食事・レストラン

敷島製パン、老舗豆腐メーカーの相模屋食料と共同開発した「おとうふのようなクリームぱん」を発売

2019.06.20 18:52 更新

 敷島製パン(Pasco)は、老舗豆腐メーカーの相模屋食料(以下 同社)と共同開発した「おとうふのようなクリームぱん」を7月1日から関東、中部、関西、中国、四国地区で発売する。

 「おとうふのようなクリームぱん」は、同社の「ナチュラルとうふ」をイメージした、豆腐入り豆乳クリームを包んでおり、「ナチュラルとうふ」のイメージを踏襲した商品名ならびにパッケージデザインを採用した。

 同社の「ナチュラルとうふ」等の高付加価値商品に使用されている「特殊製法により作られた豆乳」により、上質な豆腐風味が感じられるクリームパンとなっている。

 パン生地にも豆腐を配合しており、しっとりした生地で酸味を感じにくいため、豆腐入り豆乳クリームの風味をしっかりと味わうことができる。なお、パン生地および豆乳クリームに入っている豆腐は、相模屋製の豆腐ではないとのこと。

[小売価格]オープン価格
[発売日]7月1日(月)

敷島製パン=https://www.pasconet.co.jp/


このページの先頭へ