食事・レストラン

ファミリーマート、「ファミマのおでん」のつゆ・具材などを刷新し本格展開

2019.08.15 11:53 更新

 ファミリーマートは、“おでん処”として展開する「ファミマのおでん」を、つゆ・具材などにこだわり刷新し、8月20日から全国のファミリーマート約1万6400店舗で本格展開する。

 今年度の「ファミマのおでん」の特徴は、野菜の旨味によって、後味まで旨味を感じられるつゆを目指した。全国7地区に分けて展開するという。口に含んだ瞬間に豊かな香りを感じられるよう、昨年度同様に焚き納屋(たきなや)式焙乾の焼津産鰹節を使用。また今年度は、北海道産真昆布と丸鶏に野菜を加えて、後味までつゆの旨味が続くように仕立てた。これらをベースに、全国を7地区に分け、地域ごとに馴染みのあるおでんつゆの味わいを再現したという。

 また、つゆが染み込みやすいように、具材の製法を変更したとのこと。だし巻玉子は、生地を昨年よりもふんわり巻くことで、つゆが染込みやすいように設計にした。厚揚は豆腐を昨年より柔らかくして、つゆの絡みを向上したという。定番の大根や玉子の下味を変更し、具の中までしっかり味が染み込んだ仕立てにした。

 さらに、店舗でのオペレーション負荷軽減、販売時間の延長を行うとのこと。一番の売れ筋である大根の容器を手で簡単に開けられる仕様に変更するとともに、具材のパッケージに鍋に配置する場所をプリントすることで、仕込み場所を迷わず仕込めるようにするなど、作業負荷を軽減する。また、全商品の販売時間を延長させることで廃棄率を軽減させる事にも繋げていく考え。

[小売価格]85円~120円(税込)
[発売日]8月20日(火)

ファミリーマート=https://www.family.co.jp/


このページの先頭へ