食事・レストラン

近商ストア、近鉄プラザ真美ヶ丘店周辺で移動スーパー「とくし丸」の運行を開始

2020.05.18 19:09 更新

 近鉄グループの近商ストアは、とくし丸と提携し、5月26日から近鉄プラザ真美ヶ丘店(奈良県北葛城郡広陵町)周辺において移動スーパー「とくし丸」近商ストア7号車の運行を開始する。

 この移動スーパー「とくし丸」は、消費者へのさらなる買い物サポートを目指して開始したもので、消費者の家を個別に訪問して販売を行うため、一人暮らし高齢者の「見守り役」としても地域に貢献している。同社では2018年4月に奈良県生駒市で運行開始以降、大阪府堺市、八尾市、奈良県大和高田市、奈良市、香芝市の6ヵ所で展開を進めている。

 同社では、これまでも店頭で購入した商品を自宅まで届ける「宅配サービス」や、買い物を終えて帰りになるタクシー代の一部を負担する「楽タクサービス」等を通じて、消費者の買物サポートに取り組んできた。「買い物」は、生活の中の「楽しみ」でもあるという。現物を「見て・触って・感じて・選んで」もらうことができる「とくし丸」の運行を通じて、より多くの消費者に「買い物」の楽しみを感じてもらいたい考え。

 同社では、地域密着型スーパーマーケットとして、「消費者の買い物サポート」に取り組むため、他店舗での運行も検討しており、将来的に計20台の運行を目指しているという。

 移動スーパー「とくし丸」は、2012年に徳島県でサービスをスタート、地域のスーパーマーケット127社と提携し、全国46都道府県で526台が走っており、今年度中に47県目の沖縄県でも運行開始される予定となっている(4月末時点)。軽トラックに生鮮食品や日用品等を積み込み、消費者の家を個別に訪問して対面販売を行う。「とくし丸」というネーミングは、「篤志(とくし)=志の熱いこと。社会貢献事業や公共の福祉に熱心なこと」という意味も含まれている。

[運行開始日]5月26日(火)
[運行エリア]真美ヶ丘店周辺エリア(広陵町・上牧町)を毎週2回3ルートで運行

近商ストア=https://www.kinshostore.co.jp/html/


このページの先頭へ