食事・レストラン

生活クラブ、冷凍庫から出してそのままカンタン調理ができる「フライパンで三陸産さば竜田揚げ」の共同購入を開始

2020.07.21 11:44 更新

 生活クラブ連合会(以下、生活クラブ)は、加工食品の新製品として「フライパンで三陸産さば竜田揚げ」の共同購入を8月から開始する。

 生活クラブでは、三陸地域の復興を食べて応援することを目的に、これまで三陸産の魚介を使用した加工食品を開発してきた。今回デビューする「フライパンで三陸産さば竜田揚げ」はその第三弾の企画製品となっている。秋から冬にかけて、主に宮城県・気仙沼港に水揚げされたサバを原料とした同製品は、水揚げ当日に急速凍結保存したサバを使用しているとのこと。三枚におろして食べやすいひと口サイズにカット、提携生産者の醤油、発酵調味料、砂糖で調味し、からりとあがるよう粉付けした。

 フライパンで冷凍したまま調理ができ、必要な時にすぐ調理ができるのもポイントとなっている。普段の食卓にはもちろん、腹骨や中骨は取り除いてある(稀に小骨が残っていることがあるとのこと。注意してほしいという)ため、お弁当のおかずにもオススメだとか。

 フライパンでサッと揚げ焼きするだけで食卓が華やかになる同製品を是非家庭で楽しんでほしいという。

[小売価格]398円(税別)
[発売日]8月

生活クラブ=https://seikatsuclub.coop/about/coop/


このページの先頭へ