食事・レストラン

北海道産地直送センター、直営ECサイト「産地直送センター」で「秋の北海道応援企画」を展開、北海道の生産者に加え北海道にゆかりのある観光業・飲食業も応援

2020.09.18 18:30 更新

 北海道特産品産直販売のパイオニアである北海道産地直送センターは、9月15日から11月30日まで、直営ECサイト「産地直送センター」において、「秋の北海道応援企画」を展開する。

 北海道産地直送センターは、創業以来約20年にわたり北海道内で独自の仕入れルートを開拓し、生産から売場へと直送販売する卸事業や、会員限定通信販売等の「産地直送」事業を展開。経験豊富な“味の目利き”職人が、生産者の声などと共に北海道の旬の食材を売場に直接届け、店舗や飲食関連施設を中心に支持されている。

 北海道産地直送センターでは、外食産業の需要低下や物産展・イベントの中止、観光客の大幅減などにより、北海道各地の生産者から余剰在庫について多くの相談が寄せられたことを受け、少しでも北海道の生産者の助けになるよう、特に甚大な影響を受けた生産者の食材を直営ECサイト「産地直送センター」で販売する生産者応援企画を5月25日から展開、一部の食材が完売するなど、好評を得たという。

 そして今回、「秋の北海道応援企画」として、北海道の生産者はもちろん、北海道にゆかりのある観光業・飲食業の人々も応援したいとの想いから、洞爺湖温泉、登別温泉、定山渓温泉でリゾートホテルを運営する老舗「万世閣ホテルズ」各ホテルの宿泊予約特典として、旬の食材である2種のじゃがいも(北あかり2kg+男爵1kg=合計3kg)をプレゼントする。また、餡子やクリームなど北海道産の原料を用いて抹茶パフェを開発した宝暦3年創業の京都の老舗茶屋「京はやしや」のスイーツも新たに販売する。

 北海道の生産者からは、北海道夕張郡栗山町の渕野氏が運営する「湯地の丘自然農園」の旬の野菜を詰め込んだ「北海道秋野菜セット」、広大な大地で多彩な品種を誇る北海道のじゃがいもと玉ねぎの訳あり品セット、10月から旬で非常に希少な北海道鵡川産「本ししゃも」や「純羅臼産干物7種セット」、北海道ならではのホタテ・ぼたん海老・いくらの醤油漬け・真ほっけ・ずわい甲羅盛りを詰め合わせた「北海道秋の味覚セット」など、新たな秋の旬のラインアップを用意。対象商品すべてを送料無料で販売するとのこと。

 では、「秋の北海道応援企画」で展開する注目商品を見てみよう。「万世閣ホテルズ」は、1941年に洞爺湖温泉で創業し、現在、洞爺湖温泉、登別温泉、定山渓温泉でリゾートホテルを運営する老舗ホテル。今回、「万世閣ホテルズ」の宿泊予約特典として、洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス、登別万世閣、定山渓万世閣ホテルミリオーネの各ホテル宿泊予約時に「北海道産地直送センターのWebサイトを見た」と伝えると、旬の食材である2種のじゃがいも(北あかり2kg+男爵1kg=合計3kg)をプレゼントする(チェックアウトの際に贈呈)。宿泊日の5日前までの予約が対象で、特典は1部屋につき1セットとなる。

 現在、関東圏を中心にカフェを展開している「京はやしや」は、宝暦3年(1753年)創業の京都の老舗茶屋で、初めて抹茶パフェを開発したことでも知られており、抹茶と相性の良い、北海道産の餡子やクリームなどを原料として使用している。北海道産直センターは、北海道にゆかりのある飲食店も応援する。今回紹介する「切れてる冷凍ギフト」は、冷凍することで抹茶の風味が損なわれず、自宅で“好きな時に、好きな分だけ”を食べることができる。

