食事・レストラン

ヨークマート、千葉県市原市に"暮らし提案型"食品スーパーマーケット「ヨークフーズちはら台店」を開店

2020.05.14 10:15 更新

 セブン&アイ・ホールディングス傘下のヨークマートは、新たな食品スーパーマーケット「ヨークフーズ」の1号店となる「ヨークフーズちはら台店」を、5月13日に、千葉県市原市で開業する「もりまち ちはら台モール」内にオープンした。

 同店舗は、同社がグループの成長戦略の要と位置付ける「首都圏食品戦略」の具体的施策として開店するものであり、今後、首都圏における同グループの食品スーパーにも同様の屋号を付し、展開を進めていく予定とのこと。6月1日には、ヨークマートの商号を変更し、ヨークとして、セブン&アイの首都圏スーパーマーケット事業を統合再編し、「ヨークフーズ」の運営を行っていくという。

 今回ヨークとして、新たな首都圏における食品マーケット戦略を策定した。質の高い新規の出店や既存店の店舗改装のほか、生鮮3品のプロセスセンターやデリカ・惣菜のセントラルキッチンに、セブン&アイグループの持つインフラを活用していく考え。高品質で価格競争力の高い商品を効率的に供給できる体制を整え、店舗の省人化と豊富な品揃えを両立し、地域の消費者ニーズに応えていくという。

 今後もヨークは、日々便利に利用してもらえる品揃えやサービスを通じて“暮らし提案型”食品スーパーマーケットの実現を図っていく考え。

 身近な食品スーパーとして日常使いに欠かせないアイテムを豊富に品揃えする。中でも「ヨークフーズ」では消費者ニーズの高い商品の中から「コアアイテム(核となる商品)」として「この商品は地域No.1を目指す」を目標に、日々改良に取り組んでいる。

 インストア加工の鶏肉商品をノントレー仕様で販売する。これによって従来の食品トレーとの比較でプラスチック排出量を年間約265kg以上削減(試算条件:鶏肉年間販売計画数7万パック)が可能となる。またこの取り組みで、消費者にも大きく3つのメリットが提供できるとのこと。まず、トレー処理の手間を省き、家庭ごみを削減。買物バックや冷蔵庫内でも幅を取らず、スッキリ収納。包装フィルムをまな板代わりに使用でき清潔調理が可能--となる。

 スーパーの中でも多くの電力を消費する飲料販売什器に、扉付き冷蔵ケースを導入する。従来のオープン型の冷蔵ケースに比べ、電気使用量が48%も削減でき、省エネ効果が大きく見込まれる。また冷気が漏れないことで空調循環が効率化され、売場の冷え対策にも効果的だとか。

 メーカー独自の特殊カートリッジ式トラップを取り付けた、水を流さずに洗浄できる小便器を導入する。これはメーカー品比較対比で、1回の洗浄につき2.2Lの水道水を使用していたものをゼロにし、水無しで臭気も抑えることが出来る小便器とのこと。水道使用量の削減はもとより、水を作る際に発生するCO2も削減することができる。

 古紙・段ボール・空ペットボトルを回収する「リサイクルステーション」を店頭へ設置する。古紙・段ボールは、すべて再資源化され、封筒や食品容器、同一製品へと生まれ変わる。ペットボトルは、食品トレーや「セブンプレミアム ライフスタイル ボディクーラー」で衣料として初めて、回収原料で作られたオリジナル機能性肌着として商品化された。また「一(はじめ)緑茶一日一本」でもボトルtoボトルの完全循環型PETボトルリサイクル商品として再商品化を進めている。nanacoカードを持つ消費者には、回収量に合わせたリサイクルポイントが貯まる仕組みとなっており、好評を得ている。

 「ヨークフーズちはら台店」は、京成千原線「ちはら台駅」から南東へ約1.8kmの場所に位置している。同エリアは、千葉市中心街へのアクセスも良く、臨海部には全国有数の臨海工業都市「京葉工業地域」を構えていることから、ベットタウンとして成長し続けているエリアとのこと。また、店舗周辺には、緑も多く都市型農業がさかんな地域となっている。同店は、開発の続くニュータウン内に新しくオープンする地域密着型モール「もりまち ちはら台モール」内の中核テナントとして出店する。新しく若いマーケットの中で、地域の人々と一緒に、「ヨークフーズちはら台店」が地域コミュニティーの場となるような、活気ある店づくりを目指していく考え。

 店舗周辺には、共働きや子育て世代の家庭が多く、忙しい日々の中で簡単・便利に食べてもらえる即食性の高い食品や、自然豊かな地元の特色を生かした地場商品の品揃えを強化していくとのこと。生鮮品コーナーでは関連販売を強化し、生鮮素材とのベストな組み合わせを提案することで、食事づくりの手伝いを行う。また日常の食卓にプラスの彩りを添える商品として、店内で手作りするデザートや窯焼きピザ等を用意しているとのこと。日々の暮らしの中、地域の頼れる「食」を支えるお店として、食卓に新しさや豊かさを提案できる店づくりに取り組んでいく考え。

[店舗概要]
店舗名称:ヨークフーズちはら台店
所在地:千葉県市原市ちはら台南2-32-2
売場面積:1987m2
電話番号:0436-40-5033
FAX番号:0436-40-5031
駐車台数:461台(モール内共有)
営業時間:9:00~21:30(通常時)
従業員数:計95名(社員21名、パートタイマー74名) ※8時間換算
商圏人口:約1万7000人(約6000世帯)※半径1.5kmの基礎商圏内

ヨークマート=https://www.yorkmart.com/


このページの先頭へ