食事・レストラン

敷島製パン、国産小麦のシリーズから「国産小麦の抹茶さくらあんぱん ホイップ入り」を地域限定で発売

2020.02.14 14:46 更新

 敷島製パン(Pasco)は、国産小麦のシリーズから「国産小麦の抹茶さくらあんぱん ホイップ入り」を3月1日から、関東、中部、関西、中国、四国地区で発売する。

 同シリーズは「ゆめちから」を含めたさまざまな国産小麦の中から最適な品種を選定・ブレンドし幅広く活用することで、商品に応じた特長やおいしさを引き出し、“国産小麦のおいしさを消費者へ伝えること”を目的に開発しており、国産小麦の小麦粉を100%(手粉を除く)使用しているという。

 「国産小麦の抹茶さくらあんぱん ホイップ入り」は、国産小麦の生地に、桜餡と抹茶風味餡合わせて生地と同じ重量を包み、さらにミルクホイップクリームを注入したボリューム感のある商品とのこと。

 桜餡と抹茶風味餡は相性も良く、ミルクホイップクリームを合わせることでバランスの良い味わいに仕上げた。

 桜餡、抹茶風味餡、ミルクホイップクリームの3色の層に分かれた中身は、見た目にも春の季節感を楽しめる商品となっている。

 「ゆめちから」は、グルテンとなるタンパク質を多く含む超強力小麦とのこと。小麦粉はタンパク質の量によって強力粉、中力粉、薄力粉に分けられるが、製粉した「ゆめちから」は、パン作りに適した強力粉に比べてさらにタンパク質が多い超強力粉となっている。もっちり、しっとりした生地となる特性を持ち、さらに中力粉とのブレンド比率や製法を変えることによって、さまざまな特徴のパンを作ることができるという。

[小売価格]オープン価格
[発売日]3月1日(日)

敷島製パン=https://www.pasconet.co.jp/


このページの先頭へ