食事・レストラン

北海道産地直送センター、直営ECサイト「産地直送センター」で北海道の生産者応援企画を展開、新鮮で旬な食材を特別価格・送料無料で販売

2020.05.29 14:25 更新

 北海道特産品産直販売のパイオニアである北海道産地直送センターは、5月25日から8月末まで、直営ECサイト「産地直送センター」において、北海道の生産者応援企画を展開する。

 北海道産地直送センターは、創業以来約20年にわたり、北海道内で独自の仕入れルートを開拓し、生産者(提携の漁港・農場・牧場等)から売場(大都市圏小売店・飲食店等)へと仲買いを通さずに直送販売する卸事業や、会員限定通信販売事業などの「産地直送」事業を展開してきた。経験豊富な“味の目利き”職人が選りすぐった北海道の新鮮でおいしくお得な旬の食材を、生産者の声などの活きた情報とともに売場に直接届け、こだわりの食材で商品やメニューの差別化を図りたい店舗や飲食関連施設を中心に、長年好評を得ている。

 北海道産地直送センターでは、昨今の外出自粛などの影響で外食産業の需要の低下や物産展・イベントの中止、および観光客の大幅な減少などにより、北海道各地の生産者から余剰在庫について多くの相談が寄せられていたという。そこで今回、少しでも北海道の生産者の助けになるようにとの思いから、特に甚大な影響を受けた生産者の食材を直営ECサイト「産地直送センター」において、生産者応援企画として特別応援価格の商品をはじめ、対象商品すべてを送料無料で販売するとのこと。

 生産者応援企画で販売する商品としては、北海道が誇る名産地「新冠町」産で今が旬の「小松さんちの朝摘み極太アスパラ」、北海道で漁獲される天然鮭の中でもとりわけ希少価値の高い「時鮭」、これから旬を迎える赤肉メロンの代表ブランド「夕張メロン」、人気の白いとうもろこし「雪の妖精」のほか、北海道の幸として王道のタラバ・ずわい蟹セット、ホタテ、糖度がイチゴなみの甘さを誇る「エンリッチ ミニトマト」などをラインアップしている。また、見た目が良くなかったり、不揃いな商品を[訳あり品]として、お得な価格で提供する。

 それでは、今回販売する各商品の特徴を紹介しよう。「小松さんちの朝摘み極太アスパラ」は、世界でも有数の競走馬産地である新冠町産のアスパラガス。高額で取引される有機馬糞堆肥をふんだんに使用して育った、安全・ヘルシーで美味しい、甘味濃厚・触感抜群の極太アスパラガスとなっている。L~2Lサイズで鮮度抜群の朝採れ品を専用の化粧箱と鮮度保持袋に入れて届ける。

 「時鮭」は、通常鮭の漁獲は秋だが、季節外れの5月に漁獲されることから「時不知(ときしらず)」とも呼ばれる希少価値の高い天然鮭。若い状態のため白子・腹子に栄養を取らず脂乗りが良いのが特徴で、とても柔らかく甘味があって一度食べたら虜になる一品とのこと。その中でも、特に珍重されている背中から腹にかけて黒~白のグラデーションがくっきりして、尾びれの付け根が輝いている優良個体を厳選した。また、消費者の希望により時鮭の切り身数や塩加減のオーダーメイドが可能で、生の切り身、甘塩切り身などに対応するという。

 「夕張メロン」は、夕張産メロンの中でも農協での品質チェックのうえ認定された「共撰」の赤肉メロン代表ブランド。「最高のメロンを生産する」という信念とこだわりは他の追随を許さず、半年もの間牧場を休ませ、緑肥などを用いて地力を高め続けるという徹底した土壌管理、「日本一厳しい」とも評される細緻を極めた目視品質検査を行っている。お中元などでも人気の「優品」ランクを産地直送で届けるとのこと。非常に熟するのが早い品種であるため、通常は風味が損なわれるのがわかっていても冷蔵便で届けることが多いが、同品は常温便で発送、北海道で直接食べるのと同じ美味しさを楽しめるという。7月10日から販売する予定。

 白いとうもろこし「雪の妖精」は、見た目の美しさで人気が上昇を続ける白いとうもろこしの中でも特に純白に近い色合いでくすみもなく、贈答で喜ばれる品種となっている。昼夜の寒暖差が非常に大きい北海道では、とうもろこしは夜の寒さに対応するため糖を蓄え、昼の暖かさの中で大きく成長するためとても良質なとうもろこしが育つ。糖度15~17度と非常に甘味が強く、粒皮が柔らかくて食感が良いのが大きな魅力とのこと。はちきれそうな粒の重みをずっしりと感じられるL~2Lサイズを 早朝に収穫してその日発送、新鮮な状態で提供する。7月25日から販売する予定。

