食事・レストラン

ローソン、骨抜きで食べやすい「黄金チキン ローストレッグ」など2品を発売

2019.12.03 15:05 更新

 ローソンは、年末に向けてチキンへのニーズが高まる時期にあわせて、食べやすさにこだわった「黄金チキン ローストレッグ」と、スパイスが特徴の「黄金チキン 骨つき」を、12月3日から全国のローソン店舗(1万3893店:10月末時点、「ローソンストア100」を除く ※「黄金チキン 骨つき」はナチュラルローソンを除く1万3750店で販売)で発売する。

 今回発売する「黄金チキン ローストレッグ」は、上もも部分の骨を手作業で1本ずつ抜くことでそのままかぶりつくことができ、子どもから高齢者まで食べやすい形状となっている。シンプルな照り焼きダレで味付けし、炭火で香ばしく焼き上げた。

 「黄金チキン 骨つき」は、ローズマリーやオレガノなど15種類のスパイスとハーブを使用し、さらに2回に分けて味付けすることで、肉の旨みとジューシー感を活かした味わいを実現した。

 クリスマスシーズンに向けてフライドチキンやローストチキンのニーズが高まるとのこと。ローソンのフライドチキン・ローストチキンの昨年の月別販売数は12月が最も多い月となり、12月24日は年間で最大の販売数となったという。

 「黄金チキン ローストレッグ」は、ドラム部分は骨付きで持ちやすく、上もも部分の骨を抜くことでそのままかぶりつくことができるとのこと。照り焼きダレで味付けし炭火焼きすることで、香ばしい味わいを楽しめる。「黄金チキン 骨つき」は、15種類のスパイスとハーブを使用し、風味豊かな味わいとのこと。薄衣でジューシーなチキンの旨みと食感を感じられる骨つきのフライドチキンとなっている。

[小売価格]
黄金チキン ローストレッグ:298円
黄金チキン 骨つき:240円
(すべて税込)
[発売日]12月3日(火)

ローソン=http://www.lawson.co.jp/


このページの先頭へ