食事・レストラン

アークダイニング、新業態「プルコギ純豆腐 中山豆腐店」を東京・高田馬場にオープン

2020.05.22 16:35 更新

 とんかつ専門店「かつや」などを展開するアークランドサービスホールディングスの子会社、アークダイニングは、純豆腐専門店の新業態「プルコギ純豆腐 中山豆腐店」を5月29日に開店する。

 「プルコギ純豆腐 中山豆腐店」とは、シンプルにボリューム満点“男のための純豆腐(スンドゥブ)専門店”とのこと。アークランドサービスホールディングスグループでは、うまい料理をお腹いっぱい食べてもらいたいという思いから、とんかつ専門店「かつや」、からあげ専門店「からやま」、肉めし「岡むら屋」などを展開してきた。そのノウハウを活かして、こだわりの自家製豆腐をうまいスープで、メインの具材をお腹いっぱい食べてもらうべく“男のための純豆腐(スンドゥブ)専門店”を新業態として出店するとのこと。

 「プルコギ純豆腐 中山豆腐店」では、自家製豆腐、スープ、メインの具材の3つに​こだわっているという。豆乳は北海道十勝地方で主に栽培されている大豆の代表銘柄「トヨマサリ」を使用。 添加物を一切使用せず、厳選された大豆と水のみで製造した豆乳を店舗で滑らかな食感の豆腐へ仕上げる。糖度は高く油脂分が少ない、ほんのり甘い上品な出来立て豆腐が味わえる。看板メニューのスンドゥブには、この自家製豆腐を1人前450g使用している。

 韓国では家庭料理として親しみのあるスンドゥブチゲの多くは、家庭ごとに自家製の「タテギ」という味付け味噌を使用した甘辛いスープが特徴とのこと。またアメリカ・ロサンゼルスで親しまれているものには、牛スープなど、牛の旨味が特徴のひとつとしてある。同店のスープは、韓国スタイルとロサンゼルススタイル、それぞれの愛される特徴を活かして鶏がらと牛スープをベースに、自家製のタテギで仕上げた。

 スンドゥブの具材は、牛プルコギ/ホルモン/アサリ/エビの4種類とのこと。メインの具材を存分に味わってもらうため、牛プルコギとホルモンプルコギは150g、アサリとエビは100gを使用。シンプルにメイン具材の食べ応えを楽しめる。

 「プルコギ純豆腐 中山豆腐店」では、看板メニューのスンドゥブをはじめ、プルコギ丼セットにぴったりな七分盛りスンドゥブ、そばを主食に楽しむプルコギスンドゥブそばを用意しているとのこと。すべてのメニューが、テイクアウト可能となっている。また、好みの辛さに「辛増し」や卵のトッピングなど、自分だけのオリジナルスンドゥブを楽しむことができる。なお、スンドゥブと七分盛りスンドゥブはご飯無料・おかわり自由でお腹いっぱい食べることができる。

​ 学生に嬉しいキャンペーンとして、学生証を提示すると卵を1個サービスするという。

[店舗概要]
店舗名:プルコギ純豆腐 中山豆腐店 高田馬場
所在地:東京都新宿区高田馬場1-26-12 高田馬場ビル1F
営業時間:10:00~23:00(ラストオーダー22:30)
坪数:14坪
席数:22席
電話番号:03-5291-7155
プレオープン予定日:5月29日(金)
グランドオープン予定日:6月1日(月)

アークランドサービスホールディングス=http://www.arclandservice.co.jp/


このページの先頭へ