食事・レストラン

東洋水産、カップ入り即席麺「マルちゃん 本気盛 コク辛鶏白湯ガーリックチーズカレー味」を発売

2020.01.16 10:08 更新

 東洋水産は、カップ入り即席麺「マルちゃん 本気盛 コク辛鶏白湯ガーリックチーズカレー味」を1月27日から発売する。

 今回の商品は、「第11回 最強の次世代ラーメン決定戦!」において、「次世代こってり部門」の優勝に輝いた味を「本気盛」ブランドとして商品化したもの。

 同企画は、“今までになかった新しいラーメン=「次世代ラーメン」を生み出す”ことをコンセプトに、「Yahoo!特別企画 ラーメン特集 2019-2020」よって立ち上がった。「Yahoo!特別企画」・「ラーメンデータバンク」の協力のもと、全国のラーメン店に参加を募り、ユーザーの投票によって店・味が選ばれる、ユーザー参加型企画となっている。11回目を迎える今年は、より個性の際立った作品を募るため、「次世代部門」を「次世代こってり部門」「次世代あっさり部門」へ2分化した。

 今回、(1)ブランド(本気盛)×(2)広告・媒体(「Yahoo!特別企画」・「TRYラーメン大賞」)×(3)ご当店(麺屋一翔)×(4)ユーザー(消費者)の4コラボレーションによる話題性の高い企画における優勝の味を商品化することで、相乗効果を目指す考え。店頭で実際に提供された商品をもとに、多くのユーザーが気軽に投票できる方式のため、ユーザーの「食べてみたい」という期待感が強く反映されたものとなっている。

 「麺屋一翔」とは、長年に渡り「九十九ラーメン(恵比寿)」で商品開発、新規出店、店舗プロデュース等を担当していた店主によって、2017年3月に青森県青森市でオープン。煮干ラーメンが強い人気を誇る青森で、敢えて「鶏豚湯(トリトンタン)」をメインにしたラーメンで勝負。実家が農園を営んでおり、野菜ソムリエの資格を持つ奥様のアイデアから、食前に「自家製野菜スムージー」を無料で提供している。

 「マルちゃん 本気盛 コク辛鶏白湯ガーリックチーズカレー味」は、スープとの相性がいい、食べ応えのある角刃で切った麺とのこと。チキンとポークの旨味をベースにした、ガーリックやチーズが香るカレー風味の辛いスープとなっている。粗挽唐辛子入り。具材は、味付鶏肉団子、キャベツ、フライドガーリック、メンマとなっている。

[小売価格]220円(税別)
[発売日]1月27日(月)

東洋水産=http://www.maruchan.co.jp/


このページの先頭へ