 なお、「夕張メロン」と白いとうもろこし「雪の妖精」については、先行予約特典として、6月15日までに注文した人を対象に1800円(税込)OFFで販売する(カード決済限定、[訳あり品]除く)。

 「エンリッチ ミニトマト」は、北海道の長万部町と東京理科大学が協力し、先端技術を活用して栽培するブランドミニトマトで、「一般財団法人 格付けジャパン研究機構」により2020年ミニトマト日本一に選ばれている。糖度は9度以上と普通のトマトと比べて2倍以上のイチゴ並の甘さを誇る。また、リコピンも通常のトマトと比べて3倍以上で、GABAなどの栄養素も非常に豊富。センサーを活用して湿度などを24時間モニターし、トマトにとって最適な環境で育てており、長万部のホタテの貝殻を活用、地熱も利用するなど栽培方法にこだわっている。ブランド名にある「エンリッチ」には、味、栄養、食感のすべてが濃厚で贅沢であり、消費者の心や生活まで豊かにしたいという思いを込めているとのこと。トマトジュースは約50個を絞り、無添加で製造している。

 また、「小松さんちの朝摘み極太アスパラ」、「夕張産メロン」、白いとうもろこし「雪の妖精」、「タラバ・ずわい蟹セット」、「ホタテ」では、お得な価格の[訳あり品]を用意している。

 「小松さんちの朝摘み極太アスパラ」では、少し曲がっていたり、穂先に少し赤みがあるなど、見た目が不揃いなものを[訳あり品]として販売する。味は正規品と変わらないため、「訳あり品でもすごく甘くて美味しい」「全然訳ありじゃなく立派なアスパラ」といった声が多く届いており、満足度が高い一品とのこと。通常価格から約5割引きで提供する。

 「夕張産メロン」では、味は農協で認定された「共撰品」と変わらないが、見た目が良くないことから生産者の判断で農協に出品しなかった「個撰」を[訳あり品]として4~6個まとめて販売する。通常価格から約5割引きで提供する。

 白いとうもろこし「雪の妖精」では、正規品に比べ形が整っていないものや10本のサイズが統一されていないものを[訳あり品]として、通常価格から約5割引き以上の価格で提供する。見た目が揃っていないだけで、味は正規品と同じとのこと。

 「タラバ・ずわい蟹セット」は、蟹の王様と呼ばれているタラバ蟹と、蟹の女王と呼ばれているずわい蟹を各1kg・計2kgのセットにした。ボイル済なので、そのままでも美味しく食べることができる。また、とらふぐの中骨や利尻昆布など国産の厳選素材を使用した付属の和風だし「福のうまみ」を用いた蟹鍋もおすすめだとか。脚の折れなどで不揃いなため「訳あり品」として、通常商品から約5割引きの価格で提供する。

 「ホタテ」は、非常に肉厚で歯ごたえがよく、味わいが濃厚な美味しいホタテを厳選。貝柱の一部が欠けていて形が不揃いなため、[訳あり品]として通常商品と比べると約5割引きの価格(限定300個)で提供する。

 北海道産地直送センターでは、今回の生産者応援企画を通じて、自宅での食事が多くなるこの時期に、北海道の素晴らしい食材を全国の生活者に味わってほしい考え。また、北海道の「食」の魅力を発信する伝道者として、「食」を通して生産者と全国の生活者をおいしい笑顔でつなぐプラットフォームとして、北海道から全国を元気にすることを目指す。

[販売価格]
小松さんちの朝摘み極太アスパラ:500g 3800円/1㎏ 6800円
小松さんちの朝摘み極太アスパラ[訳あり品]:1㎏ 3980円
時鮭:半身2切れ5~6パック 8000円/1本3㎏ 1万4000円
夕張メロン(共撰):1玉 8000円/2玉 1万1500円/3玉 1万5500円
夕張産メロン[訳あり品]:8kg1箱(玉数4~6) 9000円
白いとうもろこし「雪の妖精」:10本 7800円/20本 1万800円
白いとうもろこし「雪の妖精」[訳あり品]:10本 3200円
エンリッチ ミニトマト:1kg 2500円/500g+トマトジュース300ml 2800円
タラバ・ずわい蟹セット[訳あり品]:各1kg計2㎏ 1万1500円/各1kg計2㎏+和風だしセット 1万3000円
ホタテ[訳あり品]:1kg 3500円
(すべて税込)

北海道産地直送センター=https://www.h-scc.jp
北海道の生産者応援企画=https://www.h-scc.jp/ouen


このページの先頭へ