食事・レストラン

天丼てんや、消費税率引き上げ・軽減税率制度導入にともなう対応について天丼・上天丼などは税込価格を据え置き店内飲食価格と持ち帰り価格を同一価格に

2019.09.09 18:39 更新

 ロイヤルホールディングスで外食事業を担う「天丼てんや」を展開するテン コーポレーションは、10月1日から予定されている消費税率10%への引き上げならびに軽減税率制度導入に伴う対応を発表した。

 天丼てんやで多くの消費者から支持されている「天丼」540円(税込)、「上天丼」690円(税込)をはじめ、好み天ぷら単品やサイドメニュー、そばやうどんのセットなどは税込価格を据えおき、店内飲食価格と持ち帰り価格を同一価格とする。また、その他の商品については店内飲食と持ち帰りでは消費者に支払う税込価格が異なるとのこと。なお、同日にメニュー改定を実施し、一部食材の変更や本体価格の変更をする。

[改定日]10月1日(火)

天丼てんや=http://www.tenya.co.jp/


このページの先頭へ