食事・レストラン

お好み焼店「錦わらい」、都市型コンパクト商業施設「FUNDES(ファンデス)五反田」に「錦わらい 五反田店」をオープン、平日限定ランチなどサラリーマンやOLをターゲットにしたメニューを展開

2019.08.21 19:12 更新

 関西を中心に全国78店舗の飲食店を展開する治元は、8月21日から79店舗目となるお好み焼店「錦わらい 五反田店」を、都市型コンパクト商業施設「FUNDES(ファンデス)五反田」の4階にオープンする。8月20日に行われた内覧会では、「錦わらい 五反田店」限定メニュー「激辛お好み焼」や1000円でお得に飲める「ちょい飲みセット」などが振舞われた他、「錦わらい 五反田店」の特徴や今後の関東エリア圏での店舗展開などについて発表した。

 「京都で50年前に創業した当社は、全国に78店舗の飲食業を展開している」と、治元の奥田将司執行役員が挨拶。「78店舗のうち、40店舗がお好み焼店『錦わらい』として展開しており、関西エリアのロードサイドを中心に出店している」と、ファミリーを対象とした店舗を展開しているのだと紹介する。「当社で展開する飲食店を、関東エリアの人々にも楽しんでもらいたいとの想いから、今回駅前という立地に店舗を出店することにした」と、関西エリアで展開する店舗とはターゲットが異なる立地に出店することで、関東エリアにおける同社の飲食ブランドの浸透を図っていきたい考えを示した。

 


 「当社にとって79店舗目となる『錦わらい 五反田店』が位置する東京・五反田は、五反田バレーと呼ばれるなど、スタートアップ企業が集結する街として注目を集めている。こうした情報感度が高い人々に、『錦わらい』ブランドをアピールしていくことで、短期間で認知度が高まっていくのではないかと考え、出店することにした」と、東京・五反田に店舗を出店するに至った経緯についても教えてくれた。

 「『錦わらい 五反田店』では、ビジネス街に立地しているため、サラリーマンやOLをターゲットにしたメニューを多数用意している」と、平日限定のランチメニューや、1000円でお酒とおつまみがセットになった「ちょい飲みセット」などを提供するのだという。

 「関西エリアでは、お好み焼は日常的に食されるメニューとして親しまれている。しかし、関東エリアではハレの日に楽しむ特別なメニューとしてのイメージが強く、頻繁にお好み焼を楽しむ人は少ない。そこで、お好み焼をもっと身近なメニューとして楽しんでもらえるように、提供するメニューも工夫しながら、『錦わらい』ブランドをアピールしていきたい」と、関東エリアの人々にお好み焼を楽しむ文化を伝えていきたい考えを示した。

 「『錦わらい』の看板メニューは、『わらい焼』と呼ばれるふわふわのオムそば風お好み焼となっている」と、同社独自のメニューで、関西エリアの人々の舌を唸らせてきたとのこと。「通常のお好み焼に比べて、玉子を多く使ったふわとろな食感がくせになるメニューとなっている」と、自宅では再現することができない、唯一無二のメニューなのだと胸を張る。

 「『錦わらい』は、厨房の鉄板でお好み焼を焼いてから、テーブルの鉄板に届けるスタイルとなっている」と、テーブルの鉄板は、消費者が調理するためのものではなく、調理されたメニューを温めるためのものであると教えてくれた。

 「『錦わらい 五反田店』では、オープンを記念して限定メニュー『激辛お好み焼』を提供する。『ブート・ジョロキア』や『キャロライナリーバー』などギネスに認定された辛さの唐辛子をベースに、京都産のハバネロを使用するなど、とにかく辛さにこだわったメニューとなっている」と、喉や舌に刺さるような刺激的な辛さが楽しめるメニューなのだと説明していた。

 


 なお、「錦わらい 五反田店」では、月額9000円で、平日のランチメニューが食べ放題のサブスクリプションサービスを開始する。わらい焼や、同店ならではの人気メニューが好きなだけ食べられるお得な定額制サービスとのこと。支払いの手間が省けて、利用回数が多いほど割安になっていく、消費者にとってメリットが高いサービスとなっている。

[店舗情報]
店名:錦わらい五反田店
所在地:東京都品川区西五反田1丁目2番8号
アクセス:JR山手線・東急池上線・都営浅草線「五反田」駅徒歩1分
オープン:8月21日(水)
TEL:03-6910-4612
営業時間:
 平日:11:00~15:00(L.O 14:30)
    17:00~23:00(フードL.O 22:15/ドリンクL.O 22:30)
土日祝:11:00~23:00(フードL.O 22:15/ドリンクL.O 22:30)
定休日:不定休
座席:40席

治元=http://www.zigen-jp.com


このページの先頭へ