 「抹茶のサンマルク」は、抹茶味のビスキュイジョコンド生地で、抹茶クリーム、バニラムースをサンドし、上のビスキュイ生地にキャラメリゼを施した6層のマリアージュからなる一品。バニラムースの中にはココナッツの風味をプラスし、爽やかさを演出。自慢の抹茶を使い、キリッとした風味とお茶の爽やかさが活きている。

 「抹茶水羊羹」は、抹茶の緑が涼やかな水羊羹で、餡の甘さと抹茶の渋み・うまみが広がる、つるっとした食感が特徴となっている。

 「抹茶ロールケーキ」は、ほろ苦い抹茶クリームをもっちりロール生地で巻き込んだ。甘さ控えめの北海道産小豆を使用した餡と石臼挽き抹茶をたっぷり加えたほろ苦いクリームをたっぷりと巻き込んでいる。

 「茶壺プリン」は、さっぱりとした味わいが特徴の牛乳を使用することで、石臼挽き抹茶の豊かな風味が主役となるよう作り上げた。表面に流した抹茶蜜のソースがプリンと絡み合い、もっちりとした食感と濃厚なお茶の風味が特徴のプリンとなっている。

 「北海道秋野菜セット」では、北海道夕張郡栗山町の渕野氏が運営する「湯地の丘自然農園」の旬の野菜を詰め込んだ。渕野氏のモットーは、ストレスをかけず丁寧に愛を注いでつくる農作物をたくさんの人々に届けること。できる限り農薬を使わず、堆肥有機質肥料をベースにした栽培は、野菜本来の力と旨みを引き出すという。今回は、じゃがいも4種類4㎏(北あかり1kg+男爵1kg+インカのめざめ1kg+メークイン1kg)と玉ねぎ1kg・かぼちゃ1玉・人参1kgをお得なセットにして提供する。

 北海道産じゃがいものおいしさの秘密は1日の寒暖差にあり、気温差が激しいほど糖度が高くなるとされている。北あかりは、男爵の品種改良でできたじゃがいもで、ホクホク感も甘みも男爵より強めとなっている。男爵は、北海道を代表するじゃがいも。ホクホク感が特徴で、ふかしいもやマッシュポテトなどに向いている。インカのめざめは、サツマイモのように黄色い比較的小粒なじゃがいもで甘みが強くねっとりした食感とのこと。メークインは、楕円形でほのかな甘みが特徴。煮崩れしにくいため、煮物や揚げ物、炒め物などに向いているという。

 また、訳あり品として、北海道産じゃがいも3種類4㎏(男爵1㎏+北あかり2㎏+インカのめざめ1㎏)と玉ねぎ1㎏のセットを用意した。正規品と比べて形やサイズにバラつきがあったり、小サイズのじゃがいもも含まれているため訳あり品としている。通常価格から約5割引きのお得な価格で提供する。見た目が揃っていないだけで、味は正規品と変わらないとのこと。

 世界でも北海道のわずか16本の河川のみでしか漁獲されない、非常に稀少な品種「本ししゃも」。その貴重な「本ししゃも」の産地として、最も有名で歴史が古いのが北海道鵡川(むかわ)町で、国内の漁獲量のわずか1%のみ。国から「鵡川ししゃも」という地域ブランドとして認定されており、特においしいとされている。10月からが旬で、この時期地元では刺身でも食べられるという。澄んだ清流の中で育ち、身はよく肥えていて風味も抜群。脂乗り、豊かな香り、皮の輝きなどすべてが納得の品質だとか。創業以来磨き上げ続けた独自の技術により、ししゃもの素材の旨さを全く損なわず、塩のみで絶妙な味付けに加工されている。今回は、オスとメスの夫婦セットで用意した。

