食事・レストラン

セガフレード、「ポークとヤングコーンのピリ辛トマトソースパニーニ」など夏の新フードメニューを発売

2019.06.12 11:10 更新

 セガフレード・ザネッティ・ジャパン(店舗名:セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ)は、「ポークとヤングコーンのピリ辛トマトソースパニーニ」をはじめとした夏の新フードメニューを6月19日から販売する。

 セガフレード・ザネッティ・エスプレッソの夏の新フードメニューは、“彩り豊かな夏野菜を暑い日でも食べたくなる味わいでまとめた、セガフレードテイストのイタリアン”をコンセプトに開発した。

 定番メニューであるパニーニからは「ポークとヤングコーンのピリ辛トマトソース」が登場する。豚の塊肉を低温でじっくりとやわらかくなるまで調理し細かくほぐした“プルドポーク”とヤングコーンを、ピリ辛なトマトソースを塗ったパニーニパンでサンドし、プレスをしながら丁寧に焼き上げた。こんがり焼き目のついた外側のパンと、ピリ辛テイストでまとめた具材の小気味よい食感を熱々のまま楽しめる、セガフレードの商品開発チーム一押しの商品となっている。

 また、好評のパスタメニューからは「ゴロッとビーフと夏野菜のオイルソース」が登場する。大ぶりにカットしたビーフをたっぷりの夏野菜(フレッシュトマト、枝豆、オクラ)と共にペペロンチーノ風のオイルソースで仕上げた。鮮やかな彩りが食欲をそそる一品となっている。

 その他にも、パスタからは、ベーコンとポテトを夏の定番スープ“ビシソワーズ”風に仕上げ、もちもちのリングエッティーネパスタに合わせた「ベーコンとポテトの冷製ビシソワーズ風」。リゾットからは、ローマの名物チーズパスタ“カチョエペペ”にレモンピールの風味をプラスして夏仕様のリゾットにアレンジした「カチョエペペ風チーズリゾット-レモンピール風味」と、しっかりと煮込んだトマトソースの濃厚な味わいが夏野菜の旨みを引き出した「夏野菜のトマトソースリゾット」。プレミアムサンドイッチからは、イタリア産のロゼッタパンに甘辛く味付けした牛カルビと目玉焼きを挟み込み、シンプルながらも具材の美味しさを最大限に引き出した「ロゼッタ 牛カルビ&目玉焼き」(他1品)。アンティパストからは、アジの竜田揚げをレッドオニオンと共にマリネした「アジのカルピオーネ(南蛮漬け)」(他1品)が登場する。ぜひこの機会に、お近くのセガフレード・ザネッティ・エスプレッソにおいて、夏の新フードメニューを楽しんでほしいという。

[小売価格]
ポークとヤングコーンのピリ辛トマトソース:480円
ゴロッとビーフと夏野菜のオイルソース:780円
ベーコンとポテトの冷製ビシソワーズ風:780円
カチョエペペ風チーズリゾット-レモンピール風味:780円
夏野菜のトマトソースリゾット:780円
ロゼッタ 牛カルビ&目玉焼き:600円
アジのカルピオーネ(南蛮漬け):390円
(すべて税込)
[発売日]6月19日(水)

セガフレード・ザネッティ・ジャパン=http://www.segafredo.jp/


このページの先頭へ