食事・レストラン

かっぱ寿司、「九州をお寿司で巡ろう」フェアと「三段つかみ寿司」を2月5日から展開、スイーツブランド「ごちCAFE」では「ごちそうモンブラン」シリーズを順次販売

2020.01.30 17:30 更新

 コロワイドグループのかっぱ寿司は、2月の新商品メディア先行試食会を、1月29日にかっぱ寿司練馬店で開催した。当日は、2月5日から展開する「九州をお寿司で巡ろう」フェアおよび「三段つかみ寿司」の商品概要について紹介した他、スイーツブランド「ごちCAFE」で2月5日から4ヵ月にわたり「ごちそうモンブラン」シリーズを順次販売することを発表した。

 「2月のかっぱ寿司では、九州のネタを味わえる『九州をお寿司で巡ろう』フェアとランプフィッシュキャビアを使った『三段つかみ寿司』を、2月5日から3月1日まで全店で展開する」と、カッパ・クリエイト 商品部の大友英昭部長が挨拶。「昨年9月、かっぱ寿司で北海道フェアを実施したところ、非常に好評を得ることができた。そこで今回は、食の宝庫で、美味しいネタがたくさん揃っている九州にフォーカスを当てたフェアを開催する」と、「九州をお寿司で巡ろう」フェアを実施する背景について説明。「フェアでは、シマアジや明太子といった九州を代表するネタだけでなく、たかえびやぶり白子、あかもくなど、あまり見かけない珍しいネタも用意している。ぜひ全皿制覇を目指してほしい」と、フェアを通じて、まだ知らない九州との出会いを届けていくと意気込んだ。

 「『三段つかみ寿司』は、累計65万皿を突破した人気シリーズ『つかみ寿司』の第五弾となる商品。今回は、かっぱ寿司初登場となるランプフィッシュキャビアを使った『三段つかみ寿司-大とろとうにとランプフィッシュキャビア-』と、『三段つかみ寿司-いばら蟹とうにとランプフィッシュキャビア-』の2種類を用意した」と、新たな食材としてランプフィッシュキャビアを採用したとのこと。「ランプフィッシュキャビアは、その塩味と食感が、大トロの脂やうにのコク、いばら蟹の旨みとよく合い、絶妙なハーモニーが味わえる。また、赤・黄・黒の彩りの美しさも楽しめる一品に仕上げた」と、豪華食材だけでなく見た目にもこだわったと話していた。「さらに、『三段つかみ寿司』を巻く海苔には、『有明産 令和元年初摘み海苔』を選定した。初摘み海苔は、その年の海苔網から最初に摘み取る海苔で、口の中で広がる香りや旨み、口どけは初摘みならではの美味しさとなっている」と、大友部長自ら仕入れてきたという「有明産 令和元年初摘み海苔」にも注目してほしいとアピールした。

 では、「九州をお寿司で巡ろう」フェアで販売される商品を見ていこう。「熊本県産 活〆シマアジ」は、高級魚として有名なシマアジを使用。熊本県天草の温暖な気候で育った身はトップクラスの深みとコクが味わえるとのこと。「九州にぎり三昧」は、九州にゆかりのある明太子・シマアジ・たかえびの豪華な三貫盛。特に、珍しいたかえびを使ったにぎりは、このフェアでしか食べられない一品だ。「鹿児島県産 溶岩焼きかつおたたき」は、桜島の溶岩石による遠赤外線効果で皮目は香ばしい焼き色、中はもっちり鮮やかな赤色に仕上げた。「九州産 アジのなめろう」は、新鮮なアジを地場の工場で加工し、アジの旨みを引き立てる味付けと滑らかな舌触りが楽しめる。

 「あかもく軍艦-焼きあごだし使用-」は、ワカメやメカブと同じ褐藻類の海藻である「あかもく」を使い、“ネバシャキ”食感が特徴の軍艦巻となっている。「海老めんたい軍艦」は、寿司に合う辛さの博多めんたいと相性抜群の海老の食感がたまらない一品とのこと。「鹿児島県産ぶり白子天にぎり」は、ぶりの産卵時期のみにしか獲れない希少なぶり白子を使用。淡白な味わいは天ぷらにぴったりだとか。「博多めんたい包み」は、店内で丁寧にカットした博多めんたいをドドンと乗せたにぎりを、相性抜群の有明産の海苔で包んで食べてもらうという。「豚角煮にぎり」は、長崎の卓袱上コースの代表料理「東坡煮(とうばに)」からヒントを得て、豚の角煮をにぎりにした商品となっている。

 「豚角煮入り茶碗蒸し」は、皮付きの豚バラを醤油、砂糖などでじっくり甘辛く煮込んだ豚の角煮をメイン具材に使用。茶碗蒸しとの絶妙な味わいが楽しめる。「揚げいかしゅうまい-ピリ辛明太子味-」は、佐賀県呼子町の名物料理「いかしゅうまい」を再現した一品。イカの旨みと明太子のピリ辛がクセになるとのこと。

 また今回、スイーツブランド「ごちCAFE」の期間限定シリーズとして、「ごちそうモンブラン」3種類を2月5日から順次販売することも発表した。大友部長は、「『ごちCAFE』では、お寿司に負けない本格的で季節感のあるスイーツをテーマとし、より美味しく、洗練されたブランドを目指し、商品開発を進めている」と、ブランドコンセプトを紹介。「昨年10月に『国産和栗のモンブラン』を販売したところ、消費者に大好評だった。そこで、栗以外の素材でも季節感のある美味しいモンブランを提供するべく開発を進め、今回のシリーズ化が実現した」と、モンブランをシリーズ展開するに至る経緯を説明した。「第一弾として、『福岡県産あまおう苺とマスカルポーネのモンブラン』を2月5日から3月15日まで販売する。3月19日から5月10日までの第二弾は『初摘み星野村抹茶のモンブラン』、5月13日から5月31日までの第三弾では『爽やかチョコミントのモンブラン』を販売する予定」と、「ごちそうモンブラン」シリーズの販売スケジュールを教えてくれた。

 第一弾の「福岡県産あまおう苺とマスカルポーネのモンブラン」は、福岡県産あまおう苺の果汁をモンブランクリームに使用し、甘酸っぱく軽やかな甘みに仕上げた。中は北海道産マスカルポーネクリームが爽やかでミルキーな味わい。さらに、2種類のクリームの間にあまおう苺のソースをサンドし、初春にピッタリの見た目も可愛いモンブランとなっている。第二弾の「初摘み星野村抹茶のモンブラン」は、初摘み抹茶のすっきりとした苦みと旨みが堪能できる一品。中のホイップクリームには刻んだ栗を加え、さらにトッピングには北海道産小豆を添え、和テイストのモンブランに仕立てている。第三弾の「爽やかチョコミントのモンブラン」は、カスタードクリームと3種類のチーズにミントを加えたオリジナルクリームを使用。中のクリームは、バニラ香るホイップクリームにチョコスプレーで爽やかな味わいに仕上げた。ミントブルーとブラックの色合いが鮮やかな、初夏を感じさせるモンブランとなっている。

かっぱ寿司=https://www.kappasushi.jp/


このページの先頭へ