食事・レストラン

やよい軒、からからだ想いのねばとろごはん「ねばとろごはんととり天の定食」と「ねばとろ小鉢」を発売

2020.04.07 16:20 更新

 プレナスは、定食レストラン「やよい軒」で、納豆やとろろ、まぐろなどを混ぜ合わせ、ごはんにかけて食べる「ねばとろごはんととり天の定食」と、「ねばとろ小鉢」を、4月21日から発売する。

 「ねばとろごはん」は納豆、とろろ、オクラのねばねば食材と、まぐろ、卵黄、そして食感のアクセントとなるたくあん、茎わかめなどの海藻と、昆布の風味豊かな特製だし醤油を混ぜ合わせ、ごはんにかけて食べるメニュー。「ねばとろ小鉢」は、好みの定食に追加して少し贅沢な食事にしたり、ビールのおつまみにしたり、家族でシェアするなど、様々なシーンで楽しめる。

 「とり天」は、本醸造醤油とにんにく、生姜でしっかりと下味をつけた鶏もも肉を、注文をしてから衣をつけて揚げる。サクサクの衣と、ジューシーな旨味たっぷりの肉汁がたまらないという。

[小売価格]
ねばとろごはんととり天の定食:890円
ねばとろ小鉢:490円
(すべて税込)
[発売日]4月21日(火)

やよい軒=https://www.yayoiken.com


このページの先頭へ