食事・レストラン

吉野家、"サーロイン"を使った「特撰 すきやき重」を数量限定で販売

2019.08.14 12:18 更新

 今年、創業120周年を迎えた吉野家は、8月14日10時から全国の吉野家店舗(一部店舗では販売していない。また、価格が異なる店舗がある)で、吉野家史上初となる牛肉の“サーロイン”の部位を使用した新商品「特撰 すきやき重」を販売開始した。同商品は最高級牛肉商品でありながら、全国で特別価格で販売するため、販売数は全国で約50万食を予定しており、売り切れ次第、販売を終了する。

 「特撰 すきやき重」はサーロインをすきやきにした「特撰 すきやき重」と生玉子、みそ汁、お新香をセットで提供(テイクアウトは「特撰すきやき重」と半熟玉子となる)する商品とのこと。黒いお重で供される「特撰 すきやき重」には、1.8mmの薄さにスライスしたサーロインの生肉120g(「特撰 すきやき重」の肉のボリュームは「牛丼 大盛」より多い量となっています。なお、ご飯のボリュームは「牛丼 並盛」と同様)を使用している。注文が入ると、牛丼の具をグツグツ煮込んでいる肉鍋からよそったたれでサーロインをさっと柔らかく香り高く煮上げ、ご飯の上に盛り付けた後に吉野家特製・すきやきのたれを回しかける。肉汁とタレがキラキラ輝くサーロインを頬ばると、とろけるように柔らかく、サーロイン特有の牛肉のしっかりとした旨味が口の中いっぱいに広がるという。

 サーロインのすきやきをどのように食べすすめるかも楽しんでほしいとのこと。サーロインのすきやきの下には肉汁とたれが染みたご飯があり、お重の横には玉子をはじめとしたセットメニューもある。玉子は、セパレーターで取り出した黄身をサーロインの上にのせて黄身を崩しながら肉と絡めて食べたり、器の中で溶いた玉子にサーロインをくぐらせたりしてほしいという。

 この機会に是非、「特撰すきやき重」を賞味してほしいとのこと。満足感が高く気分が華やぐ商品に仕上がっているという。

[小売価格]860円(税込)
[発売日]8月14日(水)

吉野家=https://www.yoshinoya.com/


このページの先頭へ