 「純羅臼産干物7種セット」は、羅臼産の真ほっけ1枚(300~350g)、八角(250g)、氷下魚(200g)、なめたかれい2枚(350~400g)、宗八かれい(300~350g)、ほっけスティック(200g)、いか一夜干し1枚(200~250g)の干物計7種をお得なセットにした商品。北海道の羅臼と言えば一目置かれ、新鮮でおいしい魚が獲れる所で知られている。特に羅臼産の真ほっけは有名で、市場でも羅臼産は高値で取引され、脂の乗りも良いのが特徴。八角は、体の断面が八角形ということから名前が名付けられた北海道を代表する魚で、オスを食べるのが主流で脂が乗っている。氷下魚(コマイ)は、鱈の仲間の淡泊な魚で、酒のつまみだけでなくおかずの一品としても最適な魚とのこと。宗八かれいは、北海道で唯一獲れるかれいで、干物がおすすめとのこと。

 「北海道秋の味覚セット」は、北海道の秋の味覚の代表であるホタテ(500g)、ぼたん海老(500g)、いくらの醤油漬け1パック(250g)、真ほっけ1枚、ずわい甲羅盛り1個をお得なセットにして提供する。

 北海道オホーツク産のホタテは身の締りが良く、北海道の栄養豊富なプランクトンをたっぷり食べて育つため、旨みが濃厚とのこと。産地で水揚げしてすぐに急速冷凍したホタテを届けるため、お刺身でも楽しめる。

 ぼたん海老(ロシア産船上急速凍結品)は、高級料亭や寿司店などに提供する、両手からはみ出すほど大きな超特大Lサイズの子持ちぼたん海老を用意した。北海道でも食卓には簡単に並ぶことのない贅沢な商品だとか。獲れたてを活きたまま船上で凍結して届けるという。新鮮なぼたん海老は味噌も絶品で、独特な磯の香りと美味しさが広がる。また、子持ちぼたん海老だけのプチプチの卵の食感も楽しめるとのこと。

 いくらの醤油漬け(米国産北海道加工)は、旬の時期のうまみたっぷりなアラスカ産の鮭卵を、いくらの本場北海道で本格的な味わいに仕立てた。独自製法により臭みがなく、いくらが苦手な人でもおいしく食べられる。1パックでいくら丼なら3~5杯分、軍艦寿司なら約30貫分で、自宅での手巻き寿司などにもおすすめとなっている。

 真ほっけ(北海道礼文産)は、抜群の脂乗りと肉厚な身を持つ大きな「礼文のぼっけ」を用意した。軽く炙るだけで、真ほっけならではの旨みのあるホクホクした肉質と、上品でジューシーな脂が口に広がる。その他、ほっけのチャンチャン焼きなどの食べ方でも楽しめる。

 ずわい甲羅盛り(北海道長万部加工)では、本ずわい蟹の甲羅の中にほぐし身と蟹味噌を詰め込み、さらにその上に本ずわい蟹の棒肉を2本並べた。獲れたての新鮮な蟹本来の風味を活かした逸品で、蟹の女王とも呼ばれるずわい蟹の繊細で上品な味わいを堪能できる。

 北海道産地直送センターでは、北海道の「食」の魅力を発信する伝道者として、「食」を通して生産者と全国の生活者をおいしい笑顔でつなぐプラットフォームとして、今後も北海道から全国を元気にすることを目指していく考え。

[販売価格]
「切れてる冷凍ギフト」抹茶のサンマルクと抹茶水羊羹:5800円
「切れてる冷凍ギフト」抹茶のサンマルクと抹茶ロールケーキ:6000円
「切れてる冷凍ギフト」抹茶のサンマルクと抹茶水羊羹と茶壺プリン:7000円
北海道秋野菜セット:4580円
訳あり 北海道産じゃがいも3種4kg+玉ねぎ1㎏セット:2880円
「本ししゃも」夫婦セット各10尾 計20尾:3980円
「本ししゃも」夫婦セット各30尾 計60尾:7980円
純羅臼産干物7種セット:5480円
北海道秋の味覚セット:8980円
(すべて税込)

北海道産地直送センター=https://www.h-scc.jp/
秋の北海道応援企画=https://www.h-scc.jp/ouen


このページの先頭へ