食事・レストラン

ハイアットリージェンシー東京、「カフェ」でスペイン料理が楽しめる「スペインフェア」を開催

2019.09.12 18:16 更新

 ハイアット リージェンシー 東京の「カフェ」では、スペイン産の食材をたっぷりと使った、本格的なスペイン料理が楽しめる「スペインフェア」を9月24日から11月30日まで開催する。

 今年は塩釜焼や、彩り豊かな2色のパエリアが登場。スペイン産の生ハムやチーズ、塩などの食材を豊富に使い、バルの定番メニューのピンチョスやアヒージョなど幅広いメニューを提供する。

 「イベリコ 豚トロの塩釜焼 ハーブの香り」は、ローズマリーなどのハーブを加えたスペイン産の粗塩でイベリコ豚を包み、オーブンでじっくり蒸しあげた一品となっている。イベリコ豚特有の甘みと風味が閉じ込められ、しっとりと柔らかく、噛むほどに肉の旨みを感じてもらえるという。特製シェリーソースと一緒に食べてもらうとさらに豊かな味わいが広がるとのこと。

 2色のパエリアは肉と魚介で用意。「イベリコ豚とチョリソーのパエリア」は、黄色いサフランライスにピリ辛のチョリソーやイベリコ豚のひき肉をアクセントに、見た目も鮮やかに仕上げた。「シーフードとほうれん草のパエリア」は、ほうれん草で味付けされた鮮やかな緑色のライスとシーフードの相性が抜群だとか。見た目も味も違う2種のパエリアはフィデワ(パスタパエリア)にも変更可能とのこと。シェアしながら楽しむのもおすすめとなっている。

 その他、「ピンチョス7種盛り合わせ」、「ハモンセラーノとオリーブの盛り合わせ」、「スペイン産チーズ5種盛り合わせ」、「冷製トマトスープ“サルモレホ”」など、豊富なラインアップを用意しているという。

 美食の国として知られるスペインの料理は、食欲の秋にぴったりだとか。肉、魚介、野菜をバランスよく使った色鮮やかな料理で、大切な人とのひとときを過ごしてみては。

[「スペインフェア」概要]
期間:9月24日(火)~11月30日(土)
場所:「カフェ」(ロビーフロア・2F)
提供時間:11:30~22:30

ハイアット リージェンシー 東京=https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/hyatt-regency-tokyo/tyoty


このページの先頭へ