食事・レストラン

日本製粉、今年春夏家庭用グロサリー商品全23品を発売、使用シーンに合わせた小麦粉「STYLE FIT SERIES」を新たに投入

2020.02.05 17:11 更新

 日本製粉は、今年春夏家庭用グロサリー商品として新商品13品、リニューアル品10品、合計23品を発売する。出荷開始日は、2月20日を予定している。

 「料理に少しだけ使いたい」「いつでも開けたての小麦粉がいいな」そんな消費者のニーズに応える、使用シーンに合わせた小麦粉「STYLE FIT SERIES(スタイルフィットシリーズ)」を新たに投入する。小麦粉を手軽に使える、便利なシリーズとなっている。また「ハート」、「イーグル」、「たけ」の商品パッケージをより親しみやすくリニューアルする。使用メニューの写真を複数配置することで、どんな料理に使えるのかが、よりわかりやすくなった。

 「ハート スティックタイプ」は、スティック1本=大さじ1杯分(9g)で、計量いらずの使いきりタイプとのこと。肉、魚介料理の打ち粉等に、ふりかけやすく粉が舞いにくいスティック形状となっている。ダマになりにくい、さらさらタイプの小麦粉だという。スティック袋は手で簡単に開封可能だとか。いつでも開けたて。吸湿や虫害の心配も不要となっている。

 「ハート ミニパック」は、小分け1袋=100g で、計量いらずの使いきりタイプとのこと。天ぷらやお好み焼、ホットケーキ等にぴったりだとか。いつでも開けたて。吸湿や虫害の心配も不要となっている。

 「ふっくらパン強力小麦粉 スリムパック」は、ホームベーカリー1回分(250g/1斤分)の使いきりタイプとのこと。ホームベーカリーに投入しやすい形状で粉が舞いにくいという。いつでも開けたて。吸湿や虫害の心配も不要となっている。

 「しっとりジューシーに仕上がらない・・・」という、鶏むね肉のから揚げの悩みを解決するから揚げ粉が新登場する。からだにも家計にも優しい「鶏むね肉」で、簡単にしっとりやわらかな、から揚げを楽しめるとのこと。「ニップン むねチキ! から揚げ粉」は、しっとりやわらかい仕上がりの鶏むね肉のから揚げが簡単にできるという。パパイヤ由来の酵素の働きで、鶏むね肉のパサつきや仕上がりの肉の硬さを解消した。衣つきがよいため、肉の水分を逃がさずしっとり仕上がるという。淡白な鶏むね肉がおいしく仕上がる、しょうがを効かせた、くせになる醤油味となっている。

 昨年秋に発売した「めちゃラク ホットケーキミックス」は水だけでできる手軽さから人気商品になったという。そんな簡便性を追求した「めちゃラク」シリーズの第2弾として「クッキーミックス」を投入する。材料・調理器具が少なくてすみ、オーブントースターで焼けるため、より気軽にお菓子作りを楽しんでもらえるとのこと。「ニップン めちゃラク クッキーミックス」は、用意するのは水だけ。オーブントースターで手軽に焼けるという。手で好きな形に成形でき、子どもも楽しんで作れるとのこと。やさしいバター風味でほっとする味わいとなっている。

 「アマニ油」に代表されるアマニ関連商品市場ですが、油以外の商品群も徐々に拡大傾向にあるという。今回、栄養豊富なアマニをより手軽に毎日摂ってもらえるよう、「ローストアマニ粒」入りのふりかけを発売する。香ばしい「ローストアマニ粒」はごはんとの相性もばっちりだとか。「ニップン アマニ粒入りふりかけ かつお味」は、ふりかけで人気のかつお味とのこと。ローストアマニ粒を10%配合している。アマニ粒&ごまが入っているので食物繊維も豊富だという。

 ドレッシングのテイストとして人気のある「たまねぎ」。同社のアマニ油入りドレッシングでも、“たまねぎ系テイスト”として、「和風たまねぎ」「黒酢たまねぎ」の2種を展開しており、多くの消費者に支持されている。今回、たまねぎを使った具感ある、洋風テイストを1品追加する。アマニ油入りドレッシングは全6品のラインアップとなる。「ニップン アマニ油入りドレッシング フレンチ風たまねぎ」は、大さじ2杯で1日分のα-リノレン酸が美味しく摂れるとのこと。きざみたまねぎ、きざみオリーブ入りの具感のあるフレンチ風ドレッシングとなっている。たまねぎの甘みでまろやかな酸味だとか。サラダだけでなく、から揚げや刺身にも合うという。

