食事・レストラン

JAグループ秋田・JA全農あきた、女優の葵わかなさんを起用した「あきたこまち」35周年記念新CMをオンエア、ツッコミどころ満載のシュールな内容に注目

2019.09.25 11:26 更新

 JAグループ秋田・JA全農あきたは、女優の葵わかなさんを起用した秋田県産「あきたこまち」35周年記念新CMを、9月27日から秋田県内および東京・名古屋・大阪で順次放送する。9月24日に行われた発表会では、新CMに出演する葵わかなさんが登場し、CM撮影のエピソードについて語った他、「あきたこまち」35周年記念ロゴをあしらった「こまちケーキちらし寿司」作りにチャレンジした。

 「JA全農あきたでは、『あきたこまち』のデビュー以来、おいしい秋田米を多くの人々に食べたもらいたいという一心で、たゆまぬ努力を続けてきた。そして、令和元年の記念すべき年に35周年を迎えられたことをうれしく思う」と、JA全農あきたの船木耕太郎会長が挨拶。「『あきたこまち』を発売した35年前は、米の名前は『コシヒカリ』『ササニシキ』など5文字のカタカナが主流だった。その中で『あきたこまち』という名前はとてもセンセーショナルで、全国から大きな反響があった。今ではいろいろな名前の米が出ているが、その先鞭をつけたのが『あきたこまち』であると自負している」と、「あきたこまち」が多彩なネーミングの先駆けになったのだという。「現在、全国で米の新品種が次々とデビューしており、消費者の選択肢は多種多様になってきている。そこで今回、『あきたこまち』を今一度広く認知してもらうべく、35周年を記念した新CMをオンエアする。CMキャラクターには、昨年に続いて女優の葵わかなさんを起用し、『あきたこまち』のアンバサダー役を務めてもらう。また、テーマソングも、引き続き秋田県出身のシンガーソングライター高橋優さんの『白米の味』を採用し、『あきたこまち』の魅力を全国にアピールしていく」と、新CMを通じて「あきたこまち」の認知度をさらに高めていきたい考えを示した。

 ここで、新CMに出演する女優の葵わかなさんが登場。「前回のCMでは、『あきたこまち』のシンボルマークである市女笠の姿で撮影したのだが、まわりの人から『いいね』といってもらえて、すごく好評だった。その『あきたこまち』のCMに、今年も出演できることをうれしく思う。私自身、お米が大好きなので、CMキャラクターに適任だと感じている」と、昨年に続いてCMキャラクターに起用されたことを心から喜んでいた。CM撮影のエピソードを聞くと、「今回のCMは、今どきのホームパーティーのシーンかと思いきや、実は『あきたこまち』のごはんのみで“米パーティー”をするという内容になっている。テーブルの上には、ごはんピザやごはんケーキ、ごはんエスカルゴなど、ごはんで作ったいろいろなメニューが並んでいて、楽しみながら撮影ができた」とのこと。「最初はナチュラル系のふんわりしたCMになると思っていたので、想像以上にシュールな展開に気持ちが追いついていかない瞬間もあった。とくに、みんなが盛り上がっている中で真顔でセリフを言う最後のシーンでは、笑いが止まらなくなってしまった」と、ツッコミどころ満載のシュールなCMに仕上がっていると話していた。

 そんな葵さんには、ステージ上で「あきたこまち」35周年記念ロゴをあしらった「こまちケーキちらし寿司」作りにチャレンジしてもらった。「こまちケーキちらし寿司」のレシピを考案したビジュアルフードクリエイター協会の白井ありさ会長は、「『あきたこまち』を主役にして、そのおいしさを生かしたダイナミックなケーキちらし寿司になっている。『あきたこまち』は冷めてもおいしくて、粒立ちが良いので、ケーキちらし寿司にはピッタリのお米だと感じた」と、「あきたこまち」の魅力を最大限に引き出した自信作になっていると胸を張っていた。

 そして、白井会長のレクチャーを受けながら、葵さんがカニ、エビ、とびっこなど、ちらし寿司の具材を盛り付け、見た目もカラフルな「こまちケーキちらし寿司」が完成した。「こまちケーキちらし寿司」を試食した葵さんは、「ごはんの粒が際立っていて、食感がとてもいい。ちらし寿司の味付けも甘みがあって食べやすくて、すごくおいしい」と、その味わいを大絶賛。なお、今回使われた「あきたこまち」には、葵さんが今年、秋田県を訪問して収穫体験をした新米も含まれているとのこと。これを聞いた葵さんは、「自分の手で収穫したお米が使われていると思うと、さらにおいしく感じる」と、笑顔を見せていた。最後に葵さんは、「最近では、若者のお米離れが進んでいるが、ごはんを使ったケーキなど新しいレシピのバリエーションも出てきている。もっと多くの人たちに『あきたこまち』のおいしさを知ってもらえるよう、これからも頑張りたい」と、CMキャラクターとして「あきたこまち」の魅力を全力で伝えていきたいと意欲を見せていた。

JAグループ秋田・JA全農あきた=http://www.ak.zennoh.or.jp/


このページの先頭へ