食事・レストラン

吉野家、100万食を突破した「スタミナ超特盛丼」や「超特盛」全6種が期間限定で10%割引の「超特盛祭」を開催

2020.06.25 18:19 更新

 吉野家は、全国の吉野家店舗(一部店舗では実施していない)において6月29日11時から7月15日20時まで、「超特盛祭」を初開催する。

 「超特盛祭」実施期間中は「超特盛」サイズの商品を本体価格から10%割引した価格で提供する。対象商品は「スタミナ超特盛丼」「牛丼超特盛」「牛カルビ丼超特盛」「豚丼超特盛」「ねぎ塩豚丼超特盛」「ねぎ塩牛カルビ丼超特盛」の全6種とのこと。テイクアウトでの利用も対象となる。お得にお腹いっぱいになれる満足感たっぷりの「超特盛祭」、是非参加してほしいとのこと。

 吉野家では、牛カルビ・豚肉・鶏肉の3種の肉を特製たれで焼き上げて大盛のご飯の上に全部のせした吉野家史上最大のボリューム商品「スタミナ超特盛丼」を4月30日に販売を開始し、6月8日に販売数100万食を突破した。これは昨年好評だった「牛丼超特盛」が31日間で100万食を突破したのに匹敵する早いペースとなる。「超特盛」サイズの商品が好評を得ていることを受け、今回、食中・食後の満足感に加え、価格の面でも満足感が味わえる「超特盛祭」を開催する運びとなった。「スタミナ超特盛丼」発売日と同時に販売を開始した「牛カルビ丼超特盛」「豚丼超特盛」「ねぎ塩豚丼超特盛」「ねぎ塩牛カルビ丼超特盛」も対象となる。「超特盛」サイズの特徴は、肉の量が大盛の2倍、ご飯の量が並盛の1.4倍で提供すること(スタミナ超特盛丼を除く)。なお、「スタミナ超特盛丼」は3種の肉の量が牛丼並盛の牛丼の具の3倍超のボリューム、ご飯の量は牛丼大盛と同量となる。

 4月30日に発売した「スタミナ超特盛丼」は6月8日に販売数100万食を突破し、6月21日には販売数125万食を突破した。「スタミナ超特盛丼」は牛カルビ・豚肉・鶏肉の3種の肉をニンニクをたっぷり使用した特製たれで焼き上げて大盛のご飯の上に全部のせ、仕上げにフライドガーリックと青ねぎをトッピングした吉野家史上最大のボリュームとなる商品となっている(1700kcal超)。

 「スタミナ超特盛丼」は販売開始以降、20代から30代の男性の消費者を中心に支持を得たとのこと。発売時は緊急事態宣言発令後であったため、通常時からテイクアウトの利用比率が高い傾向となったという(店内利用:テイクアウト利用=50:50)。また、主婦が家族の食事用にテイクアウトするシーンも多く見られた。女性の消費者の割合は対象商品購入者全体の約2割、特に30~40代の女性がテイクアウトで利用していたのが特徴的だという。吉野家史上最大のボリュームとなるインパクトや、牛カルビ・豚肉・鶏肉の3種の肉を一遍に美味しくリーズナブルに食べられることが好評を博した要因と考えている。

 吉野家は今後もより一層「うまい」牛肉にこだわり、消費者に感動をともなう満足を感じてもらえるよう尽力していく考え。また、さらに多くの人々にいつでも何度でも来たいと思ってもらえるようなメニュー・サービス・店舗づくりを積極的に展開していくとしている。

[小売価格]
スタミナ超特盛丼:798円→718円
牛丼超特盛:722円→649円
牛カルビ丼超特盛:918円→826円
豚丼超特盛:708円→637円
ねぎ塩豚丼超特盛:838円→754円
ねぎ塩牛カルビ丼超特盛:918円→826円
(すべて税別)
[発売日]6月29日(月)

吉野家=https://www.yoshinoya.com/


このページの先頭へ