食事・レストラン

イオン、「イオン」「イオンスタイル」約250店舗で今が旬のベトナム産の生ライチを順次販売

2020.06.24 18:40 更新

 イオンは、ベトナム社会主義共和国(以下、ベトナム)産ティエウ種れいし(以下、ライチ)生果実を、「イオン」「イオンスタイル」約250店舗で、順次販売する。

 ベトナム産ライチ生果実は、昨年12月輸入が解禁となり、輸入解禁後初の出荷シーズンとなった今年6月、イオンは、日本でいち早く販売を開始した。

 ライチ生果実の出荷時期は5月末から6月末頃までの期間となり、この時期だけ味わえるおいしさとなる。凍らせずに生のまま楽しむことで、ライチ特有の果肉の食感をみずみずしく感じることができる。

 イオンはこれまでに、「ドラゴンフルーツ」や「コーヒー」などベトナムの代表的な産品を販売してきた。2015年には、ベトナム産マンゴーの輸入解禁に合わせていち早く販売を開始するなど、産品の振興においてベトナムとの密な協力関係を築いている。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い商品の輸出入に影響が生じるなか、イオンは「各国の価値ある商品をタイムリーに消費者に届けたい」という思いのもと、グループの商品調達機能を活かし、最短での届ける取り組みを行った。

 初回の輸入量約1.2トンを含め、今年は約5トンの輸入・販売を計画しており、来年以降はさらに拡大していく予定とのこと。

 今後もイオンは、各国との協力関係に基づく経済の活性化に貢献するとともに、各国の土地・気候環境のなかで育まれた価値ある商品を調達・販売していく考え。

イオン=https://www.aeon.info/
イオンリテール=https://www.aeonretail.jp/


このページの先頭へ