食事・レストラン

大塚食品、大豆を使ったお肉不使用の「ゼロミート ソーセージタイプ」を関東エリア中心に先行発売

2019.06.12 11:23 更新

 大塚食品は、大豆を使ったお肉不使用「ゼロミート」シリーズの第2弾として、ハンバーグに続き「ゼロミート ソーセージタイプ」を関東エリア中心に6月18日から先行発売する。

 また、昨年11月から関東エリアを中心に先行発売をしていた「ゼロミート デミグラスタイプハンバーグ/チーズ(チーズのような豆乳クリームを使用している)インデミグラスタイプハンバーグ」は、さらにおいしさをアップさせた新処方に変更し、6月18日から甲信越、中部、北陸、近畿エリアに販売を拡大する。

 近年、世界中でハンバーグやソーセージの代わりに食べられる肉代替食品が脚光を浴びている。その背景として、世界人口の急増による食糧不足、穀物に比べ家畜を生産する際の環境負荷の大きさ、健康に気遣うベジタリアンやビーガン、ローカーボ実践者の増加など、さまざまな理由が考えられる。

 今回発売の「ゼロミート ソーセージタイプ」は、素材に肉を一切使用せず、大豆を使用することで肉のような食感、味を実現し、燻製による風味豊かな香りも楽しめ、電子レンジで温めるだけでおいしく楽しめるとのこと。また、フローズンチルド商品(フローズンチルド商品とは、保管期間は冷凍(フローズン)状態で取り扱い、販売直前に解凍し、チルド食品(要冷蔵)と同じ温度帯で販売する商品)のため、より安定した商品供給、廃棄ロスを防ぐなど環境に配慮している。

 「ゼロミート」ブランドは、今後さまざまな肉代替食品メニューを開発し、おいしくて健康的な食生活を提案し続けていく考え。

[小売価格]398円(税別)
[発売日]6月18日(火)

大塚食品=http://www.otsukafoods.co.jp/


このページの先頭へ