 プレミアムパスタブランド「REGALO」のパスタソースの中でも、特に人気のある「ボロネーゼの真実」と「カルボナーラの原点」をブラッシュアップ。「REGALO」ならではの、本場イタリアで愛されてきた味わいをさらに追求した。「ボロネーゼの真実」は、合挽肉から牛挽肉へ変更。より肉の旨み、甘みを感じやすくなった。赤ワイン、香味野菜を加えて牛挽肉を炒め、肉本来の旨みをさらに感じる味わいに仕上げている。麺との絡みを改善し、ソースと牛挽肉が麺とより一体になるという。「カルボナーラの原点」は、濃密で深いコクを引き出すため、卵黄の味わいをさらにアップした。カルボナーラ発祥の地、ローマで生まれた「ペコリーノ・ロマーノ」を使用し、より奥深い香りを実現している。麺との絡みを改善し、最後の一口まで美味しく仕上がるという。

 トマトの旨みを引き出した「REGALO」のベースソースがリニューアルする。調味済みベースソースなので、味付けいらないとのこと。これひとつでパスタはもちろん、肉や魚介類等とあわせて、幅広い“極上イタリアン”メニューを家庭で楽しめる。「バジルトマト」は、バジルを増量し、香りをアップした。たまねぎの具感をアップし、より本格的になったという。「ガーリックトマト」は、ガーリックを増量し、より食欲を刺激する仕上がりになるとのこと。たまねぎの具感をアップし、より本格的になったという。「アンチョビトマト」は、アンチョビを増量し、旨みに奥深さを加えた。きざみオリーブを加え、具感をアップしている。

 1955 年に誕生した同社のパスタブランド「オーマイ」から、2つの新商品が登場する。全粒粉を配合し、麦香る味わいと食物繊維を含んだ「全粒粉入りスパゲッティ」と、1食で1/3日分のたんぱく質が摂れる「ハイプロテインパスタ」は、美味しさも健康も大切にしたい人にぴったりの商品となっている。「全粒粉入りスパゲッティ」は、全粒粉を10%配合。麦香る味わいと食物繊維を含んだパスタとなっている。デュラム小麦から作った全粒粉を配合することで、パスタ本来のプリッとした食感となめらかな口当たり、きれいな琥珀色のパスタを実現した。1束(100g)あたり、食物繊維3.6gとなっている。「ハイプロテインパスタ」は、通常のパスタの約2倍のたんぱく質を配合した。1食で1/3日分のたんぱく質が摂れる(「日本人の食事摂取基準」(2015年版)18歳以上女性におけるたんぱく質の推奨量による)という(1食100gあたり、たんぱく質24g)。小麦たんぱくを配合し、弾力ある食感を実現した。

 「和パスタ好きのための」シリーズで人気の「明太子かるぼなーら」に続くハイブリッドメニュー「たらこペペロンチーノ」が登場する。たらこの旨みと香ばしいガーリックの組み合わせが、くせになる味わいだとか。「オーマイ 和パスタ好きのためのたらこペペロンチーノ」は、話題のハイブリッドメニュー「たらこペペロンチーノ」を商品化した。たらこの旨み、バターのコクにガーリックの香ばしさ、唐辛子の辛みがくせになる新たな味わいとなっている。別添のガーリックチップ、赤唐辛子、きざみのり付き。

 時短・簡便のニーズに対応し、袋のまま電子レンジで温められる、手軽な1人前のレトルトパスタソースシリーズ「オーマイ レンジでパスタソース」を新たに投入する。「ミートソース」「カルボナーラ」「ナポリタン」の全3品のラインアップとなっている。「オーマイ レンジでパスタソース」は、パウチ袋のまま電子レンジで温めOK(600Wレンジで約30秒)とのこと。1人前で手軽なサイズとなっている。「ミートソース」は、挽肉とトマトペースト、香味野菜でコクのある味わいとのこと。「カルボナーラ」は、チーズと卵黄のコクが感じられる、ベーコン入りソースとなっている。「ナポリタン」は、トマトペーストと香味野菜でコクのある味わいの、マッシュルーム入りソースとなっている。

[発売日]2月20日(木)

日本製粉=https://www.nippn.co.jp/


このページの先頭へ