食事・レストラン

日本マクドナルド、「モバイルオーダー」がマクドナルド公式ウェブサイトから利用可能に

2020.09.10 10:13 更新

 日本マクドナルドは、消費者の多様なニーズにもっと寄り添った快適な店舗体験を提供する「未来型店舗体験」の一環として、これまでマクドナルド公式アプリのみで利用可能だった「モバイルオーダー」の対応チャネルを拡大し、スマートフォン(iPhone/Android)からマクドナルド公式ウェブサイトにアクセスすることで、アプリのダウンロードや会員登録不要で利用できるウェブ版モバイルオーダーのサービスを、9月9日から全国のマクドナルドで提供開始した。

 現在約2800店舗(6月末時点)に導入中の「モバイルオーダー」は、注文の際に時間をかけて好きな商品を選べたり、店舗で注文の列に並ばずスピーディーに商品を受け取ることができるサービス。また、新型コロナウイルス禍においては、消費者自身の端末での注文によって店舗滞在時間を短縮し、人との接触を減らすことができる点も好評を得ている。

 今回、この「モバイルオーダー」がマクドナルド公式ウェブサイトからも利用できるようになった。スマートフォン(iPhone/Android)でマクドナルド公式ウェブサイトにアクセスし、各メニュー情報ページの「今すぐ注文」ボタンをタップするか、「モバイルオーダー」対応店舗にてQRコードを読み込み、ページにアクセスすることで利用できる。

 マクドナルド公式アプリのダウンロードや会員登録の必要がなく、より手軽に利用できるので、まだ「モバイルオーダー」を利用したことのない人はもちろん、ウェブサイトを閲覧しながら注文したい人など、様々な消費者に利用してもらいたい考え。また、「テーブルデリバリー」や「パーク&ゴー」などマクドナルド公式アプリと同じサービスも利用できるほか、ウェブ版では「ピクルス抜き」などの注文のカスタマイズ(オーダーのカスタマイズはケチャップ、マスタード、オニオン、ピクルス、ソース、トマト、チーズの「除外」のみの対応となる)も可能となるので、さらに便利になった「モバイルオーダー」をぜひ試してみてほしい考え。

 年間約15億人の消費者様を迎える日本マクドナルドでは、消費者一人ひとりに、より充実したサービスを提供する新サービス「未来型店舗体験」の取り組みの一環として、おもてなし専門スタッフ「おもてなしリーダー」、客席まで商品を届ける「テーブルデリバリー」、スマートフォンアプリから注文&キャッシュレス決済ができる「モバイルオーダー」を導入してきた。今回、スマートフォンでマクドナルド公式ウェブサイトからも「モバイルオーダー」が利用できるようになったことで、これまで以上に多様なニーズに寄り添った快適な店舗体験を提供できればとの考え。今後もマクドナルドブランドが目指す「おいしくて、フィールグッドなモーメントをいつでも誰でもお気軽に」を実現し、消費者の期待に応えるための取組みを展開していくとしている。

[サービス開始日]9月9日(水)

日本マクドナルド=https://www.mcdonalds.co.jp/


このページの先頭へ