、消費者の健康を実現する商品ラインアップを展開していく考え。

[小売価格]各380円(税別)
[発売日]10月27日(火)

江崎グリコ=http://www.glico.co.jp/


このページの先頭へ