食事・レストラン

モスバーガー、創業以来累計12億8900万個を売り上げた定番商品「モスバーガー」のミートソースをリニューアル、子ども向け「ワイワイモスバーガーセット<スライスチーズ入り>」も販売

2020.07.08 20:02 更新

 モスバーガーを展開するモスフードサービスは、7月16日から、全国のモスバーガー店舗(一部店舗を除く)において、定番商品の「モスバーガー」に使用しているミートソースを3年ぶりにリニューアルする。また、モスバーガーを「親子で一緒に楽しんでもらいたい」という想いから、子ども向けの「ワイワイモスバーガーセット<スライスチーズ入り>」も新たに販売を開始する。そして、夏に向けて3種のフルーツをたっぷり使ったアジアンスイーツのような「フルーツティー」と「タピオカフルーツティー」を、7月16日から9月中旬まで期間限定で発売する。7月8日に行われた新商品発表会では、新しくなった「モスバーガー」のミートソースについて詳しく説明があった他、今後の戦略などについて計画や目標を示した。

 「当社は日本生まれのハンバーガーをアピールするべく、“MOS JAPAN PRIDE 2020”を展開。日本の匠の技を使ったメニューを開発し、これまで様々な商品を販売してきた」と、モスフードサービス 上席執行役員の安藤芳徳マーケティング本部長が挨拶。「そして7月からは定番商品の『モスバーガー』を刷新すると共に、子どもも楽しめる『モスバーガー』も開発した」と、親子で「モスバーガー」を楽しんでもらえるようにメニュー開発を行ったのだという。

 「さらに、オリジナルドリンクの開発に力を入れている当社では、夏に最適な期間限定の『フルーツティー』を販売する」と、季節限定のドリンクメニューを展開し、幅広い層に利用してもらえるようにしたいと力説する。

 「新型コロナウイルス感染症の流行によって、テイクアウト需要が伸びている。この層に、家族で楽しむ施策も提案していくことで、消費者を笑顔にしていきたい」と、おうち需要の期待に応えるべく、ファミリー層にしっかりアピールできる商品をラインアップしていくと意気込んだ。「そして、テイクアウトの推進とファミリー需要への提案の切り札として今回、看板商品である『モスバーガー』をリニューアルする。発売からこれまで、時代のニーズに合わせてリニューアルを行ってきたが、今回は隠し味に液体の塩麹や煮詰めたお酢、にがりを追加し、味に深みやコクを与えている」と、和素材を多く取り入れた「モスバーガー」にブラッシュアップするとのこと。

 「この『モスバーガー』を子どもと一緒に楽しんでもらえるように、入門編の『モスバーガー』として『ワイワイモスバーガーセット<スライスチーズ入り>』を販売する。子どものころから『モスバーガー』の味に慣れ親しんでもらうことで、大人になっても変わらず『モスバーガー』を食べてもらいたいとの想いを込めた商品となっている」と、「ワイワイモスバーガーセット<スライスチーズ入り>」は、子どもにもモスバーガーのファンになってもらう戦略的商品として展開していくと話していた。

 次に、モスフードサービス マーケティング本部の寺本和男第一商品開発グループリーダーが7月に展開する商品について説明した。「当社の創業者は、米国で味わった美味しいハンバーガーを日本の人々にも食べてもらいたいという想いから創業。特に米国『トミーズ』のハンバーガーに影響を受けて、商品開発を行っている」と、ハンバーガーを日本で販売するに至った経緯を紹介する。「ただし、『トミーズ』の商品をそのまま日本に持ち込むということはせず、日本人の味覚にあったハンバーガーに仕上げて商品を開発した」と、「トミーズ」ではチリソースを使っていたが、日本人には好まれないと判断し、独自のミートソースを開発。そして看板商品の「モスバーガー」が誕生したのだという。「その後も時代と共に、本質的な味わいを守りながらも消費者の嗜好にマッチした『モスバーガー』へと深化させていたった」と、リニューアルを重ねてきたとのこと。「このように消費者と向き合ったメニューづくりが評価され、これまで12億8900万個の『モスバーガー』を販売してきた」と、地球三周分の量の「モスバーガー」を提供してきたのだと胸を張った。

 「そしてこれからも『モスバーガー』を食べ続けてもらうべく、コクと旨味、酸味のバランスを図りながら、素材感や具材感が楽しめる新しい『モスバーガー』へとリニューアルした」と、「モスバーガー」を大きく刷新したのだという。

 「さらに子ども向けのモスバーガーを開発した」と、新たに「ワイワイモスバーガーセット<スライスチーズ入り>」も販売するとのこと。「『ワイワイモスバーガーセット<スライスチーズ入り>』では、トマトケチャップやスライスチーズを入れて、子どもでも食べやすい味わいにした。さらに、子どもが食べやすいようにあえてソースの量を少なくしている」と、ソースをこぼさないように配慮した商品になっていると教えてくれた。

 「今年の夏は、フローズンフルーツたっぷりのアジアンスイーツなドリンクも展開する」と、季節限定のドリンクも提供すると語る。「テイクアウトでも美味しく楽しんでもらえるように、凍ったフルーツを入れた『フルーツティー』を販売する。この商品は、フルーツ自体も美味しく食べられるようになっている」と、飲むだけでなく、食べても美味しいドリンクに仕上げたとのこと。

 「フルーツは、オレンジ、マンゴー、イチゴの3種を使った」と、季節ならではのフルーツを使ったドリンクになっていると説明していた。「なお、この『フルーツティー』にタピオカを加えたドリンクも販売する」と、よりアジアンなドリンクも展開するとアピールした。

[小売価格]
モスバーガー:343円
ワイワイモスバーガーセット<スライスチーズ入り>:500円 ※おもちゃ付き
フルーツティー:Mサイズ 426円/Lサイズ 630円
タピオカフルーツティー:Mサイズ 630円/Lサイズ 695円
(すべて税別)
[発売日]7月16日(木)

モスバーガー=https://www.mos.jp/


このページの先頭へ