食事・レストラン

ポッカサッポロ、「じっくりコトコト冷製トマトと9種の野菜スープ 170gリシール缶」など発売

2020.02.10 20:03 更新

 ポッカサッポロフード&ビバレッジは、「じっくりコトコト冷製トマトと9種の野菜スープ 170gリシール缶」「じっくりコトコト冷製コーンポタージュ 170gリシール缶」「じっくりコトコト冷製じゃがいものスープ 170gリシール缶」「じっくりコトコト冷製栗かぼちゃのポタージュ 170gリシール缶」を2月17日から発売する。

 ここ数年、冷製スープ市場は年々増加傾向にあり、同社でも2012年に「じっくりコトコト」スープブランドから冷製缶スープを発売後、その出荷量は8年間で約7倍の規模に拡大している。ホット缶スープの大きな飲用理由が「温まるために飲む」ことに対し、冷製缶スープは「冷たいものを摂りたい」から飲むというよりも、「簡単な食事の1品として」「小腹を満たしてくれる」「飲み物より栄養が摂れる」等の理由で、暑い時期に手軽に即飲できる小腹満たし・栄養補給商品として利用されている(同社調べ)。しかしながら、まだその認知度は低く、これからさらに伸長する可能性を秘めている。

 今回、既存3品のデザインをブラッシュアップするとともに、より栄養補給イメージを想起できるよう「じっくりコトコト冷製トマトと9種の野菜スープ170gリシール缶」を新投入し、ラインナップを充実させ夏場の「即飲できる小腹満たし・栄養補給」ニーズに応える考え。

 「じっくりコトコト冷製トマトと9種の野菜スープ 170gリシール缶」は、完熟トマトを使用したスープベースに食べごたえのあるオニオン具材を加えた「冷たい缶入りのトマトスープ」なので、食欲が落ちる夏場の暑い季節でもさっぱりと小腹を満たすことができるとのこと。トマトの他に9種の野菜を使用しているので、暑さ対策に野菜補給したい気持ちを満たすことができるという。

 「じっくりコトコト冷製コーンポタージュ 170gリシール缶」は、コーンをたっぷり使用して丁寧に仕上げたスープにシャキシャキ食感のコーン具材を加え、さっぱりとした後味に仕上げた「冷たい缶入りのコーンポタージュ」なので、冷たいスープのおいしさと食感のよい具材を楽しみながら、暑い夏でもさっぱりと小腹を満たして、気持ちも元気になることができるという。暑さで食欲がわかない時の小腹満たしにぴったりだとか。

 「じっくりコトコト冷製じゃがいものスープ 170gリシール缶」は、北海道産のじゃがいもを使用しなめらかでクリーミーに仕上げた「冷たい缶入りのじゃがいものスープ」なので、じゃがいもの素材感とクリーミーなコクを楽しみながら暑い夏でも手軽にさっぱりと小腹を満たすことができるという。暑さで食欲がわかない時の小腹満たしにぴったりだとか。

 「じっくりコトコト冷製栗かぼちゃのポタージュ 170gリシール缶」は、丁寧に皮ごとすり潰した栗かぼちゃ(かぼちゃのうち栗かぼちゃを98%使用)を使用し、夏向けにすっきりとした後味に仕上げた「冷たい缶入りのかぼちゃポタージュ」なので、かぼちゃ素材ならではのまろやかな甘さと素材の味わいを楽しみながら、暑い夏でも手軽にさっぱりと小腹を満たすことができる。暑さで食欲がわかない時の小腹満たしにぴったりとなっている。
[小売価格]各124円(税別)
[発売日]2月17日(月)

ポッカサッポロフード&ビバレッジ=https://www.pokkasapporo-fb.jp/


このページの先頭へ