食事・レストラン

楽天、地域支援型農業サービス「Rakuten Ragri」で提供するオーガニック野菜を「スーパーホテル」に提供開始

2019.06.21 18:30 更新

 楽天が運営する地域支援型農業サービス「Rakuten Ragri(ラグリ)(以下、「Ragri」)」は、提供する有機JAS認証のオーガニック野菜(日本農林規格等に関する法律(JAS法)に基づく有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者によって生産された野菜)を、6月21日から、スーパーホテルが展開するホテルチェーン「スーパーホテル」の対象10店舗における朝食ビュッフェのサラダ用に提供開始する。

 「Ragri」では、生産者がこだわりを持って育てる農産物を、より多くの消費者に提供できるよう、革新的な流通網および需要の予測に基づく効率的な生産体制の構築を目指している。愛媛県大洲市では、原料の栽培から加工まで一貫生産し、新鮮なまま各提供先へと納品する、オーガニック野菜のカットサラダ工場を運営している。同工場で扱う野菜は、農薬・化学肥料不使用、遺伝子組み換え技術不使用(有機JAS規格に準ずる)で、環境への負荷を低減した持続可能な生産方式で作っており、有機JAS認証を取得している。これまでに、ユーザー向けの定期宅配サービスとしてや、レストラン・飲食店等向けの業務用として提供を行ってきており、ホテルチェーンへの提供は今回が初めてとなる。「スーパーホテル」から、味が濃く、新鮮で彩りも豊かな点を評価されていることから、今後、対象店舗の拡大を目指していく考え。

 「スーパーホテル」は、昨今増加している海外からの宿泊者ニーズも視野に、有機JAS認証を得た野菜を積極的に食事メニューに取り入れている。今回、ホテル運営の基本コンセプトとしている「LOHAS(lifestyles of Health and Sustainability)」に基づき、「Natural」「Organic」「Smart」な体験を消費者に提供したいという想いと、生産者がこだわりを持って育てたオーガニック野菜を全国のユーザーに届けるという「Ragri」の事業形態が合致していること、また、手に入りにくい有機JAS認証の野菜の安定的な提供を受けられるということから、「Ragri」が提供するオーガニック野菜の採用に至った。

 「Ragri」は今後も、日本でのオーガニック野菜の普及や、農業の活性化に寄与するため、様々なブランドとのコラボレーションも行いながら、サービス提供の拡大に取り組んでいくとしている。

楽天=https://corp.rakuten.co.jp/


このページの先頭へ