食事・レストラン

エースコック、「ラーメンモッチッチ ワンタン麺/野菜タンメン」を発売

2019.09.05 10:06 更新

 エースコックは、10月7日から、「ラーメンモッチッチ ワンタン麺/野菜タンメン」を発売する。

 「ラーメンモッチッチ ワンタン麺/野菜タンメン」は、従来のフライめんでは実現出来なかった、まるで茹でたてのラーメンのようなモチモチとした食感の「真空仕立て麺」に国産のだしの旨みを存分に活かした余韻のあるおいしさのスープが絡む、インスタントとは思えないおいしさを楽しめるとのこと。

 「焼そばモッチッチ」シリーズは、2017年6月に“手づくりの焼そばのようなモチモチとした食感の 真空仕立て麺」を使用した、インスタントとは思えない品質のカップ焼そば”として発売した。女性を中心に支持され、好評を博しているという。今回、市場構成比が最も高いタテ型カップめんのカテゴリーにおいて、既存の商品では満たせていないニーズに応える新商品として同商品の開発にいたったとのこと。真空仕立て麺を使用した モッチッチ」ブランドから新たにラーメンを発売することで、新しいユーザーを獲得し、カップめん市場のタテ型カテゴリーを活性化することを目指しているという。

 「真空仕立て麺」は、生地から空気を取り除くと共に加水率を高めた多加水の仕様にすることによって、モチモチとした食感を実現。フライめん特有のコクのある美味しさと、モチモチとした食感を持ち合わせた、他では味わえない全く新しい美味しさの麺を実現した。

 同社調査から、既存のカップラーメンの麺に対して不満を持っているユーザーが多数いることがわかっていたという。そこで、モチモチとした食感の「真空仕立て麺」を使った焼そばモッチッチの完成によって、カップ焼そばの麺に対する不満を解消していたことから、この「真空仕立て麺」をカップラーメンにも活用し、ユーザーの不満を解消することを考えたとのこと。

 「真空仕立て麺」をカップラーメンで使用するにあたって、この麺の技術を最大限に活かし、ベストな食感をつくりあげる為には、麺を太くすることが必要であるという結論に至ったという。しかし、麺を太くすると湯戻りがしにくくなるという課題があり、中々納得のいく麺質を作り出すことはできず、試作は何十回にもおよんだ。その結果、配合の工夫によって湯戻りの問題を解決すると共に、表面の張り感や歯切れ感も実現した。

 また、スープの味わいについても徹底的にこだわったとのこと。だし感を活かしながら、即席めんらしい何度も食べたくなるようなクセになる味わいを実現するために、日々議論と試作、繊細な調整の末、ようやく自信をもって発売できる味わいが出来たという。

[小売価格]各193円(税別)
[発売日]10月7日(月)

エースコック=http://www.acecook.co.jp/


このページの先頭へ