食事・レストラン

なとり、おつまみ「一度は食べていただきたいシリーズ」小袋タイプ2種を発売

2020.09.15 13:19 更新

 なとりは、「一度は食べていただきたいシリーズ」にラインアップを追加し小袋タイプを10月12日から発売いする。

 2006年に発売した「一度は食べていただきたいシリーズ」は累計販売数1億2000万袋を突破した(4月時点)。同シリーズは原材料と製法にこだわり、素材のおいしさを追求した、同社最高品質のおつまみシリーズとしてこれまで幾度となく品質のブラッシュアップを続けてきた。

 消費者のニーズの変化に対応するために「進化」を続け、これまで支持を得ていた350円製品に加え、手に取りやすい200円製品を発売する。

 まだ一度も食べたことがない人でも、一度は食べてみようと思える価格設定となっている。また、2種類を同時購入することで家飲み時間をより豊かに彩る。同品は、1人食べきりにちょうど良いサイズとのこと。また、持ち運びしやすい(11×14cm)という。かさばらないという利便性を加えた。

 いつも見慣れている物がそのまま縮小すると、「カワイイ」という感覚を持ち、愛着が出てくる。珍味売場で特に知名度の高い同シリーズだからこそ提供できる価値となっている。若い女性など、これまでおつまみで捉えられなかった層にも楽しんでもらえる。

 なお、今回展開する小袋タイプは、「一度は食べていただきたい熟成チーズ鱈」「一度は食べていただきたいおいしいサラミ」となる。内容量は、「一度は食べていただきたい熟成チーズ鱈」が32gで、「一度は食べていただきたいおいしいサラミ」が23gとなる。

[小売価格]各200円(税別)
[発売日]10月12日(月)

なとり=https://www.natori.co.jp/


このページの先頭へ