食事・レストラン

外出自粛で食に関する家事の負担に悩む家庭が増加、コンパクトで便利に使えて時短調理にも役立つ"濃縮系アイテム"に注目

2020.05.26 13:12 更新

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために外出自粛が要請されて以来、働く人はテレワークに移行し、学校は休校となり、家族の在宅時間が増加している。これともない、家庭での料理の機会が増え、食に関する家事の負担が重くなっているようだ。一方で、できるだけ調理工程を減らそうと、カップラーメンや冷凍食品などの保存食を備え置きする傾向も高まっているが、自宅での保管スペースに悩む家庭も増えてきている。そこで今回、こうした食に関する家事を助けてくれる商品として、今注目が集まっている“濃縮系アイテム”について紹介しよう。

 AI自動献立提案アプリ「me:new」を提供するミーニューが行った一都三県に住む600名の働く女性を対象に実施した「テレワーク、臨時休校による生活の変化についてのアンケート」によると、「家事が増えた」と答えた人が41%を占めた。さらに、「テレワークや臨時休校により負担を感じる家事について教えてください」という問いに対しては、上位3回答は「献立を考えること」、「料理」、「買い物」と、食に関する回答が並んだ。外出自粛による在宅は家事の負担を増やし、特に食事に関することに悩まされている実態が浮き彫りになった。

 また、マーケティングリサーチ・市場調査を行うアスマークが行った1都3県、2府4県に住む20~60代の男性、女性を対象とした「新型コロナウイルスの消費者生活への影響に関する調査」によると、約3人に1人がまとめ買いをしていることがわかった。まとめ買いを経験した商品は、「マスク」「トイレットペーパー」に次いで、カップラーメンやカロリーメイトなどの「保存食類」が挙がっており、食品を備え置きする傾向が高まっているようだ。フィールド・クラウドソーシング事業を展開するソフトブレーン・フィールドが行った20~60代745名の働く女性を対象とした「新型コロナウイルス感染拡大による家計の影響に関するアンケート」でも、いつもより多めに購入したものは「インスタント・レトルト食品」(33.7%)がトップ、次いで「冷凍食品」(24.3%)だった。しかし、食品のまとめ買いやストックは安心感がある一方で、自宅の保管スペースには限りがあるのが現実だ。

 こうした中、食に関する家事の負担を軽減してくれる商品として、コンパクトで便利に使える“濃縮系アイテム”に注目が集まっているという。濃縮系アイテムは、文字通り通常の商品を濃縮しているため、収納時にスペースが確保しやすい他、手軽に持ち運べて使い勝手が良く、今の状況において便利に使うことができる。そのため、スーパーなどでもレジ付近や目立つところに陳列されているとのこと。

 料理研究家のnozomiさんは、「濃縮系のアイテムは簡単に味を決めることができ、普段作らないような洋食おかずも手軽に作れるので、料理初心者の人にも非常にオススメ。私がレシピで活用しているクリームスープだけでなく、家庭にもあるめんつゆや白出しなども実は濃縮系の調味料で、複数の調味料を使うよりも簡単に味付けすることができる」と、濃縮系アイテムによって手間のかかる調理工程を短縮できると解説。「また最近では、水で薄めて飲む濃縮系飲料も出ており、自分の好みの濃さで作ることができるし、省スペースで買い物の際にかさばらないなどのメリットがある。濃縮缶などは保存性も高いので、特に気軽に買い物に行けない今のようなタイミングでは重宝すると思う」と、濃縮系アイテムの活用術を教えてくれた。

 そして、数ある濃縮系アイテムの中でも、特に注目度が高まっているのが、サントリーが提供している「濃縮ドリンク缶」だ。「濃縮ドリンク缶」は、普段ペットボトルなどで売っているお茶やスポーツ飲料を缶に濃縮したアイテム。2L分の飲料が200g以下に缶に濃縮されていて、どれも水と混ぜるだけで2Lの飲料を作れるという。水と混ぜる以外、手を加える必要がなく、好きな時に好きな分だけ簡単に飲料を作ることができるとのこと。また、軽量でコンパクトなので収納や買い物に困らないのも魅力となっている。

 すっきりした香ばしい味が人気の「GREEN DA・KA・RAやさしい麦茶」も、濃縮系アイテムとして販売されている。通常のペットボトル品は、味わいが他の麦茶と比べてやさしいが、濃縮タイプを使うことによって自分の好みの濃さや味に毎回変えられる。その日の自分の好きな麦茶が環境にやさしく、楽しく自由に作れるようになるとのこと。

 この他に、スープで有名なキャンベルスープも濃縮系アイテムを提供している。「キャンベル濃縮缶スープ」は、濃縮されたスープを好きな濃さや味の深さに調節できるのはもちろん、料理の幅を広げてくれる。濃厚な味付けの料理が好きだが、時短テクニックが欲しい人たちの強い味方といえる。また、化粧品やサプリメントで知られるファンケルでは、野菜の王様とも呼ばれる新鮮なケールを絞って、濃縮・冷凍した商品を提供している。料理にあまり時間がないが、栄養バランスが気になる人に最適な濃縮系アイテムとなっている。


このページの先頭へ