食事・レストラン

日本トリム、パン・アキモトと共同開発した備蓄用パンの缶詰「PANCAN×TRIM」を発売

2020.07.22 11:33 更新

 整水器を製造販売している日本トリムは、パン・アキモトと共同で開発した電解水素水(浄水した水を電気分解によって水素を含んでいることが特徴のアルカリ性の水。水を電気分解することで、プラスイオンであるミネラル類(カルシウムイオン、マグネシウムイオン、ナトリウムイオン等)が原水よりも約5~20%増加する)を使用して作ったパンの缶詰「PANCAN × TRIM」(パンキャントリム)を7月29日から同社ショッピングサイトで発売する。

 近年、日本では自然災害が多く発生している。突然起こる自然災害に備えた非常食は、当事者であっても支援する側であっても必要性が増している。また、昨今のウイルスによる感染症の拡大においても家庭内で食品を備蓄することの大切さが見直されている。同製品は、特殊な製法によって、防腐剤を一切含まず、焼きたてのようにやわらかい食感のまま3年間の長期保存が可能な非常食として活用できるパンとのこと。1995年の阪神淡路大震災をきっかけに、パン・アキモトが開発した安心・安全な美味しい防災備蓄パンをベースとしている。製造工程で日本トリムが手掛ける電解水素水を使用することで、さらにしっとりとした仕上がりとなった高品質備蓄用「パンの缶詰」となっている。

 日本トリムでは、これまで防災グッズとして使用できる同製品を同社健康セミナーに参加した人へのノベルティグッズとして提供していたが、多くの人に「やわらかくて、美味しい」と好評を得たことから、商品化することにした。

[小売価格]5700円(税別)
[発売日]7月29日(水)

日本トリム=http://www.nihon-trim.co.jp/
パン・アキモト=http://www.panakimoto.com/


このページの先頭へ